剣が君 百夜綴り【螢】山吹の書:螢・過去後編

この記事は約4分で読めます。

剣が君 百夜綴り 通常版 - PS Vita

シナリオ紹介

CVはKENNさん。
奉行所に勤める十手持ち。

前編同様、彼の家に遊びに来ていた彼女が、彼に昔話の続きをねだって語られる物語。

スポンサーリンク

感想

彼が奉行所で働く事になった経緯、江戸に出て来た経緯、そういう事が一つのエンドしか見て居なかった私は知らなかったので、ここで知る事が出来てよかったです。

「誰かを守る為に振るう剣」というのも、父、黒装束の侍、そして金四郎さん…と、彼に伝え続けてくれた人達が居て。
最終的にそれが彼の中でしっくり来るものになったというのも、とても素敵に感じました。

そして実は花嫁行列の前に、一度御前試合に参加し、二度目はケガで参加出来ず、そして三度目の御前試合を目指している時だった…という事実も、知らなかった事なので今回しる事が出来てよかったです。
そして今の兄貴分という感じの螢さんがとても好きなので、色々な人の想いから、今の彼があると思うと、そういった人々との出会いも愛おしく感じました。

KENNさん、ステキな螢さんをありがとうございました。

ネタバレ

大切な者たちを守る為に剣を振るえ。

そう教えてくれたあの日の黒装束の侍の言葉。
彼はその言葉と、侍に教えられた御前試合に参加したいという思いから、祖父と共に稽古に励んだ。
そうしてある日、江戸に出たいと言い出したのだ。

父亡き後、祖父が長として鬼族を束ねて居たものの、ゆくゆくは孫である彼に譲るつもりだった。
だから祖父は彼が剣の稽古に励む事は嬉しかった。
けれど、それが江戸に出る為だなんて思いもしなかったのだ。

彼はといえば、侍に教えられた御前試合にどうしても参加したかった。
一番刀になれば、将軍に拝謁出来る。
そこで鬼族の誇りを取り戻す為に、帯刀を許可して貰おうと考えていたからだ。

けれど言えない。
祖父に御前試合に出たいなんて。

そうして詳しい理由も告げず、ただ江戸にいきたいと言う孫を祖父は許さなかった。
だから彼は鬼ノ城を抜け出した。
江戸へ行く」と置き手紙を残して。

たどり着いた江戸で、日雇いでもいいからと仕事を探していた所を金四郎に声を掛けられた。
賊を捕らえるのに人手が必要だから日雇いだけどどうだ?と。

そうして金四郎と仕事を共にした時に、彼は足りなかった何かを掴めそうな気がしたのだ。
御前試合に参加し、一番刀になって鬼の誇りを取り戻す。
その為に江戸に出てきたし、吉備国でも修行に明け暮れていた。
けれどいつも何かが足りないと感じていた。

そんな中、「剣ってのは人を傷つける為にあるんじゃない、人を守る為のものなんだ」という金四郎の言葉を聞いた。
それはかつて父に教えられた事、そして黒装束の男に言われた言葉と同じだった。

そうか、オレはこの剣で一番刀になりたい訳じゃねぇんだ。
きっと誰かを守る為に、この剣を使いたかったんだ。

そんな思いが溢れたから。

そうして金四郎に頼み込み、奉行所の仕事を始めた。
最初は他の所で仕事を探せと取り付く島もない金四郎だったが、彼の熱意に負け、奉行所で働く許可をくれたのだ。

奉行所で働きながらも、鬼族の誇りを取り戻す事も忘れなかった彼は、御前試合に向け一人鍛錬を重ねていた。
そうして迎えた春、初めて参加する御前試合では想像以上の強者揃いの中、彼は初戦敗退。
更に翌年は、御前試合直前の捕物で、かむろを庇いケガを負い、幕府の典医により試合への出場を止められてしまった。

そんな彼の元に、彼を探した祖父と祖母が現れ、一時は連れ帰られそうになった。
けれど祖母が彼と共に暮らすという事を条件に、彼は江戸に残れる事になったのだ。

未だ祖父には御前試合の事は話せていない。
それでも彼は諦めて居なかった。
鬼族の誇りを取り戻す事を。

その頃、かむろを庇った事、捕物に成功した功績などが認められ、彼は金四郎から十手持ちに任命された。
最初こそ、彼が奉行所で働く事を止めた金四郎だったが、今では「おまえが居てくれてよかったって思ってんだ」と、彼を彼の仕事ぶりを信頼してくれている。
江戸の町でも彼は慕われ、みんなに声を掛けられるように。

正体は鬼。
けれどその正体を隠し、人として人と関わる中、奉行所の仕事で沢山の人を助け、沢山の人に感謝される毎日に充実感を覚えていた彼。

そうして間もなく三度目の御前試合が始まろうとする頃、彼は花嫁行列に護衛として参加する事に。
そこで彼は出会う事になる。
彼の「守る為に振るう剣」を決定的なものにしてしまう彼女と。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました