絶対階級学園【鷺ノ宮レイ】石ころHappy

この記事は約12分で読めます。
Nintendo Switch用ソフト 
ブランド:Daisy2、PROTOTYPE 
ジャンル:女性向け恋愛AVG 
発売日:2019年12月19日 
通常版:7,040円(税込)

Daisy2さん、PROTOTYPEさんのNintendo Switch用ソフト「絶対階級学園」で木村良平さん演じるキャラクター、鷺ノ宮レイのネタバレ(あらすじ)をまとめました。

スポンサーリンク

キャラクター紹介

※「絶対階級学園」は乙女ゲーム制作ブランド『Daisy2』『PROTOTYPE』の作品です。
 バナーの画像はこちらからお借りしております。

CVは木村良平さん。
薔薇階級の三年生で、白薔薇の称号を与えられた人。
穏やかで人当たりが良く、何をやってもそっなく完璧にこなす彼は、赤薔薇の陸と並び皆の憧れ
しかし隙のない完璧さから、誰にでも優しく反面、陸以外に特別に近しい存在を作らない

石ころ落ちした彼女を案じ、世話係にしてくれた優しい人。
しかしそんな彼にはある秘密が………。

感想

別記事にまとめました。

404 NOT FOUND | 感想とネタバレで綴る、元彼達の好きなトコ
プレイした乙女ゲームの感想とネタバレを備忘録的に。

ネタバレ(あらすじ)

石ころグッドエンド『通じ合った心』のネタバレ(あらすじ)をまとめました。

脅迫状の犯人

臨時のお茶会で女王により石ころ降格を命じられた彼女。
突然の出来事に白薔薇である彼も驚いていた。
なぜならまだ彼女は転入してきたばかりだったから。
例えばミツバチに相応しくない行動があったにせよ、判断を下すには時期尚早ではないか?と思えたから。

だから彼は考えたのだ。
彼女が誰かに恨まれているのでは?と。
その恨んだ相手に陥れられたと考えれば、短期間で石ころに落とされたことも納得出来る。

そうして彼は彼女の部屋を訪ねた。
夜遅くの訪問は、マナーとしてはよろしくないと思いつつも、石ころ落ちを知らされ友人達に態度を翻された事で、彼女は酷く動揺していたようだった。
だから何か声を掛けてあげたかったのだ。

訪ねた彼女はまだ落ち込んでいる様子。
そんな彼女に彼は尋ねた。
誰かに恨まれていたりはしていないかな?」と。
すると彼女は明らかに顔色を変えたのだ。
やはり何か思い当たる出来事があるに違いない。
だから彼は心当たりがあるのなら話して欲しいと続けた。

そうして知る事になった。
転入初日に彼女の制服がナイフでズタズタにされていた事と、薔薇のカードに脅迫まがいの文章が書かれていた事を。

その事に彼は衝撃を受けた。
なぜならある夜彼が目覚めると、ベッドにナイフと買った覚えのない薔薇のカードが置かれていたから。

あいつの仕業だ。

そう考えた彼は、彼女を見張ろうと思った。
あいつの存在を外に漏らすわけにはいかなかったから。
父にあいつの事を知られたら、もう見放されてしまうと思ったから。

夢のような時間

厳しい父なのだ。
鷺ノ宮家の長男として相応しい人間に…と幼い頃よりなんでも徹底的に仕込まれてきた。
皆が羨むほどなんでも出来るのは、幼い頃に何事も徹底的に仕込まれたからだろう。
出来ないものがあれば、出来るまで部屋に閉じ込められる。
食事も睡眠も許されない。
そんな厳しい環境だった。

だから彼は自分に自信が持てない。
自分はダメだから、父はあんなにも厳しいのだと思ってしまう。
それが期待の裏返しだなんて、少しも考えない。
考えられない。

けれどある時彼女は言ってくれた。
それはレイさんに期待しているからですよ」と。
ダメな息子だから厳しいのではなく、期待しているから厳しいのだと。

本当かどうかはわからない。
けれど彼女のその言葉に、彼は救われたのだ。

そうして世話係となった彼女は、実行委員会の彼の仕事を手伝うように。
同じく実行委員の玖珂兄妹や陸からは、「なぜここに石ころが?」と、薔薇の中でも選ばれた特別な薔薇しか入れない委員会室に、彼女がいる事を快く思われなかった事もあった。
それでも彼は誰になんと言われようと彼女をそばに置いた。
時には勉強も見てくれた。
スノードームも作ってくれた。
二人でお茶をする事もあった。

彼女にとっては夢のような時間だった。
石ころとなり、萌花も壱波も手のひらを返したように冷たくなったのに。
彼は変わらないどころか、世話係として側にいる事で以前より近い存在となったから。

錯乱

けれど今まで世話係をつけなかった彼が、彼女を世話係にした事は瞬く間に広まった。
皆の憧れの白薔薇だ。
羨む者も妬む者も多かった。
中でも明らかに敵意を剥き出しにする者が現れた。
それが石ころ階級の三好という女子生徒だ。
なんでもずっと彼に憧れていたと言う三好は、彼女に世話係の座を譲るように言ってきた。

けれど彼女だって今の幸せを誰かに取られたくない。
親切にしてくれる彼に対し、世話係としてもっと役に立って恩返ししたいとも考えていたから。
だから断った。
それは無理です、と。

それでも三好はしつこかった。
彼女を付け回し、「どうしてレイ様の部屋に行ったの!私はずっとずっと憧れていたのに!なんであんたがレイ様の世話係なのよ!」と怒りをぶつけられたりもした。

その頃だ。
石ころ寮で騒ぎが起こったのは。
バルコニーに石ころの女生徒が身を乗り出していて危ないと、生徒たちが騒ぎ出した。
その声を聞いた彼と彼女も、急ぎ石ころ寮へと向かった。
するとバルコニーに身を乗り出しているのは、彼女を付け回し彼に憧れていると言っていた三好だった。

錯乱している状態の三好。
落ちてしまう前に止めようと、二人は寮の中へ。
するとある部屋の扉が開け放たれていた。
そこが三好の部屋だった。
慌てて二人が中へと入ると、部屋の中は見事にめちゃくちゃな状態。
おそらく錯乱した三好自身がやったのだろう。

三好を落ち着かせるために、彼は優しく語りかけ、彼女を助けた。
しかし錯乱状態は治らない。
バルコニーから離れた三好は、ハサミを握りしめたかと思ったら、「お願い処分しないで、ちゃんと出来るから」などと口にしながら、そのハサミで彼女を狙った。
咄嗟の事に硬直した彼女だったが、ハサミで襲いかかる三好から彼が守ってくれた。

しかし代わりに彼がハサミで傷を負わされてしまった。
焦る彼女。
しかし今度は暴れる三好が、彼女を突き飛ばし、彼女は後頭部を強く打ちつける意識を手放した。

スープに隠された謎

彼の腕のケガも、頭を打った彼女も、幸い無事だった。
ただ彼女の方は、少し強く頭を打った事から、なかなか目覚めなかっただけで。

そうして三好は学校を辞めて本土に戻った。
なんでもあちらの両親が、こんな事態になったのは学校側の監督責任だ!と激怒し、すぐに本土に連れ戻されたと言うのだ。
そもそも三好はどうしてあれ程までに錯乱してしまったのか?

その事が気になっていた彼女は、教室に行こうとした所で十矢に遭遇。
同じく三好の事件が気になると言う十矢と、三好の部屋の捜索へ向かった。
十矢の話では、彼女が転入してくる前に同じく錯乱して学校を辞めた男子生徒がいたらしいのだ。
そう言えばエドワードも、あの時と似ている…と口走っていた。

十矢はその男子生徒と親しく、その生徒はレジスタンスのメンバーだったらしい。
ちょっとぽっちゃりしていたその生徒は、ある時恋をしてダイエットを始めたのだと言う。
三好との共通点だ。

たどり着いた三好の部屋で、彼女はダイエットノートなるものをみつけた。
三日分しか記録はつけられておらず、「あの方の言いつけどおり、スープは飲まなかった」と記載されていた事が気になった。
それに十矢の友人もまた、ダイエットのためスープを控えていたというのだ。

スープに何かあるのだろうか?
それにエドワードの話しでは、過酷なダイエットによるストレスから錯乱したとの事だった。
しかしノートを見る限り、三好のダイエットは朝昼は普通に完食し、夜のみスープを飲むのを止め、ほかのものは食べる量を少し減らす程度だった。
これは過酷なダイエットと呼ぶほどのものだろうか?
ただ疑問ばかりが残った。

そこでスープが気になる彼女は、十矢たちにスープの事を尋ねてみた。
すると中等部の頃は、スープは一番栄養価が高いから必ず飲むよう言われていたと言う。
しかも風邪で学校を休んだりしても、先生がわざわざスープだけでも飲みなさいと、スープを届けにくる程だったらしい。

けれどそれ以上は何もわからない。
味だって普通のスープだ。
一体スープに隠された謎とはなんなのか?
そもそもそんな謎があるのだろうか?

ショウと名乗る男

結局原因が分からないまま、女王の指示でみなその事を口にしないようになってしまった。
まるで何もなかったように。

そんなある夜、寝ていた彼女は何かの気配を感じ目を覚ました。
すると普段と随分と雰囲気の違う彼が、彼女の部屋に立っていた。
最初は彼だと思い声を掛けると「俺はレイじゃない」と言うのだ。
そうして彼は「ショウだ」と名乗り、彼女のキスをした。

でもどこからどう見ても彼なのだ。
突然夜に部屋に来て、ショウだと名乗りキスをする。
どう考えてもおかしな行動だとは思うが、間違いなく彼なのだ。

だから気になって彼に「昨夜はどうしたんですか?」と尋ねてみると「昨夜は疲れたから早くに休んだよ」と言われてしまった。
だから昨夜の出来事をキスの件を除いて話してみるものの、僕じゃないよと言われてしまう。
ショウと名乗ったのだろう?じゃあ僕ではなくショウと言う人なんだろう」と。

彼の返答が腑に落ちない彼女。
だってどう見てもあれは彼だったから。
だからもっとその事を彼と話したいのに、ショウの話をして以来、彼は彼女と距離を置くようになってしまった。

だから彼女は余計に混乱した。
だってあの夜彼は彼女にキスをしたのだから。

どうしても納得出来なかった彼女は、陸にも話を聞いてみた。
レイさんが別人に見える事ってありませんか?」と。
すると意外にも「中学の時には時折おかしな事を言う事があったな。なんで俺がここにいるんだ?とか、俺はショウだとか」と。

陸の話も総合して、彼女は彼が多重人格なのでは?と思うように。
そうして誰がと言う部分を隠して、彼女はエドワードに相談もした。
するとエドワードも「解離性同一障害、いわゆる多重人格かもしれないね」と教えてくれた。

そうして再び彼女の部屋へと現れたショウは、彼女に告げた。
俺かレイかどちらかを選べ」と。
どちらも外見は彼だ。
けれど中身はあまりにも違う。
その上、今は彼には避けられ、ショウには求められている。

振り向いて欲しい人に振り向かれぬまま、同じ外見のもう一人の彼に迫られる。
そんな状況に彼女の悩みは深まってしまった。

全然違う二人

困り果てた彼女は悩んでいるからか顔色が悪いと十矢に案じられた。
悩みがあるなら話してみろと。
恋愛相談だから、いいよ」と言う彼女に、確かに恋愛では自分は役に立てないと思った十矢は、エドワードに相談する事を進めてくれた。

十矢の勧めで、エドワードの元を再び訪れた彼女は、彼との事を相談。
本当は前回の多重人格の話も、誰とは告げていなかったのに、エドワードはそれが彼の事だと理解していた。
そうして彼女に教えてくれた。
どちらの人格も彼の一部なのだと。

それでもショウはどちらかを選べと言う。
だから分からない。
決められないまま時間は流れ、痺れを切らしたのかショウが現れた。

そこでショウは教えてくれた。
三好のダイエットノートに書かれていた『あの方』は彼を演じたショウなのだと。
だから彼は夜にこんなふうに三好を訪ねたのだと思った。
しかし昼でも入れ替わる事があるのだと言う。
中等部の頃はショウのまま出てしまったが、今では学習し昼間はきちんと白薔薇を演じているのだと。

そして彼も彼女も知らない秘密を知っていそうなショウは、三好にした事は実験なのだと言うのだ。
やはり三日しかもたないか」と呟いた意味を、彼女は理解出来なかったが、それが彼の言う実験のデータなのだろう。

そうして一頻り話をした中で彼女は感じた。
ショウさんとレイさんは違う、と。
エドワード先生は彼の一部だと言うけれど、そうは思えない、と。
だから彼女は彼を想う心から、ショウを拒絶した。
けれどショウは彼女を無理矢理組み敷いてキスをした。
そうして彼女を自分のものにしようとした。

レイさんじゃなきゃ嫌!
この人はレイさんじゃない!

そう思った彼女は必死に嫌だと抵抗し、泣き出してしまった。
そして昔から彼女だけが希望の光だったと言うショウは、彼女の涙に弱いのだと言う。
彼女の涙にたじろぐと、そのまま彼女を組み敷いた状態で、意識を失った。

慌てて「ショウさん!」と声を掛けると、今度は彼に戻り目を覚ました。
そうして彼は驚愕した。
彼女を組み敷いている自分に。
そして彼女の服が乱れ、頬に涙の跡がある事に。

慌てて彼女から離れた彼は、「ごめんね!もう二度とこんな事はないから。ゆっくり休んで」と告げて彼女の部屋を後にした。

隠された秘密

彼が去った後、寝ようと試みるも眠る事が出来なかった彼女は、彼の言葉を思い出してひどく嫌な予感に襲われた。
もうこんな事はないから
それが何を意味するのか?

不安に急かされ、身支度を整えて部屋を出る。
彼を探しに駆け出した。

向かう先は薔薇寮の彼の部屋。
そっとドアをノックするも、返事はない。
その事にますます不安になった彼女は、勝手に彼の部屋の扉を開けた。

部屋を見渡しても彼はいない。
すると風を感じ窓へと視線を送る。
そこにはバルコニーの手すりに腰掛ける彼が居たのだ。
レイさん」と声を掛けると「どうして君にはみつかっちゃうのかな?」と苦笑いの彼。
それでも彼はその体勢を変えてはくれない。
彼女のために命を終えるのだと言う。
自分が居なくなれば、もうショウが彼女を泣かせる事もなくなるからと。

だから彼女は彼の引き出しからナイフを取り出し、自分の首へと当てた。
レイさんが死ぬなら、私もここで死にます」と。
守るのなら生きてと言う訴え。

そんな彼女の想いの強さに彼は勝てなかった。
慌ててバルコニーから彼女の元へと駆け寄り抱きしめたい。
君が好きだよ」と。
もうショウにも絶対渡さないと強い意志表示をした彼は、その後頭痛に倒れ意識を失った。

目覚めた彼は夢の中でショウと話したと言う。
今まで逃げて向き合って来なかったから、これからはショウとも弱い自分とも向き合うと決めたようだ。

そんな彼にショウはベッドの下に贈り物があると教えてくれた。
言われた通り探してみると、DVDが隠されていた。
彼は委員会の壊れた備品のパソコンを勝手に修理し部屋に持ち込んでいたので、それを使ってそのディスクを開いた。

中には二つのファイルが入っており、一つは処分者リストで、ナンバリングされており、「不適合で処分」といくつもの被検体が処分されているようだった。

もう一つのファイルは最近のもので、開くと彼女が転校前に錯乱して学校を辞めた男子生徒と、先日錯乱して本土で入院しているハズの三好の名前が書かれていた。
そうして二人とも『処分』とされていた。

処分とは一体なんの事だろう?
両親の希望で学園を辞めたと聞いていたのに。
処分とは、その命を奪われてしまったと言う事なのだろうか?
きっと何かとてつとない秘密が隠されている。
彼も彼女もまだ知らない、けれどショウだけは知っているであろう秘密が。

鷺ノ宮レイのその他のネタバレ(あらすじ)

薔薇Happy

404 NOT FOUND | 感想とネタバレで綴る、元彼達の好きなトコ
プレイした乙女ゲームの感想とネタバレを備忘録的に。

Bad End

404 NOT FOUND | 感想とネタバレで綴る、元彼達の好きなトコ
プレイした乙女ゲームの感想とネタバレを備忘録的に。

真相Happy

404 NOT FOUND | 感想とネタバレで綴る、元彼達の好きなトコ
プレイした乙女ゲームの感想とネタバレを備忘録的に。

真相Bad

404 NOT FOUND | 感想とネタバレで綴る、元彼達の好きなトコ
プレイした乙女ゲームの感想とネタバレを備忘録的に。

その他のキャラのネタバレ(あらすじ)

複数のネタバレがございますが、代表して石ころHappyの記事をご紹介しております。
下記の記事より、その他のネタバレへもリンクから飛んで頂けますので、併せてご覧頂けましたら幸いです。

鷹嶺陸

加地壱波

七瀬十矢

五十嵐ハル

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました