スチームプリズン-7つの美徳-

この記事は約5分で読めます。

242本目の乙女ゲーム。
HuneXさん、dramatic createさんのPSVita用ソフト「スチームプリズン-7つの美徳-」の作品紹介です。
攻略キャラ、キャスト、キャラ別感想&ネタバレ(あらすじ)、全体の感想をまとめました。

スポンサーリンク

作品紹介

主人公の住む世界は、その昔大洪水に見舞われた。
その時洪水を逃れ、空に造った街で暮らし始めた人々がいた。
その世界はのちに上界と呼ばれるように。
そうして人々は、自分たちは選ばれた人間だから、こうして上界へと逃げられたのだ…と思うように。

そんな世界で政治家の家系に生まれた彼女は、父の跡を継いで政治家になる事を期待されたものの、じっとしている事が苦手だからと、警察官の道を選んだ。
人を助けたい、でも動ける仕事が良かったのだ。

けれど、警察官を選んだ理由はそれだけではない。
まだ彼女が幼かった頃、彼女の家に伝わる大切なペンダントをなくしてしまった事があった。
探しても見つからず、困っていた所で警察官に声をかけられ、遅いから帰るようにと促された。

一度は警察官の言う通り帰宅し、夕飯を食べベッドに入った。
けれどやはりペンダントが気になり寝付けなかった。
だから彼女はそっと家を抜け出したのだ。

暗い夜道、灯りを頼りにペンダントを探していると、またあの警察官に声をかけられた。
また家に帰るように言われるのだろう…と思った彼女だったが、なんとその警察官は彼女の探し物を見つけてくれていたのだ。
そうして警察官に送られ、無事に帰宅した彼女は、その時の事が忘れられずこの仕事を選んだのだ。

男はばかりの職場。
嫌な思いをする事はたくさんある。
それでも人々の役に立てる事は、とても誇らしかった。
何より彼女には、優しいフィンと言う相棒が居てくれたから。
優しい年上の相棒は、彼女が警察官になってから、二年間ずっとパートナーとして働いている。
もう家族のような大事な存在だ。

そんなフィンに彼女は下級警察官から中級警察官への昇進試験の際、一人で受験するのは心細いからと、頼み込んで一緒に受けて貰ったのだ。
そうして二人は無事に中級警察官試験を突破。
残すは下界への研修のみだ。

下界とは大洪水に見舞われ上界の人間が捨てた場所で、今は犯罪者を収容する為に使われている場所だった。
知識として知っているだけのそこは、二人にとっても未知の場所で、恐ろしくもあった。

そんな下界への研修を控えた前日、彼女はフィンを伴いウエディングドレスの試着に来ていた。
結婚を控えているのだ。
…とは言っても、上界での結婚は少し特殊だった。
適齢期になると神官院が相手を定め、その定められた相手と婚姻するのだ。
そこに二人の意思はない。

もともと恋愛にも興味がなかった彼女は、決められたから渋々と言う具合で、全く結婚に乗り気ではなかった。
けれど大変家柄のいい相手を選ばれた事から、両親は乗り気で、毎日ドレスの試着をして来いとせっつくのだった。
そうして仕方なく試着にやってきたと言うわけだ。

渋々ドレスを試着した翌日、彼女は相棒と共に下界へ。
そこで下界を統括する組織HOUNDSを知る事となる。
下界には罪人が送られ、このHOUNDSが管理する事になっていた。
罪人の暮らす保護区域と呼ばれる世界では、HOUNDSには逆らえない。
HOUNDSのリーダーのザクセンは、保護区域の法なのだ。

そんなリーダーに彼女は逆らった。
彼女にぶつかった子供をリーダーが殺そうとしたからだ。
弱き者を助け守る。
それが警察官の務め
だと思っているから。
それが上界ではない場所だとしても、彼女の信念は曲がらない。
だからリーダーとの私闘が始まった。

女ながらも警察官の中では手練れな彼女。
けれど実戦経験豊富なザクセンは、更に上を行くようで押されてしまう。
いよいよ危ない…と言う所で、何処からともなく銃声が響き、他のHOUNDSメンバーが駆けつけた事で、私闘は決着がつかぬまま終わる事に。
けれどザクセンは刃向かった彼女が気に入らない。
いつか思い知らせてやりたいと思っていた。

そうしてそのいつかは意外と早く訪れた。
彼女が罪人として送られてきたからだ。
罪状は殺人。
両親を殺した罪…と言うことだった。

けれど彼女は何も分からない。
夜に物音がして部屋を出ると、居間の明かりがついていたからドアを開けたら、何者かに殴られ気を失った。
気づいた時には居間には父と母が血まみれで倒れていて、彼女は凶器と思われるナイフを握りしめていたのだ。

全部話せば捜査してもらえると思っていた。
自分の話を信じてもらえると思っていた。
なのに取り調べらしい事もなく、ろくに事情すら聞いてもらえず犯人とされてしまった。
そうして下界へ罪人として送られた彼女。

身の潔白を証明したいと思いながらも、下界と言う過酷な環境で女一人で生きていかなければならなくなった彼女の運命は………?

キャラクター紹介

・エルトクリード・ヴァーレンティン(CV.白井悠介さん)
・ウルリク・フェリエ(CV.高塚智人さん)
・アダージュ(CV.古川慎さん)
・イネス・ハインリヒ・ハイネ(CV.君嶋哲さん)
・ユネ・セキエイ(CV高瀬泰幸さん)
・フィン・ユークレース(cv.新垣樽助さん)

キャラ別感想&ネタバレ

エルトクリード・ヴァーレンティン
ウルリク・フェリエ
アダージュ
イネス・ハインリヒ・ハイネ
ユネ・セキエイ
フィン・ユークレース
-----
グランドエンド
-----
全体の感想

協力⇒元カレたちのストーリー「スチームプリズン-7つの美徳-

オススメ度&満足度

オススメ度:★★★★
個人的満足度:★★★★★

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました