キューピット・パラサイト【ギル・ラヴクラフト】

この記事は約15分で読めます。
Nintendo Switch用ソフト 
ブランド:アイディアファクトリー 
ジャンル:女性向け恋愛ADV 
発売日:2020年8月20日 
通常版:6,500円(税抜)

オトメイトさんのNintendo Switch用ソフト「キューピット・パラサイト」で木村良平さん演じるキャラクター、ギル・ラヴクラフトの感想とネタバレ(あらすじ)をまとめました。

スポンサーリンク

キャラクター紹介

※「キューピット・パラサイト」は乙女ゲーム制作ブランド『オトメイト』の作品です。  
     バナーの画像はこちらからお借りしております。

CVは木村良平さん。
フリーのエディターをしている失恋パラサイト。

大学時代に大好きだった女の子に振られて以来、ずっとそれを引きずって生きている人。
このままではいけない!と一念発起して婚活を始めるも、誰と会っても失恋した彼女を引きずり彼女と比べてしまう。

元主人公のルームメイトで、人間界に来たばかりで右も左も分からない彼女を助けてくれた人。
彼女も家族のような気持ちで、彼をずっと慕っていた。

感想

ビジュアルについて

眼鏡も好きですし、明るい色も好きなので、螢彩院くんとギルは最初から見た目もストライクでした。

時折眼鏡なしモードがある所も、また眼鏡好きには堪りませんでした。

学生時代の回想で出てくる冴えない感じのギルも嫌いではないですが、やっぱり私は今のギルの方が好みでした。

性格について

優しい人でした。
自己犠牲を厭わず、愛する人に捧げ尽くす感じ。
それが心地よく感じる人と、重く感じる人と分かれるかな?
私は最初は重いなって思いましたが、ある時からその尽くされ具合に心地よさを感じました。

まっすぐよそ見をする事なく、誠実に愛し続けてくれるイメージ。
大変信頼出来る人だと思います。

また映画が好きな所と、その好きな映画「トランスカーズ」がおそらく「トランスフォーマー」をモデルにしているので、トランスフォーマー好きな私には、その趣味も堪りませんでした。

恋人として

性格の所でも書いたように、ずっと一途に愛し続けてくれる人だと思います。
なのでお付き合いしたら、穏やかで温かい関係が築けそうな所が素敵です。

個人的に家事能力の高さは、重要視しているので(笑)、そこも恋人として高得点です。

最初は仕事よりも彼女みたいな所もありましたが、後半自分の事や仕事ともきちんと向き合ってくれたので、その辺りも大変好ましかったです。

ギルの彼女になって、大事にされたいと思いました。

仲間として

シェアハウス企画の時にも、率先して家事をこなしてくれたギル。
平和主義な穏やかさもあり、仲間として過ごす中でも頼もしい存在だと思いました。

でもギルは仲間や友人としてよりは、私は恋人としてそばにいて欲しい人だなって思いました。

ときめきポイント

やっぱりトランスフォーマーネタですね!
同じ車の映画でも、ワイルドスピードじゃダメで、トランスフォーマーの必要性がある事が、後半のシナリオで出てくる展開も素敵でした。

トランスフォーマー要素が盛り沢山で、キス邪魔されたり、ラジオで話したり、勝手に自分で走っていく所もすごく好きです。

更にはバンブルピッグが、二人が結ばれた後も活躍してる様子が描かれた辺りも、素敵なシナリオだな、丁寧な作りだなと感心しました。

ネタバレ(あらすじ)

俺が好きなのはこの子と車。
それが世界の中心にあれば、どんな生き方でも嬉しいんだ。

目指せ!自由恋愛

彼の実家は高級自動車メーカーのLCI社。
元々車が大好きな彼は、本社の近くにラボを作って貰い、自ら車を作る日を夢見て作業をしているほど。

けれど彼はその家を逃げ出した。

彼には兄がおり、その兄は会社を継ぐためにLCI社に入り副社長をしている。
ラヴクラフト家では、後継の妻として、彼らのどちらが継ぐかも決まらないうちから婚約者が決まっていた。

だから彼は絶対に会社を継げないと思っていたのだ。
だって結婚は大好きな人としたいと昔から思っていたから。

幸い会社は兄が継ぐことになったものの、彼も役員として会社の経営に携わることになってしまったのだ。

勝手に好きでもない子と結婚させられてしまうかもしれない。

不安になった彼は、自由恋愛のために家を出たのだ。
父と母みたいになりたくなかったから。
仕事ばかりの父と、そんな父を寂しそうに待つ母。
二人を見て育った彼は、小さい頃から思っていたのだ。
自分は大好きな人と結婚して、奥さんには母みたいに寂しい思いなんてさせないと。

だから彼は親から家から、そして会社から逃げるようにロサンヨークの大学へ。
そうして一人暮らしを始めた彼は、生活費を節約するためにルームメイトを募集し、後に彼女と出会う事になるのだった。

失恋へ導く不幸な偶然

彼がルームメイトを募集した頃、彼女もまた父と喧嘩の末、家出をして人間界へ。
住む場所と当面のお金は、人間界に精通している叔母が用意してくれた。

そうして彼女は彼の家へと訪れた。

男の名前で叔母が適当に申し込んだこともあり、女の子とのルームシェアに最初は戸惑った彼。
けれど彼女が余りにも世間知らずだった為、その戸惑いは「僕がこの子を助けてあげなきゃ」と言う責任感へと変わった。

神界で暮らしていたのだ、何も分からなくて当然だろう。
けれどそんな彼女の素性など当然知らない彼は、お金持ちの家で大切に育てられた純真無垢な箱入り娘なんと思ったのだ。

そうしてシャワーの浴び方から、人間界で暮らす術を全て彼が教えた。
彼女が大学生になった後も、同じ大学の先輩として、彼女がトラブルに巻き込まれないよう、常にフォローして守り続けた。

それは最初は兄のような使命感からの事だった。
けれどある時気づいてしまったのだ。
それ以上の気持ちを彼女に抱いている事に。
だから思い切ってその想いを手紙にしたためた。

元々言葉でうまく気持ちを伝えることは得意ではない。
けれど文章を書くことはとても好きだった。
だからありったけの想いを手紙に込めた。

そうして彼女に教科書を借りた時に、その手紙を挟んで返したのだ。
遊園地に来て欲しいと最後に書き添えた手紙を。

当然彼女が読んでいると思った彼は、約束の日時に遊園地で待っていた。
けれど彼女は現れない。
どんなに時間が流れても。

振られたんだ。
そう悟った彼だったが、その手紙はもう一人のルームメイトのクラリスの元へ渡っていた。

あの日彼から教科書を受け取った直後、クラリスにも教科書を貸して欲しいと頼まれた彼女は、手紙が挟んであることなど知らずにクラリスに教科書を渡した。
受け取ったクラリスが、教科書を鞄に入れた際、運悪く鞄の中に手紙が落ちてしまったのだ。

彼女で宛てである事も、彼からである事も記されてない手紙。
当時モデルや女優の卵ばかりがアルバイトする店で働いていたクラリスは、その美貌も手伝いよく口説かれていた。
だから手紙も気にならなかったのだ。
お客の誰かが勝手に鞄に入れたのだろう…と。

そうして不幸な偶然が重なり、彼は失恋してしまったのだ。

失恋パラサイト

けれど彼女の態度は何も変わらない。
今まで通り微笑んでくれるし、彼を頼ってもくれる。
あの手紙を読んで断ろうと来なかったのならば、多少気まずい空気になるはずだ。
けれどそんな様子は全くなかった。

そもそも彼女らしくないと思ったのだ。
手紙を貰ってそのままにするなんて。
ダメならダメで、ちゃんと約束の場所に来て断ってくれる。
そんな人なのだ、彼女は。

だから彼は彼女をプロムに誘った。
彼らの大学はイベント好きの生徒が多く、ハイスクールまでしかないプロムを大学でも行っていたのだ。

そうして彼女とプロムに参加した彼は、今度こそは!と思い切って彼女に告げたのだ。
これからも僕がずっと守るから」と。

勘のいい女子なら気づいたかも知れない。
確かに分かりづらい言葉ではあるが。
けれど彼女はそもそも自分の恋愛に興味がない。
ただひたすらに誰かと誰かをキューピットのように結びつけようとするばかり。

だから誰かに告白されても「あなたには◯◯が合うと思うわ」と、本当に悪気なく別な子をお勧めしてしまうのだ。
その事でトラブルになりそうな時もあったが、いつも彼が守ってくれていた。

そんな女の子だったから、当然彼の言葉は文字通り受け取られてしまった。
だから「これからもよろしくね」と喜んだ。

しかし彼はと言えば、告白が成功したと思い込んでしまったのだ。
そうしてその後、その告白が失敗に終わっていた事を知り、絶望し部屋を出てしまった。

以来彼は失恋パラサイトとして生きるようになったのだ。

前に進む決意

そうしてブライダルアドバイザーになった彼女は、パラサイト5の結婚と言うミッションを受けた事で彼と再会した。
あの日の告白にも気付いていない彼女は、失恋パラサイトと呼ばれる彼の失恋相手を勝手にクラリスだと思い込む。
そうしてそんな思い違いのまま、彼らを結婚させるべく動き出した。

パラサイトハウスと言うテレビの企画と共に、パラサイト5のメンバーたちと共同生活を送った彼女。
その1ヶ月の日々の中で、彼らに恋愛の講師をつけて指導したり、彼女が疑似恋愛相手となり、メール交換したり擬似デートしたりもした。
そうしてその都度、彼らにあったアドバイスも送っていた。

最初は個性的過ぎる彼らは、女性会員からの受けも悪かった。
いいのは全員見た目だけだったから。

けれど番組を通じファンが増え、彼ら目当てで登録した会員も増えた。
だからこれなら彼らを結婚へと導ける!と彼女が期待した頃、パラサイトハウスは終了し、彼らとの生活も終わりを告げた。

バラバラだったメンバーたちも、終わる頃にはすっかり打ち解け、別れを惜しむように。
そうして新たな婚活をしようとした矢先、メンバーからメールが届いた。
キューピット・コーポレーションを退会したいと言うものだ。
なんでも共同生活の中自分を見つめ直した結果なのだと言う。

そうして彼女のミッションも終わりを告げた。
任務完了で終わる予定が、残念な形の終了だ。
それがとても寂しいと思った。
そして何より、学生時代共に過ごした彼と、パラサイトハウスで過ごす中、あの頃を思い出していた彼女は、再び彼のいない生活に戻る事を寂しいと感じるように。

一方CC(キューピット・コーポレーション)を退会した彼は、昔からの夢である車の雑誌の記者を目指す事にした。
学生時代彼女がクラリスとボイス交換アプリで遊んでいた時、「好きな人とはずっと一緒にいたい」とクラリスが言った言葉が、アプリの機能で彼女の声で聞こえたことがあった。
それをたまたま耳にした彼は、彼女と共に少しでも長く過ごせるようにとフリーのエディターとなったのだ。

けれど社会人になった彼女と話した時、「夢に向かって頑張っている人を見ると、自分も頑張ろうと思う」と言う言葉を聞き、このままではいけないと考えたのだ。
そうしてしっかりと自分を見つめ直し、夢に向かう決意をした。

裏切りの記事

ギルが居なくて寂しい、ギルに会いたい。

パラサイトハウスでの共同生活が終わり、CCを退会してしまった事もあり、彼に会う理由が無くなってしまった彼女。
その上彼は無事憧れの雑誌の記者として働く事になり、忙しくもしていた。

そんな風に急に彼が遠くなった事で、彼女は自分の中に生まれた感情を知る事となった。
けれどなぜそんな風に思うのか、分からなかった。

そんな時、彼のアパートで異臭騒ぎが起き、アパートを修繕する間は他で暮らして欲しいと追い出されてしまった。
異臭騒動をテレビで観ていた彼女とクラリスは、彼を以前のように迎え入れる事に。

そうしてまた彼との生活が始まった。
仕事から帰れば彼に会える日々は昔に戻ったようでとても楽しかった。
そんな楽しい日々の中、彼女は彼がずっと好きだったのはクラリスではなく彼女だと知り、また自身の彼への恋心にも気付いてしまった。

だからアパートに戻れる事になったから、と彼が出ていこうとした時、思わず言ってしまったのだ。
イヤ」と彼の手を取って。

そうしてやっと長い長い彼の片想いは報われ、二人はついに結ばれた。
嬉しかった。
幸せだった。

そうして彼より早く目覚めた彼女は、今まで決して彼女の体から離れなかったキューピットの矢のペンダントが体から外れている事に気付いた。
そして彼のケータイにメールが届いた事も。

思わず画面を見ると、会社や彼女を誹謗中傷する記事が目にとまった。
だから見てしまったのだ。
いけない事だと思いながら。

彼女を誹謗中傷する記事が添付されたメールは、彼の同僚と思われる人からのもので、最後に「確認してくれ」と記されていた。

夢だった記者になれたと喜んでいた彼。
けれど書いている記事は彼女を会社を貶めるものだった。

ギル、あなたはこんな事を書きたくて記者になったの?

いつも優しかった彼。
その優しさに嘘偽りはないと信じていた。
でも今は違う。
彼の記事を見てしまったから。

だから彼女を家を飛び出した。
行く宛てなんてなかった。
でも彼のそばにいる事は出来なかったから。

6年ぶりの里帰り

飛び出して辿り着いたのは近所の公園だった。
彼女はそこで、深夜にもかかわらず雄鶏の鳴き声を聞いた。
驚いていると、雄鶏は彼女のもとへと近づいてきた。

その雄鶏は父の神獣で彼女にも見覚えがあった。
だから思わず声をかけてしまったのだ。
父の神獣よね?と。

すると神獣は彼女を探しに来たといい、神界が大変なことになっているから、助けて欲しいと言われたのだ。
彼の裏切り行為に傷ついていた事もあり、彼女は神界への里帰りを決意。
そうして6年ぶりに我が家へと足を運んだ。

大変な事とは、相性の悪いカップルの喧嘩が絶えなくて困っているとの事。
キューピットの矢には二種類あり、縁結びの金の矢と、縁を切る鉛の矢だ。
今回使用するのは、彼女が置いてきてしまった金の矢ではなく鉛の矢。

そうして彼女は泉を除き、争うカップルへと矢を放つ。
彼への苛立ちもあり、「とっとと別れてしまいなさい」と爽快な気分で矢を放っていた。

所が数日そんな事を続けるうちに疑問が湧いていた。
最初こそ本当に争いの絶えないカップルばかりだったが、今日届いた別れさせリストなど、「言葉が足らずすれ違う二人」と言うものだった。

そんなものは神の力を使わずとも、当人たちの話し合いで十分解決するものだ。
相変わらずなんでも神の力で介入し、人間自身の力を信じない父の傲慢さに腹がたった。

しかもリストの名前を見ていると、彼の兄カップルの名前が出てきた。
兄は彼女が里帰りをする数日前に、彼らのもとにやって来て、実は車が好きではなく、後継の婚約者に恋をしていたから、その恋を成就させるために後継になったと言うのだ。
そのため車に関して何も分からず、苦しくて逃げ出したい。
本当はハンバーガーショップをやりたかった
と泣きついた彼の兄。
けれど恋人に車が好きじゃなく跡を継ぎたくないなどと話したら、別れられてしまうと案じていたのだ。

そんな彼の兄に、正直に本当の気持ちを話してほしいと伝えたばかりだった。
今リストに載っていると言う事は、まだ話が出来ていないのだろう。
けれど何も鉛の矢で別れさせる必要はない。
恋人はそんな彼の兄を愛してくれる可能性だってあるのだから。

そうして彼を思い出し、会いたくなった彼女。
だってあの時は勢いで出てきてしまっけど、どう考えてもおかしいのだ。
彼女の記憶を遡ってみても、彼はそんな記事を書くような人間ではないと、今ならはっきり分かるから。

そうしてどうしても彼に会いたくて、人間界に戻りたくて堪らなくなった時、とてつもない大きな音がした。

行け、バンブルピッグ!

幸せな夜を過ごした彼は、目覚めて彼女家に居ない事に慌てていた。
家中探しても姿は見えず、枕元に彼女がいつも身につけていた金の矢があるだけ。
彼女から連絡はないかとケータイを見てみると、そこには例の記事があった。

あの記事はライバル会社がネガティブキャンペーンとして出す予定だったもの。
事前に彼が見つけて、ある事ない事好き勝手彼女を中傷している事に耐えられず、記事を書いた記者を見つけ、お金で記事を差し止めようとしていたのだ。

そうして同僚が記事を書いた記者を見つけてくれたので、この記事で間違い無いか?と確認するためのメールだった。
けれどあのメールだけを見たとしたら、誤解されるに決まってる。

だから彼は仕事も放り出して何日も彼女を探して、ついに倒れアランに保護された。
そうしてそこにはクラリスもおり、彼女はキューピットで神界に帰ったと教えられた。
ずっと彼女の事を天使みたいな子だと思っていた彼にとって、納得の説明だった。

だから彼は彼女がキューピットだと受け入れた上で、彼女を取り戻したくてクラリスに言われた通り神界へ行くことに。
彼女の忘れた弓矢は天を指していた。
そのエネルギーを利用すれば行けるんじゃないか?と言うクラリス。

そこで彼は考えた。
自分が昔から手掛けていたあの車を完成させればいいのでは?と。
そうして車を仕上げた彼は、燃料の代わりに車に金の矢を突き刺した所、車はなにかを吸い込み、凄い勢いで天へと向かった。
そうして神界のゲートの柱に突き刺さって停止したのだった。

彼の車が突き刺さった音に、彼女と彼女の父が現れた。
彼が来て誤解を解いてくれたお陰ですぐに人間界に帰ろうとした彼女。
しかし父は彼女を返すつもりなど更々なかった。

理由は彼女が彼の名を呟き泣いていたから。
神といえど娘は可愛い。
そんな娘を泣かせた人間に、大事な娘を渡してなるものか!
だから父は「娘を連れて行きたいのなら、私を倒せ!」と言う。
相手は軍神マーズだ。
怒りに父の体はぐんぐん大きくなった。

けれど彼は怯まなかった。
彼女のお父さんと戦うのは本意ではないけど…」と、乗ってきたバンブルピッグに乗り込み、みんなの前であのトランスカーズのようにトランスフォームさせ、ロボットに変形。
そうして巨大な父と戦った。

ロボットと言えども神には勝てず、それでも何度も挑み、ついにマーズに一撃を喰らわせた。
そんな彼の行動と、彼女へのストーカー並みの想いや行動を語られた父は、渋々娘を託す事を決めたのだった。

縁を結ぶ車

父にも認められ、人間界へ戻った彼女。
どうやら神も人に恋をすると、人間になってしまうらしい。
もう神界へは帰れないけれど、彼女はそれでも彼を選んだ。

そんな彼の元へ父親から連絡が入った。
彼もまた父と話を出来ていない。
でも彼も前に進むため、彼女を伴い父と向き合う事に。

すると父は突然長男に「会社は継げない。ハンバーガー屋になる」と言われ困っていると言うのだ。
そう、兄はついに自分の気持ちを伝え、恋人にと共に新たな道へと踏み出したのだ。
だから今度は彼の番だ。

父のように仕事人間になりたくなかった事、自由恋愛をしたくて家を出た事を告げた上で、車が好きだから継いでもいいと。
そうして彼女と結婚すると告げた彼。

厳しかった父は、代々続いた会社を守るため、威厳を…と思うあまり今のようになり、仕事も家族のために頑張っていただけだった。
そして何より父は大の車好きで、彼が有名な車雑誌の記者である事を喜んでもくれたのだ。

そうして父と和解した彼は、会社を継ぎ、彼女もCCへと戻った。
忙しいながらも幸せな時を過ごす二人は、その後結婚した。
式の参列者の三分の一は神界からの参列者と言う異例の結婚式だ。

幸せに暮らす二人の縁を結んだバンブルピッグは、今もロサンヨークに移転したLCI本社に飾られている。
そして今ではLCI社の車に乗ると結ばれると言う噂が広まっている。
それはバンブルピッグ刺さったままの金の矢と、エンジンがかかった時に吸い込まれた魂の仕業だった。
その力が社内に展示されている車に広がっているのだった。

更には自走可能なバンブルピッグは、自ら夜になると外へ出て、勝手に縁結びもしているんだとか。

そんな話を叔母の部屋で聞く彼女の父は、今では人間の凄さを認め、人間界のニュースもチェックしている様子。
きっと神じゃなくなっても、親子の絆はちゃんと繋がっているのだろう。

そんな風に神にまで見守られる二人だから、これからも幸せに過ごしていく事だろう。

その他のキャラのネタバレ(あらすじ)

シェルビー・スネイル

ラウル・アコニット

螢彩院・F・琉輝

アラン・メルヴィル

隠しキャラ

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました