絶対階級学園【鷹嶺陸】薔薇Happy

この記事は約10分で読めます。
Nintendo Switch用ソフト 
ブランド:Daisy2、PROTOTYPE 
ジャンル:女性向け恋愛AVG 
発売日:2019年12月19日 
通常版:7,040円(税込)

Daisy2さん、PROTOTYPEさんのNintendo Switch用ソフト「絶対階級学園」で浪川大輔さん演じるキャラクター、鷹嶺陸の薔薇ルートのネタバレ(あらすじ)をまとめました。

スポンサーリンク

シナリオ紹介

※「絶対階級学園」は乙女ゲーム制作ブランド『Daisy2』『PROTOTYPE』の作品です。
 バナーの画像はこちらからお借りしております。

CVは浪川大輔さん。
薔薇階級の三年生
薔薇階級でも特別な薔薇である赤薔薇の称号を持ち、女子からも人気が高い。

シナリオの流れの分岐は、女王毒殺未遂事件。
薔薇に入る決定的な要素は、学園長から贈られる高価なドレス類をありがたく受け取るか、断ろうとするかで分岐。
高価な贈り物をありがたく受け取る事で、彼女は学園でのショッピングの楽しみを覚え、次第に贅沢をするようになっていく。

そんな様子が学園に馴染んだと判断され、彼女はついに………。

感想

別記事にまとめました。

404 NOT FOUND | 感想とネタバレで綴る、元彼達の好きなトコ
プレイした乙女ゲームの感想とネタバレを備忘録的に。

ネタバレ(あらすじ)

薔薇ルートのグッドエンド『赤薔薇姫』のネタバレ(あらすじ)をまとめました。

陸先生

彼女の転入後初めて開かれたダンスパーティー。
そこで起こった女王毒殺未遂事件。

幸い女王の命に別状はなく、回復も早かった。
生徒を騒然とさせた事件であった為、皆を安心させようと開かれた臨時のお茶会。
その席で彼女は突如薔薇階級への昇格を言い渡された。

学園にすっかり馴染み、親友の萌花とも薔薇階級入りを一緒に目指そうね…と言える程に。
だから憧れてはいた。
しかしずっと努力し続けていた萌花が昇格するならまだしも、何もしていない自分が昇格するなんて。

だから彼女は理由を尋ねた。
すると短期間で学園に馴染んだことは賞賛に値するとの理由で、昇格が決まったと告げられた。

一緒に薔薇になり、楽しい日々を送りたかった親友とは離れ離れ。
しかも萌花は薔薇である彼女に対し、一歩引いた態度で接する。
それがこの学園のルールなのだ。

不安であるし寂しいし。
本当に薔薇としてやっていけるのだろうか?
そんな彼女へと手を差し伸べたのが彼だった。
早く立派な薔薇になれるように、この陸先生が指導してやる!」と。

勉強を見てやると言って部屋に呼んでは、彼女一人に勉強させ、挙句飽きたらボードゲームに誘う。
そんな先生ではあるものの、彼との時間はとても楽しかった。
だから寂しさもすぐに忘れる事が出来た。

それに彼だけじゃない。
隣の部屋の三宮とも友達になる事が出来たのだ。

告白

毎日のように彼の部屋でゲームをして過ごしていた彼女。
いつも放課後は彼が誘いに来るのだ。
今日も俺の部屋でゲームをするぞ!」と。

しかしその日は彼が誘いに来てくれない。
気づいたら彼女を残して教室を出ていた。
そんな彼の様子が気になり、後をつけて見ると、彼は湖で美しい少女と会っていた。

なんて綺麗な子なんだろう。
それに陸さんとお似合いだ。

そんなことを思ってしまった彼女。
するとその少女は彼に告白したのだ。
ずっと陸様をお慕いしておりました…と。

赤薔薇様と皆に慕われ、人気がある事はわかっていた。
けれどこんな風に告白されている所を見てしまうと、悲しい気持ちになってしまった。

そっか。
陸さんはお似合いなあの子と付き合うんだ。
あんな美人に告白されて、断る人なんていないもんね。

そう考えた彼女は居ても立っても居られず、彼の返答を耳にする前に、その場を逃げ出した。
だって聞きたくなどなかったから。
あの子を受け入れる彼の言葉なんて。

だから翌日からどう接していいのかわからなくなってしまった。
今までのようにはいかないのだ。
彼の落書きを見せられクスリと笑っても、でも彼にはあの子が居る…と、どうしてもそれが気になってしまうのだ。

彼女のそんな様子に彼が気づかないハズはなく、問いただすも彼女は答えられない。
だって答えてしまったら、彼に好きだと告げてしまいそうだったから。
だから彼の前から逃げ出したのだ。

しかし彼も彼女を放って置けない。
いつもと様子が違うのだ。
何かあったに違いないから。

そうして湖まで逃げて力尽きた彼女を彼が捕まえ、どうして逃げるのだ?と問いただす。
すると彼女は危惧していた通り、「あの子と付き合うことになったんですよね」と言った後、「陸さんが好きなんです」と告げてしまった。

お前の為ならなんでも

思いがけず彼女の気持ちを聞いてしまった彼は驚いてしまう。
自分も好きだが、彼女も好きでいてくれたなんて。
そうして彼も彼女を好きだと告げ、二人は晴れて恋人同士に。

薔薇階級になっただけでも嬉しかったのだ。
十分すぎるくらい。
今までは階級が違うから、気軽に話しかけられなかったが、これからは好きに話しかけていいのだと思うと嬉しかったのだ。
だから彼女に割り当てられた部屋に、沢山の赤薔薇を飾っておいたりもした。

それが今は恋人になれたのだ。
嬉しくない訳がない。

だから浮かれすぎてしまった。
初めての恋のときめきや喜びに、他はどうでも良くなってしまった。

そうして彼女と初デートと称してショッピングに出かけた彼は、彼女が気に入ったバッグがあれば、それが他の生徒が買おうと手にしていたものであっても奪い取ってしまう。
更にはその型のバッグを全て買い占めてしまう程だ。
これでそのバッグはこの学園でお前だけのものだ…と。

やりすぎでは?
確かに彼女もそう思った。
けれど彼女も浮かれていたのだ。
やり過ぎだと思う反面、嬉しさも隠せなかった。
だから受け入れてしまったのだ。

当然バッグを奪われた生徒は面白くないだろう。
だから彼に見えないように、彼の背後から彼女を睨みつけたりもした。

それだけじゃない。
皆やはり赤薔薇様を奪われたと言う思いがあるからか、「あんな子が赤薔薇様の…」と彼女を馬鹿にしたように陰口を叩く。

それが辛かったから。
別にどうこうして欲しかった訳ではないだろう。
ただ辛かった事を聞いてほしくて、陰口を叩かれた話を彼にしてしまったのだ。
陸さんは素敵だから私みたいな子とは釣り合わないと、自信のない発言もしてしまった。

彼女の為ならなんだってしてやりたい彼は、そんな彼女に「お前はこの赤薔薇の恋人なんだ。この学園で一番素晴らしい女だ。自信を持て」と言い、彼女に誰も嫌がらせをしないようにとある提案をした。

赤薔薇の宴

彼が提案したのはパーティーを催し、そこで皆に大々的に彼女は自分の恋人なのだ!と伝えると言うもの。
そこで彼女を愚弄する事は、この赤薔薇を愚弄する事になる…と皆に知らしめたかった。

そんな大袈裟な。
一瞬そう思った。
でも彼がそこまで大事にしてくれる事は、やはり嬉しいと思ってしまうのだ。

傾国の姫にならないようにね
いつかレイが彼女にかけた言葉。
その言葉をパーティーの話が出た日に思い出し、辞書で調べてみた。
そこで彼女の為に彼が人望を失い、赤薔薇の地位を失う事を案じてくれていると理解した彼女。

でもやっぱり嬉しくて、そして楽しみでもある。
何より親友の三宮が「うんと赤薔薇様に甘えるといいわ。殿方は甘え上手な女に弱いんだもの」とかけてくれた言葉。
その言葉も真実に思えたたのだ。
何より、せっかくの彼の好意を無碍にするような事を言えば、彼の機嫌を損ねてしまうと言う心配もある。

それに彼がいかに凄い人なのか、いかに多くの女生徒が憧れているのかを薔薇階級となり目の当たりにした。
だから不安もあったのだ。
他の女子に彼の隣を取って変わられるのでは?と。

そんな気持ちも手伝い、レイの助言を思い出しはしたものの、パーティーはもうすぐなんだからまずはパーティーに集中しようと自らに言い聞かせた。

パーティーの話をした時、三宮に「あなたは赤薔薇姫ね」と言われた事のあった彼女は、その響きに陶酔していた。
だから彼に思わずその事を話すと、初めはからかうように笑うも、「赤薔薇姫だろうとなんだろうと、お前の望むものにしてやる」と言う彼。

なんでも叶う、なんでも手に入る。
赤薔薇の恋人として、周りの態度も一変。
それはとても気持ちの良いもので、自分が偉くなったかのように感じてしまう。
だから彼女もどこか感覚が麻痺してしまっていたのだ。

赤薔薇の宴と称したそのパーティーの余興で、彼が石ころを後ろ手に縛り、その頭にリンゴを乗せ、矢でそのリンゴを落とすゲームをやると言った時も「石ころの人は危なくないですか?」と尋ねはしたが、先端に布を巻いてあるから、そこまで酷い怪我を負う心配はないと言われ、流されるままにゲームが始まってしまった。

しかしそこでレイが彼を一喝。
これはやりすぎだと嗜める。
そうして彼女に尋ねたのだ。
藤枝さんはどう思う?」と。

確かに彼女も危ないと思ったから「やり過ぎだと思います」と告げた。
その言葉に気を悪くした素振りを見せた彼に、「こんなやり方では陸さんの凄さが皆さんに誤解されてしまいます。そんなの私も悲しいです」と伝え、彼にも納得して貰い、レイのピアノ演奏で宴を締めくくった。

赤薔薇の姫

パーティーの後、彼女はレイに呼び出された。
そこで生徒からの無記名の嘆願書を見せられた。
彼女と恋人となり浮かれた陸の行動が、赤薔薇としてふさわしくないとの訴えの数々だ。

その量に驚愕した彼女。
しかしレイは彼女の目の前でそれを破り捨てた。

陸があのままだったら、僕は陸から赤薔薇の称号を剥奪し、階級を落とすことになっていたと思う。
君が賢い女性で本当に良かった。

そう言うレイの言葉と、嘆願書の数を彼女は心に刻みつけた。
そうして誓ったのだ。
もう陸さんに間違いを起こさせない。
私がうまくサポートして、彼の地位を守るのだ!
と。

それから数週間の時間が流れ、今では彼女は『赤薔薇の姫』として絶大な人気を博していた。
薔薇庭園に出れば、多くの女生徒が彼女に声を掛け、サロンパーティーやバースデーパーティーへのお誘いは後を絶たない。
すっかり人気者だな。女子たちなど、お前と話したくてみんな集まってくる」と少し不満気な彼。
みんな本当は陸さんと話したいし、陸さんを誘いたいんですよ。でも陸さんは凄すぎて恐れ多いんだと思うんです。その点私ならきっとみんな誘いやすいのだと思います
そっなく答える彼女は、以前よりもずっと堂々として大人びていた。

そんな二人がお茶をしようと席に着くと、石ころ男子がお茶の用意を届けに来た。
しかし赤薔薇を前に気後れしたのだろう、緊張のあまり彼の袖にお茶をかけてしまったのだ。

怒り狂う彼。
その傍ら彼女はまずは彼の火傷を案じ、怪我の確認をした後、怒る彼を宥めた。
彼だって悪気があった訳ではありません。陸さんがあまりに素晴らしい方だから、緊張のあまり失敗してしまったのです。だから悪いのは彼ではなく、立派すぎる陸さんなんですよ?」そう嗜める。
そんな彼女の言葉に怒りを鎮めた彼。
そう言われてしまっては、これ以上怒りようもないのだ。

そうして彼女は、慌てて土下座していた石ころ男子に声を掛けた。
立ちなさい。良かったですね。寛大な赤薔薇様のお心に感謝して下さいね」と。
彼女の取りなしで事なきを得た石ころ男子は、感激の表情で彼女を見つめ「ありがとございます!赤薔薇の姫…いや、赤薔薇様の寛大なお心に感謝します」といい、その場を去った。

誰がいつ薔薇階級へ上がるかは分からない。
こうして恩を売って置けば、先程の石ころ男子が薔薇階級へと上がった時にも、彼の味方になってくれるハズだ。
だから彼女は全ての階級の者に、慈愛に満ちた対応を心がける。
学園における彼の地位を盤石なものとする為に。
誰かに恨まれて足元を掬われることのないように。

どうもお前に手のひらの上で転がされてる気がする」といいながらも、満更でもない様子の彼。
こうして二人は赤薔薇赤薔薇の姫として、学園に君臨し続ける。

けれどまだ安泰ではない。
この地域をより盤石なものとするには、彼女が女王となればいい。
今の女王がいる限り、絶対に安全とは言えないからだ。

だから彼女は彼にも内緒で、女王の暗殺を計画していた。
そのために石ころ男子に薬物を盗んで来させていた。

一度暗殺未遂が起きている。
未だに犯人は上がっていないのだ。
きっと今度もうまくいく。

そう信じてひたすらに次のパーティーを待つ。
そしてパーティーが開かれた時、彼女は女王の座をその手中に収める事が出来るのだろうか?
愛する赤薔薇との未来の為に。

鷹嶺陸のその他のネタバレ(あらすじ)

石ころHappy

Bad End

絶対階級学園【鷹嶺陸】Bad
Daisy2さん、PROTOTYPEさんのNintendo Switch用ソフト「絶対階級学園」で浪川大輔さん演じるキャラクター、鷹嶺陸の石ころ・薔薇両ルートのBadEndのネタバレ(あらすじ)をまとめました。

真相Happy

404 NOT FOUND | 感想とネタバレで綴る、元彼達の好きなトコ
プレイした乙女ゲームの感想とネタバレを備忘録的に。

真相Bad

404 NOT FOUND | 感想とネタバレで綴る、元彼達の好きなトコ
プレイした乙女ゲームの感想とネタバレを備忘録的に。

その他のキャラのネタバレ

複数のネタバレがございますが、代表して石ころHappyの記事をご紹介しております。
下記の記事より、その他のネタバレへもリンクから飛んで頂けますので、併せてご覧頂けましたら幸いです。

七瀬十矢

鷺ノ宮レイ

絶対階級学園【鷺ノ宮レイ】石ころHappy
Daisy2さん、PROTOTYPEさんのNintendo Switch用ソフト「絶対階級学園」で木村良平さん演じるキャラクター、鷺ノ宮レイのネタバレ(あらすじ)をまとめました。

加地壱波

五十嵐ハル

絶対階級学園【五十嵐ハル】石ころHappy
Daisy2さん、PROTOTYPEさんのNintendo Switch用ソフト「絶対階級学園」で石川界人さん演じるキャラクター、五十嵐ハルのネタバレ(あらすじ)をまとめました。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました