絶対階級学園【鷹嶺陸】石ころHappy

この記事は約13分で読めます。
Nintendo Switch用ソフト 
ブランド:Daisy2、PROTOTYPE 
ジャンル:女性向け恋愛AVG 
発売日:2019年12月19日 
通常版:7,040円(税込)

Daisy2さん、PROTOTYPEさんのNintendo Switch用ソフト「絶対階級学園」で浪川大輔さん演じるキャラクター、鷹嶺陸のネタバレ(あらすじ)をまとめました。

スポンサーリンク

キャラクター紹介

※「絶対階級学園」は乙女ゲーム制作ブランド『Daisy2』『PROTOTYPE』の作品です。
 バナーの画像はこちらからお借りしております。

CVは浪川大輔さん。
鷹嶺財閥の御曹司
学年は三年生で、薔薇階級の中でも特別な存在『赤薔薇』の称号を得ている人。

傲慢で威張り屋であるが、根は優しい。
主人公は彼にとって最初から気になる存在だったようだ。
彼女が石ころ階級に落とされた時、世話係に任命して彼女を守ってくれた事がキッカケで絆を深める。

感想

別の記事にまとめました。

404 NOT FOUND | 感想とネタバレで綴る、元彼達の好きなトコ
プレイした乙女ゲームの感想とネタバレを備忘録的に。

ネタバレ(あらすじ)

石ころグッドエンド「ふたりの宣誓」のネタバレをまとめました。

悪夢の中の自分

鷹嶺財閥の御曹司として何不自由ない生活を送って来た彼には悩みがあった。
それは悪夢にうなされる事。
だからいつも医務室で睡眠薬を貰って眠っていたが、それでもダメだ。
結局悪夢で目を覚ましてしまう。

ならば強い薬で深く眠ってしまおう。
そう考えた彼は、養護教諭のエドワードに薬を強くして欲しいと頼んだ。
しかし断られてしまった。
これ以上強い薬は出せないと。

だから仕方なかったのだ。
他の薔薇の生徒に頼み、同じ睡眠薬をたくさん手に入れ、それを大量に流し込んで寝るしかなかったのだ。
そうしなければまた悪夢にうなされてしまうから。

夢の中にはもう一人の自分がいた。
その自分は今の彼とは余りにも違う環境を生きているのだ。
地べたを這いつくばり、必死に食べ物を手に入れる。
汚い街に汚い人々。
見た事もない世界だ。

しかし怖くて堪らない。
確かに自分なのだから。
それに幾度もそんな夢を見ると不安に思えてしまうのだ。
何が本当なのだろうか?と。
けれどそれが彼女にバレてしまった。

転入して来た時から気になっていた彼女は、臨時のお茶会で石ころ階級へと落とされた。
納得できず女王に直談判したものの、決定が覆る事はなかった。
だから彼はそんな彼女を守る為に彼女を自分の世話係に任命したのだ。
例え立場が石ころだとしても、この鷹嶺陸の世話係であれば誰も手出し出来ないだろうと。

世話係となった彼女に部屋の掃除を任せた時、彼女は見つけてしまったのだ。
他の生徒の名前の袋に入った沢山の睡眠薬を。

不名誉な噂

他言無用。
彼にそう言われた彼女はしばらくは黙っていた。
しかしノーブルボールの後に、彼があまりに沢山の薬を流し込むのを見てしまったから。
しかもその仕草があまりにも手慣れていたから。
だから彼女は不安になってしまった。
その服用が彼に悪影響を与えるのでは?と。

だから彼女は彼の言いつけを無視して、エドワードに報告。
そうして彼はエドワードに説教され、さらには彼女からも説得されてしまったのだ。

彼女が自分を本当に案じていると理解した彼は、彼女に他の生徒の分の睡眠薬を渡した。
しかしそれがないと眠れない。
だから彼女に命じたのだ。
責任を取って俺を眠らせろと。

そうしてその夜から、彼女は彼の部屋に通うように。
アロマを焚いてホットミルクを作り、彼の枕元で童話を読み聞かせる。
すると一度は眠りに落ちるのだが、すぐに悪夢にうなされて目覚めてしまう。
そんな時も彼女が居てくれる事に彼は安心するようだった。

そうしてそんな日々が続いたある日、彼の部屋に毎夜通う彼女の事が噂になってしまった。
権力に物を言わせ、階級の低い彼女を慰み者にしている…と。

噂を流したのは玖珂真一
ずっと赤薔薇の地位を狙っている男だ。
そうしてその妹の参月が彼を慕っており、先日もノーブルボールで告白されたばかり。
しかし参月に興味がない彼は、はっきりと断ったのだ。

けれど参月は納得出来なかった。
一部の生徒からは大変な人気で、姫と呼ばれちやほやされている娘だ。
最近世話係になった石ころ女をそばに置き、自分を袖にするなんて許せないと思ったのだ。
そうしてその事で兄に泣きつけば、妹を溺愛している上に赤薔薇の座を狙っている兄の真一はすぐに彼を陥れようと動き出した。
それがこの噂だった。

玖珂兄妹の策略

真一の執念なのだろう。
あちこちで噂話を広めた甲斐あって、彼の不名誉な噂は瞬く間に学園中に広がった。
普段人の噂話になど全く興味を示さないハルの耳にも届くほどに。

こうして不名誉な噂が広がるだけでも、皆の見本となるべき赤薔薇の彼の立場は危ういだろう。
しかし真一はこれだけでは終わらせなかった。
妹の参月を使い、彼女を利用したのだ。

自分との根も歯もない噂で彼の階級落ちが決まっているなどと聞き、彼女が心配しないはずはない。
そんな彼女に参月は声を掛け、「陸様の無実を共に証明しましょう」と持ちかけたのだ。
そうして学園内で彼の無実を信じる者たちの署名を集めると言う参月は、「ここにあなたのサインが欲しいの」と、「今回の噂話に関して、鷹嶺陸は無実であることを証明します」と書かれた紙を彼女に見せた。
だからサインしてしまったのだ。

しかしその紙の下には、間にカーボン紙を挟み全く別の文面が書かれた紙が置かれていた。
鷹嶺陸は権力に物を言わせ、私を慰み者にしました」と。

そこに彼女の署名が書かれたように見せた用紙を真一は女王の元へと提出したのだ。
既に女王の元にも彼に関する噂話は届いていた。
これで彼の立場は圧倒的に不利となった。

そうして彼と彼女、そして玖珂兄妹は女王に呼び出された。
その時初めて彼女は自分が罠に嵌められたことを知った。
あんなにも彼を助けようと思っていたのに。
助けるつもりで書いた署名が、彼を窮地に陥れるなんて。

そうして彼は赤薔薇でありながら、女王により三日間の反省室行きを命じられ、その噂は瞬く間に学園中に広まった。

それだけではない。
彼が反省室に閉じ込められている隙に、真一は次々と薔薇の面々を味方につけていた。
もう降格は確実と言われる彼に味方するものはなく、皆が真一の言葉を信じるように。

そんな真一の嘘に腹を立てた彼女が意見すれば、陸様に乱暴されていた所を僕が助けたからって付き纏っているんだ…とまた嘘を重ね彼を貶める。
何を言っても彼の立場を悪くするばかりで、擁護する事は叶わなかった。

食事係

自分のせいだと泣いていた彼女に、レイが手を差し伸べた。
レイは彼の1番の友達で良き理解者だ。
彼がそんなことをするハズはないと、信じてくれていた。

そうして一部始終を聞いたレイは、なんとか彼の為に力を尽くしてくれると約束し、反省室の彼と彼女が会えるように、彼の元へ食事を運ぶ係に彼女を任命してくれたのだ。

会いたかった。
あの日、女王の前で署名の話になった時、玖珂兄妹に邪魔され、ちゃんと説明が出来なかった。
そんなに俺が憎かったのか
消え入りそうな声で呟いた彼に、違うと伝えたかった。
あなたを救いたい、と。

そうしてレイに指示された通りの時間に食堂に食事をとりに向かった彼女。
しかしここでトラブルが発生。
なんと彼の食事は既にエドワード先生が持っていったと言われてしまったのだ。

この機を逃せば彼女が彼と話す事は難しいだろう。
だから何としても食事を届けたい彼女は、医務室へと足を運んだ。
するとそこでは彼の食事からサンプルを採取するエドワードの姿が。

なんでもこの学校の生徒に不安定な者や頭痛や不眠を訴える者が多く、エドワードはその原因が食事に原因があるのでは?と考えたようだ。
そこで全ての階級の食事、そして滅多に出ない反省室の食事のサンプルを取り、本土に送って調べて貰うと言うのだ。
他言無用との希望を受けた彼女は、誰にも言わない代わりに、結果を自分にも教えて欲しいと頼んだ。

そうしてか彼女はまるでつまみ食いでもしたかのようになったパンが乗る食事のトレーを持って反省室へと向かった。
しかしそこに待っていた彼は、一度驚いたように彼女を見たものの、絶望からだろうか、その後目も合わせてくれなかった。
それでも彼女はせっかく会えたからと、自分の気持ちを伝え、出て行け!と言う彼に「また来ます」と返し、反省室を後にした。

無実の証拠

どうだった?
彼に会えた彼女にレイは彼の様子を聞いた。
随分参っていると伝えた彼女は、彼に理解されなくても何としても彼を護りたいとレイに伝えた。
そのためならなんでもすると。

するとレイは一通の招待状を見せてくれた。
彼のピアノを披露するパーティーを開いてくれると言うのだ。
そうして薔薇階級の生徒が寮を空けている間に、彼女が参月の部屋に忍び込み、例の署名の原本を見つけ出すと言う計画を立ててくれていたのだ。

しかし見つかったら彼女は泥棒の汚名を着せられる事になる。
それに参月の部屋に原本があるとは限らない。
もしかしたら兄の真一の部屋かもしれないし、既に捨てられているかもしれない。
だからこれは賭けなのだと言うレイ。

それでも彼女は「やります!」と答えた。
確実ではなかったとしても、彼の為に何か出来ることがあるなら、やり遂げたいと思ったから。

そうして決行の日、彼女は再び食事係として反省室へ。
するとそこには床に倒れ苦しむ彼がいた。
慌てて駆け寄り、先生を呼ぼうとする彼女だったが、彼に止められてしまった。
反省室へ来て以来、体調が良くないようだった。
そう言えば反省室について教えてくれた十矢も、いつもより気分が悪くなりがち…と言うようなことを言っていた。

水を飲み痛みが落ち着いた彼に、今日の計画の話をすると、彼も一緒に行くと言い出した。
彼女一人では心配だからと。

しかしここは反省室。
外には見張りの教師が居る。
そこで彼は彼女に具合の悪いフリをしてもらい、教師を反省室内に呼び込み、そこを襲って手足を縛り閉じ込めてしまった。

そうして参月の部屋を二人で捜索するも、結局目的のものは見つからない。
しかし参月の日記を見つけ、そこには彼を罠に嵌める計画が記されていた。
それでもあの原本がなければ言い逃れられてしまう。

そこで彼女は捜索場所を変える事にした。
部屋にないのならゴミとして捨てたのかもしれないと。
ならば向かうは学園内のゴミ集積所だ。

しかしそこで廊下から声が聞こえて来た。
レイのパーティーが終わるまでは後1時間あるはずなのに。
しかも声の主はこの部屋の主である参月だ。
二人は慌ててクローゼットに隠れるが、参月はドレスにしみをつけられ着替えに戻ってきた。
当然クローゼットは開けられてしまう。

そこで彼は参月がクローゼットを開くタイミングに合わせ、ドレスを参月の頭から被せた。
しかも次々と何着も。
そうして参月が視界をドレスに塞がれているうちに部屋を抜け出し、ゴミ集積所へと向かったのだった。

交わした想い

たどり着いた集積所には、山のようにゴミが集められていた。
ここから紙切れ一枚を見つけ出すのは到底不可能に思えた。
それでも彼女は諦めない。
なんとしても彼を助けたいから。

そんな彼女の姿に、御曹司でゴミ漁りなどとは無縁の彼もゴミの山から原本を探し始めたのだ。
しかも自分の手袋を彼女に貸して、自らは素手で探し始めた。
口は悪いが彼は本当に紳士で根が優しい人なのだ。

参月の部屋から持ってきた懐中電灯を頼りに必死に捜索していると、そこに参月と兄の真一、そしてレイや他の薔薇階級の生徒までもが現れた。
参月はドレスの山から脱出し、彼らを追いかけて来たのだった。
そうして咄嗟に彼女だけをゴミの山に押し込んで隠した彼は、自ら参月の部屋に忍び込んだと白状した。

レイが騒ぎ立てる他の生徒をレイが取りなし、皆が去った後、ゴミの山から顔を出した彼女は、その制服の中に入り込んだゴミからついに探し物を見つけたのだ。

これで彼の無実を証明出来ると安堵した彼と彼女、そしてレイは三人で反省室へ。
縛られて閉じ込められた教師は、レイが握っていた弱みを使い口止めする事に成功。
そうして彼女をレイが部屋に送ろうとすると、彼はそれを止めた。
どうしても彼女に側にいて欲しいと。

今夜女王に原本を届け、朝には彼女に確認に行く予定だからと、朝までに彼女を部屋に返すことを条件に、一緒に過ごす時間を貰った二人。
そこで彼は彼女に好きだと気持ちを伝え、二人はやっと想いを重ねることが出来たのだ。

迎えた翌日、再び臨時のお茶会が開催された。
お茶会の席には彼も赤薔薇としていつも通りの出席を許された。

そうして女王に呼ばれた赤薔薇、白薔薇両名は、今回の事件の処分を発表するため、前に出る生徒を読み上げた。
呼ばれたのは玖珂兄妹と彼、そして彼女だ。
完全に彼を失脚させたと思っている玖珂兄妹は、真一が赤薔薇に任命されると信じて疑わない。
しかし発表されたのは、玖珂兄妹の告発が嘘であり証拠もあると言う内容だった。
その上今回の事件の首謀者として、その責任を負うべく、兄妹揃って石ころ階級落ちを宣言された。

そうして事件は解決し、彼は今まで通り赤薔薇として女王に仕えるように言い渡された。
しかしここで新たな事件が勃発した。

恋人宣言と洗脳疑惑

無事赤薔薇として復帰出来る事が決まったのに。
彼は突然女王に質問を投げかけた。
女王に質問があります。薔薇階級の者が石ころを愛する事は間違っているでしょうか?」と。
当然女王は身分が釣り合わないと答えた。

すると彼はあろう事か、全校生徒の前で宣言したのだ。
鷹嶺陸は石ころ階級の彼女を愛している」と。
更には「薔薇階級と石ころ階級では釣り合わないというのなら、どうぞ俺を石ころへ落としてください!」と。

彼の突然の行動に驚いた彼女だったが、「私も薔薇階級の鷹嶺陸さんを愛しています」と宣言。
こうして二人は悪い噂の関係ではなく、清廉潔癖な恋人関係を皆に知らしめたのだ。

それから一週間が過ぎた今、彼は変わらず薔薇階級の赤薔薇だった。
そうして彼女は世話係としてかれの側に。
まぁ、俺ほど赤薔薇に相応しい男も居ないからな」と余裕の彼だが、果たして女王がどう考えているかは誰も知る由はない。
しかし未だに処分がないのなから、この件は不問とされたのかもしれない。

そんなやりとりをしながら、今日もまた彼が散らかした部屋の掃除をする二人。
変わらない日常。
けれど今は彼も掃除を手伝うように。
しかしそんな彼の頭に勢いよくお菓子の缶が直撃。
本棚に詰め込んだものが落ちてきたのだ。

慌てる彼女に連れられ、医務室へ向かった二人。
幸い彼の頭に問題はなかったが、あの日の食事のサンプルの検査結果が届いていた。
エドワードは約束通り彼女に結果を教えてくれるといい、また彼にも関係のある話だからと二人に教えてくれる事に。

検査の結果、学園内で出される食事には洗脳に使われる薬が混入していると言う。
そして反省室用のものは、通常の食事に比べて薬物の含有量が極めて少なかった。
故に一時的な離脱症状に陥り、彼は体調を悪化させたのだろうとエドワードは推測した。

戦時中に洗脳に用いられていたような薬物。
それを生徒の食事に混ぜるなんて。
一体この学園はどうなっているのだろう。
しかもエドワードによると、この件は学園長も知っているハズだと。

平穏な日常を取り戻したと思った二人だったが、こうして恐ろしい学園の秘密を知ることとなった。
きっとまだ彼らの知らない何かが、この学園には隠されているのかも知れない。
果たして誰がなんの為に、彼らを洗脳しているのか?
そうしてここまでの洗脳の薬物は、彼らの健康になんらかの被害を及ぼさないのか?
その答えは、きっと学園のどこかに隠されているのだろう。

鷹嶺陸のその他のネタバレ(あらすじ)

薔薇Happy

絶対階級学園【鷹嶺陸】薔薇Happy
Daisy2さん、PROTOTYPEさんのNintendo Switch用ソフト「絶対階級学園」で浪川大輔さん演じるキャラクター、鷹嶺陸の薔薇ルートのネタバレ(あらすじ)をまとめました。

Bad End

絶対階級学園【鷹嶺陸】Bad
Daisy2さん、PROTOTYPEさんのNintendo Switch用ソフト「絶対階級学園」で浪川大輔さん演じるキャラクター、鷹嶺陸の石ころ・薔薇両ルートのBadEndのネタバレ(あらすじ)をまとめました。

真相Happy

404 NOT FOUND | 感想とネタバレで綴る、元彼達の好きなトコ
プレイした乙女ゲームの感想とネタバレを備忘録的に。

真相Bad

404 NOT FOUND | 感想とネタバレで綴る、元彼達の好きなトコ
プレイした乙女ゲームの感想とネタバレを備忘録的に。

その他のキャラのネタバレ

複数のネタバレがございますが、代表して石ころHappyの記事をご紹介しております。
下記の記事より、その他のネタバレへもリンクから飛んで頂けますので、併せてご覧頂けましたら幸いです。

鷺ノ宮レイ

絶対階級学園【鷺ノ宮レイ】石ころHappy
Daisy2さん、PROTOTYPEさんのNintendo Switch用ソフト「絶対階級学園」で木村良平さん演じるキャラクター、鷺ノ宮レイのネタバレ(あらすじ)をまとめました。

加地壱波

絶対階級学園【加地壱波】石ころHappy
Daisy2さん、PROTOTYPEさんのNintendo Switch用ソフト「絶対階級学園」で柿原徹也さん演じるキャラクター、加地壱波のネタバレ(あらすじ)をまとめました。

七瀬十矢

絶対階級学園【七瀬十矢】石ころHappy
Daisy2さん、PROTOTYPEさんのNintendo Switch用ソフト「絶対階級学園」で前野智昭さん演じるキャラクター、七瀬十矢のネタバレ(あらすじ)をまとめました。

五十嵐ハル

絶対階級学園【五十嵐ハル】石ころHappy
Daisy2さん、PROTOTYPEさんのNintendo Switch用ソフト「絶対階級学園」で石川界人さん演じるキャラクター、五十嵐ハルのネタバレ(あらすじ)をまとめました。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました