ヴァルプルガの詩【大神龍丸】

この記事は約7分で読めます。

キャラクター紹介

CVは小野賢章さん。
大神一族の次期長候補の一人。
双子の兄のトラと共に、主人公と同じ高校に通っている。


通学路でよく出逢う犬の片方が彼。
その正体は犬ではなく狼…正確には人狼。


謎の青年に追われる彼女を彼の使命から守る事となり、親しくなった。

スポンサーリンク


感想

クールでひねくれている彼ですが、分かりづらいだけでとても優しい人でした。
最近こういうタイプにものすごい弱い気がします(笑)
双子ならとりあえず暗い方が好きみたいです(笑)


双子二人共凄い素敵で、立場的にいつも傍に居て守ってくれるので、イヤでも好きになってしまう!


一緒に居る時間が増えると、あんなに可愛げ無かった彼が、少しずつ可愛い所とか見せてくれて。
弱い所を見せてくれ、抱えてる事とか知ってしまうと、双子の兄攻略しづらくなるので、ぜひ兄の方から攻略する事をオススメします!


トラくんは放っておいてもなんとかやっていく気がしますが、リュウくんは心配で傍にいたくなる感じの儚さもあったりする所が、またそこがたまらなく好みでしたね。


そしてENDの終章、凄くないですか?
○○と思わせといて、そうなって。
挙句甘すぎるあのアニメっぽいシーン!
もう最高でした。


そしていちいちスチルがセクシーな雰囲気なのも良かったです(笑)


リュウくん、本当にものすごい好みで、また賢章さんが素敵に演じてくれるので、ものすごいときめきました。


賢章さん、他の人攻略しづらいくらい、素敵なリュウくんをありがとうございました。
最高でした!


ネタバレ(あらすじ)

あの時、君がトラじゃなくボクを選んでくれた事、凄く嬉しかったんだ。
それだけで報われた気がした。

抱き続けた恐怖

ずっとコンプレックスだった。
力の強いものしか生き残る事が出来ない一族の中で大した力もない自分が、トラのおかげでおまけみたいに長の名代になってる事が。



いつだってトラには敵わなかった。
長候補だと見込まれている攻撃力の強いトラに対し、彼は治癒能力に長けていて。
でも、それは彼らの使命である禍を払う事には使えない。
役に立たない力。


力の弱いものは一族の中に居る事が許されず、力を封じられ、人狼ではなくただの狼として追い出される。
群れを持たない、狼として暮らした事のないものが、一人山の中に放り出されて生きて行けるハズなどないのに。


だからいつも怯えていた。
いつか自分も必要ないと、一族の中から追い出されるのでは?と。


高い治癒能力を持ちながらも、その力を使う度、夜は熱にうなされる日々。
けど、誰にも言えなかった。


だって自分はただでさえも役立たずなのに、その上熱の事を知られたら、出来損ないとみなされて、追い出されてしまうかも知れなかったから。


けれど、守る対象である彼女に、そんな弱い部分を見られてしまった事から、おかしくなってしまった。


本当はそうじゃないのかも知れない。
もっと前からだったのかもしれない。
小さい頃、出会ったあの日から、ボクは彼女が好きだったのかも知れない。


嫁候補

隠世からやってきた化物。
禍を撒き散らすそれを追い払う事が大神一族の使命。
そしてその化物はなぜか彼女に執着しているため、必然的に彼女を守る事になった彼とトラ。


ある日、執拗に彼女を追い回す化物が、彼女に自分の血脈を与え、隠世に唯一なる貴重な実を食べさせた。
ざくろに似たそれは、人が口にすれば不老不死になり、人狼の彼らが口にすると、その力を強化するという。


そうして血脈を与えられた彼女は、普通の人間から次第にあの化物…謎の青年と同じものに作り変えられて行った。


そんな彼女の周りには、彼女を狙う禍が現れ、その禍に触れた人々が体調を崩し、学級閉鎖、休校…と周りの状況が変化していく。
最終的には市から避難勧告が出される程の騒ぎに。


禍に触れると異形となる彼女は、隠世の者にとって格好の餌となってしまった。
だから被害が広がると共に、大神一族の屋敷に匿われる事に。


何度か泊めてもらった事のあるそこに、今度は嫁候補という形でお世話になる事になった彼女。


そうして先代は言った。
トラかリュウか、長にふさわしいと思うものを選びなさい…と。


実を体内に宿し、あの青年の血脈が心臓に植え付けられている彼女の血は、それだけで彼ら一族の力になる。
けれどその血を与えられたものは、血に魅せられたかのように狂い、理性を失くし、貪り尽くしてしまうかも知れない。


彼女にとってはとても危険な選択。
それでも彼ら双子を信頼しているから。
今まで沢山守ってもらったから、自分で役に立てる事があるのならと、嫁として大神一族のお世話になると決意したのだ。


自分が選ばれたい

その時もトラが選ばれるだろうと思っていた。
誰もがトラが長にふさわしいと思っていたから。
そしてトラ自身もそれを望んでいた。


逆に長に全く興味の無かった彼。
けれど、事情が変わってしまった。
だって彼女が長の嫁となるのだから。


だからトラが選ばれる、トラがふさわしいと思う心の片隅で、自分が選ばれたいという気持ちが湧き上がった。


そうして彼女に選ばれた時、本当に嬉しかった。
だって、自分という存在を認められた気がしたから。
彼女に、ずっと小さい頃から好きだった彼女に。


命がけの戦い

そうして彼女の血を与えられた事で、今まで霧を出す事と治癒の能力とは別に使われていたけれど、霧に治癒の力を宿す事が出来るように。
すなわち、その霧の中で戦うのなら、自分の味方たちは、無敵状態で居られる事になる。
傷を与えられても、霧によりすぐ回復させる事が出来るから。


とても敵うハズなどないと思っていた化物。
けれど、この霧の中でトラの攻撃力を使えば勝てるかもしれない。


そうして長となったリュウの指示で最終決戦が。
自分が霧を発するから、トラを中心に牙が攻撃するという作戦。


けれど、元から力を使うと熱を出す彼。
今回の戦いであの化物を倒すためにかかる時間、その時間の間中霧を持続させる事は相当な負担。
だから彼は考えていた。
この戦いで死んでしまう事を。
そうして詳しい理由を話す事なく、双子の兄に、決戦後に長を譲る事を発表し、挑んだ戦い。


助けられない

彼の霧と、機転のおかげで無事に化物を撃退した大神一族。
けれど、その戦いの一番の功労者である彼は、戦いが終わった直後倒れてしまった。


しかし彼女の血には力があった。
だから彼を助けるためなら、自分の血を与えたい…そう申し出たが、化物自体が消滅した事により、彼女の血液に特別な力はなくなってしまった事が判明。
もう彼女の力では、彼を助ける事は叶わない。


助けられない、何も出来ない。
大切な人が死んでしまうかも知れない。

そんな中、ただ傍に寄り添う事しか出来ない彼女。


それでも彼が好きだから、死なないでと強く願い、その唇に自らのそれを押し当てると、彼が目を開いた。
そうして生きている事に驚いた彼だったが、「良かった。まだ君に言ってない事があったから」と小さくつぶやく。
そして「小さい頃からずっと、君が好きだよ」と、その一言を告げて、再び目を閉じてしまったのだ。


目を閉じた彼からは、鼓動が感じられず、ただ愛する人を失ったと涙する彼女。


君と同じもの

所がその後、奇跡的に一命を取り留めた彼。
けれど、彼の中から人狼としての力は消え、予定通り兄のトラが長の座につき、力を失った彼は里に降りて一人暮らしをしながら再び彼女と同じ学校に通う事に。


あの時は嫁として大神一族の元に行った彼女。
でも、今はただの恋人どうしの二人は、普通の高校生らしく恋愛を楽しんで過ごせるように。


人狼としての力は失ったけど、一番欲しかったものは手に入ったから。
寧ろこれで良かったのかも知れない。
ボクも君と同じものになる事ができたんだから。

そんな風に思える彼は、今ではただの恋人になってしまった彼女を、いずれ本当に嫁として迎えるつもりで頑張っている。


そう遠くない未来、本当に夫婦となって、きっと二人でしあわせな家庭を築く事だろう。


他のキャラのネタバレ(あらすじ)

大神虎丸

ヴァルプルガの詩【大神虎丸】
3Daisyさん、PROTOTYPEさんのPSVita用ソフト「ヴァルプルガの詩」で小野友樹さん演じるキャラクター,大神虎丸の感想とネタバレ(あらすじ)をまとめました。

謎の青年

ヴァルプルガの詩【謎の青年】
3Daisyさん、PROTOTYPEさんのPSVita用ソフト「ヴァルプルガの詩」で柿原徹也さん演じるキャラクター,謎の青年の感想とネタバレ(あらすじ)をまとめました。


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました