スチームプリズン-7つの美徳-【グランドエンド】

この記事は約2分で読めます。

HuneXさん、dramatic createさんのPSVita用ソフト「スチームプリズン-7つの美徳-」グランドエンドの感想とネタバレをまとめました。

シナリオ紹介

全てのキャラを攻略後オープンするシナリオ。
攻略キャラ全員登場し、ついにあそこでのエンディングを迎える事が。

ネタバレは箇条書き的に、流れを書かせていただきます。

スポンサーリンク

感想

すごく良かったです。
特に攻略キャラが居るシナリオじゃないので、最初は見ようか迷いました。
が、やって見て本当に良かったです。

何が嬉しかったって、毎回確実に起こるあの事件を回避出来る事!
そして今までエンドが同じ場所なのが気になってましたが、ここに来るためだったんだ…と思えました。

いつかこうなるといいのにな…と思っていました。
けれどそれはずっと先かもしれないし、ずっと来ないかもしれないと思っていました。
所がこんな形で実現してくれるなんて!

私のように気になるキャラは攻略終わったし…と思った方!
ぜひ挑戦してみてください。
すごく素敵なシナリオでした。

ネタバレ

主人公の両親が殺されない。
夜、物音に気付いた主人公は剣を手に様子を見に行き、まだ彼女の両親を手に掛ける前のフィッツジェラルドを捕縛。
その後神官院へと連行し、フィッツジェラルド親子共々勾留される。

今回の事件は政治の腐敗が招いたとされ、ユネは新しい議会を発足しようと試みる。
下界からも政治に参加してもらうため、適当な人材を見つけて来るようユネ直々に彼女に指示。

下界からエルト、ウルリク、アダージュ、イネスを連れて来る。
戻るとエヴァンス親子が実権を行使し、ユネは軟禁状態、戻った彼女たちも警察官に囲まれた。
その後、フィンの協力により彼女の家に避難。
フィンも含めたメンバーで、ユネを救出。

グリッサードが事件に絡んでいる事を知らされ、下界で逮捕され、ザクセンにより上界に連行されて来る。

ユネを中心とし、今回集まったメンバーで新しい議会について話し合い、下界も交え政治を行うことに。
それぞれの得意分野を互いに共有する事で、さらなる発展を目指す。

新議会が発足する事となり、選挙で議員が選ばれた。
フィンの父や、エルト、イネス、そしてザクセンまでも当選し新しい政治が行われた。

国の人口統制の制度はなくなり、自由恋愛も可能となった世界。
人々は己の感情に従い、もう自由に恋をして構わない。
そして下界と上界の区別も、すぐにとは行かなくても次第になくなって行く事だろう。

彼女はフィンと共に中級警察官として民に忠誠を尽くし働いている。
それぞれがそれぞれの場所で、力を発揮し、より良い未来のために貢献していく世界。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました