剣が君 百夜綴り

この記事は約3分で読めます。

剣が君 百夜綴り 通常版  - PS Vita

220本目の乙女ゲーム。
RejetさんのPSVita用ソフト。

スポンサーリンク

作品紹介

時は江戸時代、寛永十年の事。
駿府城主の徳川忠長が自刃。
新たな領主が駿府城へ。

その城主の元に嫁ぐことになったのが、現将軍徳川家光の妹久姫。
姫の嫁入りという事で、花嫁行列を行う必要があるのだが、忠長を慕う者たちに命を狙われる危険があった。

そこで幕府は偽の花嫁行列を行う事とした。
そうして久姫にそっくりな彼女が、偽の花嫁とし、行列に参加。
危険な道中、彼女を守るのは、腕に覚えのある六人の護衛たち。

そうして数多の困難を乗り越え、無事にお役目を果たした彼女たちだったが、実は表向きはただの花嫁行列だったが、天下五剣の一振り、数珠丸を駿府へ運ぶという裏の任務も担っていたのだった。

そんな大きな知られざる任務が生んだ縁なのだろうか?
江戸に戻った後も、彼らの交流は続く事に。

駿府から江戸までの護衛六人の帰り道の物語から、江戸に戻った後の彼らの交流の物語など、百の物語が綴られた作品。

-----

前作のハッピーエンド後の物語ではなく、駿府から戻った後という設定。
その後の彼女と彼らの交流が描かれています。

個別の本に収録されている八編の物語は、続きのものではなく、短編集のような仕上がり。
夫婦だったり、バッドだったりと、様々なテイストの彼らとの物語を楽しめる仕様に。
本編でいくつもあったエンドのすべてのその後の話しと、彼らの過去が楽しめます。

攻略キャラ

・九十九丸(cv.小野友樹)
・螢(cv.KENN)
・黒羽実彰(cv.前野智昭)
・縁(cv.置鮎龍太郎)
・鷺原左京(cv.保志総一朗)
・鈴懸(cv.逢坂良太)

キャラ別感想&ネタバレ

九十九丸

1.江戸城剣取り御前試合
2.キミの元へ
3.過保護もほどほどに
4.赤い世界に二人きり
5.それは生きている証
6.九十九丸・過去前編
7.九十九丸・過去後編
8.この剣は人を活かすために

黒羽実彰

1.血塗られた贖罪の剣
2.朝顔の咲く庭
3.「サムライになれ」
4.料理茶屋の店主
5.温かな年越しの夜
6.実彰・過去前編
7.実彰・過去後編
8.守るために

鈴懸

1.常夜の門
2.その意思を受け継いで
3.初めての芝居小屋
4.まじないの効能は?
5.かまくらに灯火を
6.鈴懸・過去前編
7.鈴懸・過去後編
8.運命は剣へと導く

1.山吹の刺繍
2.門の守護者
3.夫婦ぶらり旅
4.文にしたためた想い
5.雪の日の攻防戦
6.螢・過去前編
7.螢・過去後編
8.鬼として人と共に

鷺原左京

1.悪い夢から覚める時

1.公儀隠密
2.若様の町歩き
3.料理茶屋・厨房騒動
4.両片思いの不安

好きキャラ

1.螢さん
2.鈴懸
3.実彰さん
4.九十九丸
5.縁さん&左京さん

オススメ度&満足度

オススメ度:★★★★
個人的満足度:★★★★

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました