ビルシャナ戦姫 ~源平飛花夢想~【佐々木高綱】

この記事は約9分で読めます。
Nintendo Switch用ソフト 
ブランド:アイディアファクトリー 
ジャンル:女性向け恋愛ADV 
発売日:2020年9月19日 
通常版:6,500円(税抜)

オトメイトさん、REDさんのNintendo Switch用ソフト「ビルシャナ戦姫 ~源平飛花夢想~」で天月さん演じるキャラクター、佐々木高綱の感想とネタバレをまとめました。

スポンサーリンク

キャラクター紹介

※「ビルシャナ戦姫 ~源平飛花夢想~」は乙女ゲーム制作ブランド『オトメイト/RED』の作品です。
 バナーの画像はこちらからお借りしております。

CVは天月さん。
伊豆で蟄居中の頃から頼朝に仕える。

人懐っこい性格で、頼朝にも畏まらず話すことが出来る。
頼朝軍に参陣した彼女と頼朝の距離が近づくようサポートをしてくれた人。

頼朝ルートからの派生。

感想

エンドがあるサブキャラという事で、攻略キャラよりは手短に感想を語らせて頂きます。

うたプリで言うなら音也くんタイプ。
大変好みです!
見た目も目が大きくて、年下感ある外見はとても好きです。

魅力的なサブキャラばかりな中、声優が天月さんと言うこともあり、楽しみにしていました。
そして実際に攻略してみて、とても素敵な人でした。

主人公が得体の知れない自分の中の力に怯えても、太陽のような彼の明るさが、彼女の不安を吹き飛ばしてくれる感じで。
ひだまりのようなポカポカした感じも大変好ましく思いました。

天月さんにはぜひいつかメインキャラで出て欲しいなって思います!

ネタバレ(あらすじ)

怖いならなにか方法がないか、一緒に考えよう。
俺も支えるから。
頼朝様を守ってくれてありがとう。
今度は俺も隣で戦うからね。

俺から抱きしめるくらいがちょうどいい

平泉で充実の日々を過ごしていた彼女。
しかし兄が兵を挙げたと聞き、参陣するために平泉を出立。
平泉に来る際には、弁慶と春玄の二人だったのに、今は佐藤兄弟も共に居てくれる。
随分と大所帯になってきた。

しかしその頃、頼朝の部下である彼は、頼朝の命により彼女を自軍に引き入れるための使者として、平泉を訪れていた。
そう、二人は入れ違ってしまったのだ。

たどり着いた平泉で、彼女が既に頼朝軍に合流すべく平泉を立った事を知った彼。
すぐさま彼女を追いかけた。

そうして無事に彼とも会え、兄と合流を果たした彼女。
彼女にとって兄は唯一の家族。
しかし今まで一度も会った事がなかった。
だからどうしても兄に対して距離ができてしまうのだ。
一方ずっと伊豆で共に過ごしていた彼はと言えば、まるで本物の兄弟のように頼朝と親しかった。

だから彼を羨ましく思った彼女。
そうして彼もまた、頼朝と彼女が兄弟らしくもっと近づくけるように…、頼朝の補佐と言う自分の仕事を彼女に手伝ってもらう事を提案した。

ごく親しい仲間とだけ過ごして来た彼女。
そしてこうして陣営に参加する事も初めて。
だから頼朝の補佐の仕事は覚える事も多く、彼のようにうまくこなせなかった。

それでも持ち前のまじめさで真摯に取り組み、なんとか形になってきた。
それも彼が傍でいい先生として活躍してくれたからだ。
彼の仕事ぶりは大変勉強になった。
いつも明るい彼は、兵からも気軽に相談できる存在だったし、困っている兵たちが声をかけると、笑顔で対応していた。
頼朝の陣営の事に精通しており、やるべきこと・やる順番などもしっかり把握しているのだ。

そんな彼の仕事ぶりを見ならいながら、少しでも近づこうと努力する中、彼女も一人でもそつなく仕事をこなせるように。
そればかりか、いつも一緒に仕事をしているからか、二人の連携の取れた仕事ぶりも素晴らしいものに。

そんな彼女に彼は言うのだ。
初め兄弟で仲良くできるように…って思って提案したけど、今は二人じゃないとしっくりこないくらいだよ」と。
最高の相棒ということだろうか?」と彼女も彼の言葉にまんざらでもない様子。
そんなか彼女のはにかむ笑顔に、彼は思わず彼女を抱きしめた。
いつも真面目で一歩引いてるあなたには、俺から抱きしめるくらいがちょうどいいよ」といたずらに笑いながら。

脳裏に焼き付く屍の山

平家討伐のため、頼朝軍は富士川へと進軍。
彼女にとっては初陣となる戦だ。
にも関わらず、彼女は今回の戦の要とも言える奇襲を任されてしまった。

依頼された任務だ、当然不満はない。
ただ不安はつきまとった。
彼女たちは富士川を渡って攻める事になるから。
果たして何事もなく無事に素早く渡り切る事はできるだろうか?と。

そうして案じながら川を眺めていると、そこに彼が現れた。
彼女の様子を気にかけてくれる彼に、不安を話すと騎馬の練習に付き合ってくれるというのだ。
明日は騎馬の技量が試されるだろうから、慣れておいたら安心だよ」と。

彼は物心ついた頃から馬に乗っていて、騎馬での戦いがとても得意なのだ。
そんな彼と共に長時間練習した事で、彼女も随分と騎馬戦に慣れたようだった。

長い時間働いてくれた馬たちに、美味しい草を食べさせようとの彼の提案に馬を移動させると、そこに鳥が隠れていて急に飛び立った。
そうして馬は鳥に驚き、彼女は馬から落とされてしまった。
するとすかさず彼が彼女を助けてくれた。
自分だって危ないはずなのに。

しかしとっさに助けた彼の手は、彼女の胸に当たっていたのだ。
その光景に慌てた彼女。
さらしで押さえてあるし、多分気付かれていない…とは思いつつも、気が気でない。
そんな焦りを見せる彼女の様子に、彼は彼で実はどこか怪我をしているのでは?と案じてしまう。
胸元を気にしている事から、胸に怪我をしているのでは?と。

だから見せてほしいのに彼女に断られているうちに、彼は気づいてしまったのだ。
彼女にはなにか隠したい事があるのだろう…と。
そして胸元をしきりに気にする事から、例えば女だったり…と。

鋭い彼の問に彼女は嘘がつけなかった。
頼朝の補佐の仕事でも助けられ、今回も助けられた。
彼には信頼をおいている。
嘘をついたままなのは忍びない。

だから女である事を告げた彼女。
しかしそんな彼女に、騙されていたと怒るでもなく彼は、「あなたが女として生きていたら、こうして出会う事もなかったよ」と、会えた事を喜び、全く気にしていないというのだ。

そんな彼の態度に安堵した彼女は、翌日、予定通り奇襲部隊として平家の陣を攻めた。
彼との練習の成果を発揮し、順調に行くかのように見えたものの、矢を射掛けられ仲間たちが大苦戦。
仲間を守りたい気持ちの強い彼女は、無意識にあの力を発動させたのだ。
そうして敵を蹴散らし、見事源氏を勝利に導き、頼朝の事も無事に守る事ができた彼女。

しかし意識が途切れる寸前、彼女はわずかに正気に戻った。
その時彼女は見てしまった。
目の前に広がる無数の屍の山を。
そうしてその光景は彼女の脳裏にしっかりと焼き付いたのだ。

頼朝様を守ってくれてありがとう

富士川の戦いで力を使ってしまった彼女は、その後寝込んでしまう。
頼朝が彼女を休ませてくれ、仲間たちには面会を許さず静養させてくれていた。

しかし一人で休んでいると、あの時の屍の山を思い出し、自分で自分が怖くなってしまった。
だから誰かと話したかったのかも知れない。

そしてそんな彼女の想いを察したかのように、そこに彼が現れたのだ。
頼朝様に面会は止められているけど、こっそり会いに来ちゃった…といつもの人好きのする笑顔で。

彼に会えて嬉しかったものの、気持ちは沈んでいる。
だからどうしても元気のない表情になってしまう彼女。
そして彼はそんな彼女の様子を決して見逃さない。
だから話を聞いてくれたのだ。

富士川の戦いで無意識で多くの人を殺してしまった。
私はどうしてしまったのだろうか?

そう案じる彼女に彼は「見てたわけじゃないから、あなたの辛さは分かってあげられない」と言った上で、でも頼朝様を守ってくれたのは、他でもないあなただよと。
今は自分を褒めてあげて」と言ってくれたのだ。

憎しみで自分を見失うなんて情けない。
そう彼女が嘆けば、また優しく慰める彼。
あなたは強い人だから、これからは見失ったりしないよ…と。

そうして怯える彼女に彼は言った。
怖いならなにか方法はないか一緒に考えよう。俺も支えるから」と。
そうして「頼朝様を守ってくれてありがとう。今度の戦は俺もあなたの隣で戦うからね」と。

彼が傍に居てくれる。
そう思ったら、あんなに怖かった戦への思いが少しずつ変化するのを感じた。
高綱がいてくれれば、きっと大丈夫…と。

未来の約束

富士川の戦以降の体調不良はすっかり回復し、彼と共に兄の補佐の仕事に戻った彼女。
そうして二人で仕事に励む中、近く戦があるため休養を取るよう兄が仕事を早めに終わらせてくれた。
急に時間ができた二人は、彼の提案で鎌倉の街を見て歩く事に。

きっと先日の話を気にしてくれていたのだろう。
ただ彼女を元気づけようと、彼は鎌倉見物に誘ってくれたようだった。
しかも彼の提案は予想外のものばかり。
そんな中、白粉や紅を見てみよう…などと言い出したのだ。

彼は彼女が女人である事を知っている。
けれど他の者には伏せている事だった。

だからと焦る彼女だったが、ここは鎌倉だから、誰も気付かないから大丈夫と笑う。
そうして二人で白粉や紅を見て楽しいひとときを過ごした。
しかし、その気持も影時の登場により沈んでしまう。
景時は近く戦があるというのに、街に出て遊んでいる二人を注意したのだ。

確かに景時の言う事にも一理ある。
だから仕方のない事かも知れない。
けれど景時は余計な事を言いだしたのだ。
頼朝が彼女を重用する事に不満を抱き、頼朝様だけでなく高綱までそうしてたぶらかそうとしているのだな?と。

当然の事ながら、兄も彼の事もたぶらかそうなどと考えた事もない。
ただの言いがかりだ。
だから訂正しようと口を開こうとした彼女だったが、それより先に彼が口を開いた。
景時殿は間違っている!」と。
この方はそんな人じゃない!」と。

そうして彼は景時から彼女を守った。
それだけではない。
景時も彼女に恨みがあるとか、嫌っている訳ではなく、頼朝の腹心としてまだ彼女を完全に信頼していないだけだ…とも教えてくれたのだ。

助けられた事に感謝の意を伝えると、「ちゃんと守れたかな?」と照れる彼。
あなたは大切な人だから。
仲間としては当然だけど、守りたい女の人としても、大切に思っているよ。
春玄たちより一緒に過ごした時間は短いかも知れないけれど、気持ちは負けない
と言う彼。

そんな彼の言葉に彼女は胸が高鳴るのを感じた。
そして「もっと頼って欲しい。あなたを支えたいんだ」と言う彼に、「私も高綱を支えたい」と素直な気持ちを伝えた彼女。

だから約束したのだ。
戦が終わって平和になったらまた遊びに来ようと。
そんな未来の約束と共に、彼は彼女の頬に唇を落としたのだった。

その他のキャラのネタバレ(あらすじ)

平教経

武蔵坊弁慶

春玄

源頼朝

平知盛

ifエンド

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました