剣が君 百夜綴り【九十九丸】彼岸花の書:過保護もほどほどに

この記事は約4分で読めます。

剣が君 百夜綴り 通常版  - PS Vita

シナリオ紹介

CVは小野友樹さん。
ここでは主人公とは夫婦になっている。

現在は料理茶屋の若旦那として、彼女と彼女の父と幸せに暮らしている。

スポンサーリンク

感想

彼岸花の三冊目は、二冊目とは打って変わって可愛いお話でした。

タイトルからも分かる通り、過保護なのですが、九十九丸が本当に彼女が好きで。
そんな彼女大好きな感じが良かったです。

それが恋人ではなく夫婦だからこそ、素敵でした。
結婚して何年か過ぎても、この二人は仲睦まじいのだろうな…と思えました。

そして彼女の態度に慌てふためき、いろんな人に思わず相談する所にも、彼の愛が見えたように思います。

小野ゆーさん、素敵な九十九丸をありがとうございました。

ネタバレ

彼女と夫婦となり、料理茶屋の若旦那として活躍している彼。
結婚してからというもの、今まで以上に彼女が可愛くて愛おしくて仕方がない。
だからどうしてもあれこれと世話を焼きたくなってしまう。

暖簾を掛けるのも漬物石を持つのも心配。
彼女がケガをするのではないかと。
だから代わりにやりたくなってしまうのだ。

ある日、彼女が魚河岸に仕入れに行く事になった時の事。
それを聞いた彼は、彼女を一人で行かせる事が心配で堪らない。
そんな彼に「もう子供じゃないんだから。ついてきたら怒るからね」という彼女。
そんな事を言われた事で、ますます心配になってしまった。
だって、彼に見られたくない何かがあるみたいに思えたから。

だからこっそりと後をつけた彼だったが、結局彼女に見つかってしまう。

あれほど一人で平気だと言ったのに!

彼女はそんな彼に腹を立ててしまう。
以来、口を聞いてくれなくなった彼女。

彼女が大好きで、可愛くて堪らないのに。
口も聞いて貰えないなんて。

困り果てた彼は、金四郎に相談してみた。
すると贈り物をキッカケに話を聞いてもらうのはどうだろう?と提案された。

早速贈り物を用意し、彼女にプレゼント。
すると、その贈り物を彼女が喜んでくれるから、そこが店の中でお客もいる事も忘れ、嬉しさのあまり彼女を抱きしめてしまう。
お客様の前で何をするの!…と、結果再び彼女を怒らせてしまったのだ。

またまた困った彼は、たまたま出会った同門の田一に相談。
一緒にいる事が今のこじれた関係を癒す…と教えられた。

しかし困った。
夫婦なのだからいつも一緒にいる。
これ以上どうしたものだろう?

悩んだものの、ならばもっとくっついたらいいのでは?と考え、彼女を抱きしめた。
彼の抱擁に二人の雰囲気は一気によくなったのだが、そこに彼女の父が顔を出し、抱きしめあっている所を見られてしまう。
慌てた彼は、「抱きしめていただけで、深い意味はありません」と父に言い訳を。
所が、そんな彼の言葉に「深い意味はないの?」とまた彼女が怒り出してしまったのだ。

今度は柳生に相談。
すると「相手が起こっているのであれば、謝るしかない」と教えられた。
そうして彼女に謝ってみた所、すんなりと許して貰えた。
それが嬉しくて「なんで怒っているのか分からない」と彼が口にした事ににり、「なんで怒っているのか分からないのに謝ったの?」と更に関係が悪化する結果に。

困り果てた彼は、今度はおりんに相談。
あの子はああ見えて行動力があるからね。愛想をつかされないようにね」と言われた。
そんな矢先、棒手振を追いかけ仕入れに出た彼女がなかなか戻らない。
心配になった彼に、「帰って来ないんじゃないか?」なんて誂われたものだから堪らない。
おりんの言葉も手伝って、「出て行ってしまったんだ!」と慌てる彼は、急ぎ彼女を探しに出かけた。

そうして江戸中を探し回り、ついに彼女を見つけた彼は、「あなたが自分の事よりも私の事ばかり優先するから、働きすぎじゃないかと体を心配していただけ」という事がわかったのだ。

なんだ、愛想をつかされた訳じゃなかったのか。
むしろ俺を案じてくれていたのか。

彼女の言葉に、ほっとして、更に愛しさがこみ上げたのだった。

後日、二人を心配した柳生が店に顔を出した際に、柳生に相談しただけでなく、色々な人に夫婦喧嘩の事を相談した事が彼女に知られる事となり、再び彼は彼女の機嫌を損ねてしまった。

これから先も、こんな風に何度も喧嘩し何度も仲直りし、絆をより深いものにしながら寄り添って生きていく事だろう。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました