Collar×Malice Unlimited

235本目の乙女ゲーム。
オトメイトさんのPSVita用ソフト。
Collar×MaliceのFDという位置づけで発売されたもの。


X-Day事件の最中に起こった、前作で語られなかったエピソードInterlude。
キャラごとのAfter Story、そしてアドニスの物語とサイドストーリーが収録されている。

スポンサーリンク


作品紹介

アドニスにより首輪をつけられてしまった彼女が、それがキッカケとなり探偵事務所の柳、榎本、笹塚、そして白石と共にX-Day事件の捜査を始めたばかりの頃の話。
時折勝手に事務所に入って来る、彼らの護衛と言う名の監視役の岡崎も含め、まだぎこちない時間を過ごしていた彼女。


今日も事件についてみんなで話していた時の事、突如岡崎が現れた。
しかも今日はまともにドアから入って来るではないか。
そんな彼に一同驚きを隠せずにいると、岡崎は橘千聖と言う男を紹介した。
橘は外に居た所を岡崎に声を掛けられ連れてこられたらしい。
なんでも彼の友人の松島翔太が、アドニスの関係者ではないか?と言うのだ。


松島はパソコンに詳しく、以前彼のメールに12月7日、8日に起きたX-Day事件の事が書かれていたのも見たし、パソコンには怪しいファイルが沢山ありアドニスマークもあった。
極め付けは彼の部屋にあった手紙。
その松島と12月5日以来連絡が取れず、心配しているのだと言う橘。


橘が持ってきたその手紙は、以前探偵事務所に置かれていたもので、封蝋も同じものだし、インクも同じように見える。
表向きは探偵事務所となってはいるものの、本来その活動は独自にX-Day事件を探ることを目的としている彼らなので、基本依頼は受けない。
けれど橘の友人の松島と連絡が途絶えた日と、彼女が首輪をつけられた日が同じなのと、持ち込まれた手紙、さらにはアドニスが絡んでいる事から、今回は特別に依頼を受けようと言う話になったのだ。


そうして捜査に乗り出した探偵事務所のメンバーたちだったが、その捜査の途中で………。


攻略キャラ

 ・柳愛時(cv.森田成一さん)
 ・岡崎契(cv.梶裕貴さん)
 ・榎本峰雄(cv.斉藤壮馬さん)
 ・笹塚尊(cv.浪川大輔さん)
 ・白石景之(cv.木村良平さん)


キャラ別感想&ネタバレ

 ・榎本峰雄(Interlude)
 ・岡崎契(Interlude)
 ・笹塚尊(Interlude)
 ・白石景之(Interlude)
 ・柳愛時(Interlude)
 -----
 ・榎本峰雄(After Story)
 ・笹塚尊(After Story)
 ・白石景之(After Story)
 ・岡崎契(After Story)
 ・柳愛時(After Story)
 -----
 ・ADONIS
 -----
 ・全体


協力:元カレたちのストーリー「Collar×Malice Unlimited」


好きキャラ

1.峰雄さん
2.笹塚さん
-----
柳さん、白石さん、岡崎さんは同じくらいの好き。


やっぱり圧倒的にこの二人が素敵でした。
峰雄さんは本編の時と変わらず大好きになりましたし、笹塚さんは犬のエピソードがすごく素敵でした。
後、笹塚さんのシナリオで、オトメイトの他の作品の名前がちらっと出てたりした所が、嬉しかったです。
冥土の羊とか、めろめろの術とか。


岡崎さんに関しては「はぁ?」っとなる事件があり、本編攻略時の方が好きかな?と。
それだけは残念な所です(笑)


オススメ度&満足度

オススメ度:★★★★
個人的満足度:★★★★★


Pocket

スポンサーリンク