ビルシャナ戦姫 ~源平飛花夢想~【平重衡】

この記事は約12分で読めます。
Nintendo Switch用ソフト 
ブランド:アイディアファクトリー 
ジャンル:女性向け恋愛ADV 
発売日:2020年9月19日 
通常版:6,500円(税抜)

オトメイトさん、REDさんのNintendo Switch用ソフト「ビルシャナ戦姫 ~源平飛花夢想~」で逢坂良太さん演じるキャラクター、平重衡の感想とネタバレをまとめました。

スポンサーリンク

キャラクター紹介

※「ビルシャナ戦姫 ~源平飛花夢想~」は乙女ゲーム制作ブランド『オトメイト/RED』の作品です。
 バナーの画像はこちらからお借りしております。

CVは逢坂良太さん。
平清盛の息子で、知盛の弟。
兄が大好きで、いつも兄について回る。

彼女と同じ異類の力の持ち主。
戦は好きだが戦略も何もなく、ただ力のままに戦うタイプ。
兄が彼女に見せた興味が気になり、彼女を探しに平泉までやって来た。

知盛ルートからの派生。

感想

エンドがあるサブキャラという事で、攻略キャラよりは手短に感想を語らせて頂きます。

今まで何度もいろんなシナリオで、彼を見て来ました。
逢坂良太さんがCVをされている事もあり、見た目も美形な事もあり、気になっていました。
でも、誰のシナリオでも結構残忍なイメージしかなくて(笑)

だから正直、どんなルートに、どんなエンドになるのかな?と、想像つかなかったんです。
こんな残忍な人と、恋愛なんて無理なんじゃないの?と思ってしまいました。

所が、すごい良かったです!
多分ifエンドある中で、重衡が一番好きですね!
メインキャラとして、じっくり彼と向き合いたかったと思うくらい。

サブキャラの中で一番期待していて、実際にいろんな人のシナリオで会って苦手になったにも関わらず、こうして自分のエンディングで私の心を奪うなんて(笑)
なんて悪い人なんでしょうか?(笑)

攻略できて本当に良かったです!
FD出す予定があれば、彼のルートはちゃんと作って欲しいなって思いました。
最高です。
やっぱり逢坂さんのキャラにハズレはないな…と実感しました。

ネタバレ(あらすじ)

お前との戦いが必然だとして、それでもどのような結末を迎えるかは、これから変えて行ける。

兄の興味の対象

五条橋で平家と一悶着起こした彼女は、平泉へ。
そこでの日々は平家に怯えることも、源氏の宿命に悩む事もなく、穏やかな日々を過ごしていた。
これこそ彼女の望む日々だった。

所が、そんな日々は長くは続かなかった。
常陸の佐竹氏が平泉を攻めて来たのだ。

元々奥州藤原氏と常陸の佐竹氏は、友好な関係を築いていた。
そんな佐竹氏が攻めて来る理由など、一つしかない。
佐竹氏は平家に与する家柄なのだ。

当然自分を匿った事が原因だと気づいた彼女は、佐竹氏との戦いに同行。
そうして佐竹氏の大将はあっさりと捕らえられたのだ。

捕らえた大将に継信が事情を尋ねると、「平家の息子の命だ」と言うのだ。
すると、その言葉に応えるかのように、平重衡が現れたのだ。
清盛の息子で、知盛の弟。
そんな彼がなぜこんなところに?

訝しがる彼女たちに、「平泉で源氏を匿っているなんて、父上が知ったらどうなるだろうな…」と言う彼。
だから彼女は慌てて「おいてもらっているだけで、藤原氏に平家と敵対する意思はない」と告げた。
更には自分も旗揚げする意思はないとも。

そんな彼女の言葉を容易には信じてくれない彼。
本当にその気がないのか見定めたいから、平泉での暮らしを見せてもらおう…と言い出したのだ。

彼の言葉に忠信は「平家を平泉に入れるなど!」と怒ったが、すぐに兄の継信が「平泉に敵対の意思はありませんから」と了承した。
そうしなければ、彼を通して清盛に「平泉に敵対の意思あり」と伝えられてしまうと恐れたから。

そうしてその夜、継信たちは一旦戻り、彼を迎え入れる準備に取り掛かった。
彼女はと言えば彼の相手をする事となったのだ。
幕舎で酒を飲む彼の相手をする事になったのだが、あいにく彼女は酒は飲まない。
白拍子もいないしつまんないの」と言う彼は、彼女の傍ら不思議に思っていた。
自分の傍に座す侍は、どう見たって特別なものがあるとは思えないからだ。

兄上は一体こいつの何に興味を持ったんだろう?

彼の兄知盛は何にも興味を持たない男だ。
そんな兄が興味を持った理由を、兄が好きな彼はどうしても知りたかったのだ。
そうして彼は「お前がここに居る事を知っているのは、今の所俺と兄上だけ。父上に知らせるかどうかは、全て俺のさじ加減だからね」と言うのだ。

彼とて彼女がどこに居ても特に問題はない。
父上に知らせて源氏を討ち取らなければ…と思っている訳でもない。
ただ戦は嫌いではなかった。
特に彼女は強いから、彼女と戦えるのなら、別に父上に報告してもいいけど…という程度のものだった。

平家を知らない子どもたち

ついに彼が平泉入りを果たした。
たどり着いたそこが、思っていた以上に立派で初めて平泉に来た時の彼女同様、彼も驚いていた。
しかしその立派さを「京の都に取って代わろうと思ってるの?」などと揶揄するのだ。
彼の真意は測りかねるものの、秀衡も慎重に「疑念が晴れるまで、ゆっくりと滞在してください」と言うよりほかなかった。

彼が平泉入りした翌日、いつものように寺に行こうとする彼女。
すると彼が現れ「俺の同行は命令だからな。分かってると思うけど、お前に拒否権はないからねー」と彼女に同行しようとする。
しかし彼女の行き先は寺なのだ。
一体寺に何しにいくのさ?」と尋ねる彼に「禅問答や写経をしに行くんだ」と彼女が応えると、酷く嫌そうな態度の彼。
どうやら彼も忠信と同じで、座学よりも実践が好きなタイプのようだ。

嫌なら来なければいいという彼女だったが、彼はそれが嫌だった。
だからどうにかもっと楽しい場所へと彼女を連れて行こうとする。
そうして二人が通りで攻防戦を繰り広げていると、走り回っていた子供の一人が彼女にぶつかって来た。
侘びた彼女は「ここは往来だから、ここで駆け回るのは危ないぞ。ここで遊ぶなら別な遊びをするといい」と勧めた。

すると子供達は「何で遊べばいい?」と尋ねる。
しかし彼女は寺で育った身。
他の子供のように、子供らしい遊びの一つもした事がなかった。

そうして彼女は隣に居る彼に訪ねた。
子供の頃はどんな遊びをしていたのだ?」と。
彼は子供の頃に遊んでいた遊びをいくつか挙げて、その中から皆で十六むさしをする事となった。
彼いわく、いつも勝っていてつまらなかったという遊びだ。

そうして彼に教わりながら皆で遊ぶ事となったのだが、平泉の子どもたちは平家を知らない。
だから彼にもとても馴れ馴れしい。
わっぱども馴れ馴れしいぞ。俺は平家だぞ?」と言ってみても「へいけ?なにそれ」と返される始末。
そんな彼らの態度に「よーし、お前らなんてこの俺がこてんぱにやっつけてやるからな!」とひときわ気合を入れて臨む彼。

最初こそ、ルールが分からない彼女や子供達は全く彼に勝てず、彼の連勝。
しかしある程度回を重ねるごとに、ルールを理解してきた彼女も子どもたちも、それぞれ戦略を考えて臨むため、結果は彼の惨敗となったのだ。
そうしてその事に腹を立てた彼は、彼女を連れて怒って帰って行った。

それでも彼女も子どもたちもとても楽しい時間を過ごした。
その証拠に子どもたちは「お兄ちゃん達、また遊ぼうね」と嬉しそうに手を振って別れたのだ。
あの平家の重衡相手にだ。
そんな京では起こり得ない、とても不思議で貴重な体験をしたのだった。

友達とはどんなものなのか

子どもたちと遊んだ帰り道、彼はどうも機嫌が悪い。
彼の話によると、子供の頃は兄以外に十六むさしで負けた事がなかったのだと言う。
そんな話を聞いた彼女は「それは手加減されていたんじゃないか?」と。

だから思い返してみた。
子供の頃の日々を。
さすがは平家のご子息、何をしてもお強いですな」と言う大人たち。
言われてみればおべっかのような言葉だった気もしてくる。

そんな彼とは対象的に、とても楽しそうな彼女。
そんなに楽しかったの?」と彼が尋ねると「私も子どもたちも本気で勝とうとしたんだ。夢中で遊んで楽しかった」と嬉しそうな顔を見せる。
そして「あの子たちは友達と遊べて羨ましい」と言うのだ。
寺育ちの彼女には、友達と呼べる存在は春玄だけだったから。

彼はと言えば、彼を大切にしてくれる大人に囲まれてはいたが、友達と呼べる存在はいなかった。
だからよく分からないのだ。
友達とはどんなものなのか。

そんな彼に彼女は教えてくれた。
友達とは上下の関係なしで、心を許し合う対等な関係なのだ…と。
何かをするにも、命令でするのではなく、相手が自分の意思でしてくれるものなのだ…と。

そうして屋敷に着いた彼は、夜一人になるのも怖い様子。
何でも彼の泊まる屋敷では、風の音がとても大きいのだと言う。
そしてその大きな風の音を聞いていると、兄の話してくれた話を思い出してしまうと。
それは怪談話なのか?」と尋ねる彼女に「そういう事は言わないほうがいい」と慌てる彼。

敵としてしか見て来なかった彼の、意外にも怖がりな一面がなんだか可愛く思えた。
だから彼女は思わず笑ってしまったのだ。

そうして笑う彼女を見ながら彼は思った。
さっきの彼女の話を思い出して。
命令だからな」「お前に拒否権はないからな」と、友達を知らない自分は、思えば彼女に命令ばかりしていたのだな…と。
そして少しそれを寂しく思い、また反省もしていた。

そもそも彼には理解できなかったのだろう。
誰かが自分の意思で、彼の傍にいてくれるという状況が。
今まで清盛の息子だからと言う理由で、傍に居てくれるものばかりだったから。

やるべきことは京にある

翌日、いつもあれほど彼女にまとわりつき、命令だ!と振り回していた彼が姿を見せない。
鍛錬に集中できて有り難いのは有り難いのだが、いつもいた人物の姿が見えないと、どうにも調子が狂ってしまう。
迷惑に思っていなかった訳ではないのに。
いなければ居ないで心配なのだ。

だから彼女は夕方彼の様子を見に行ってみた。
すると彼は熱を出して倒れていたのだ。
慌てた彼女は、そう言えば昨日「ここは風が強くて寒い」と言っていたのを思い出した。

そうして布団を用意し、寝かせた彼に多めに布団を掛け、熱のある額に濡れた手ぬぐいを乗せてやる。
顔は熱いし息も苦しそうだ。
辛そうな表情で眠る彼が、何かにすがるように手を動かすから。
とっさに彼女はその手を握ってやった。
頑張れ。明日にはきっとよくなるぞ」と彼に優しく声を掛け、そのまま手を握って眠ってしまった彼女。

一方寝込んでしまった彼は、ぼんやりとした意識はあった。
だから彼女が「頑張れ」と声を掛けてくれたのが聞こえていた。
なんだかくすぐったいような不思議な気分だ。

そうして体調不良の彼だったから、無意識に手を握ってくれた彼女の気を喰らってしまった。
多分辛くて楽になりたいと、本能が気を欲したのだろう。
そしてその気の甘さに気づいた。
彼女は男ではなく、本当は女である事に。

翌朝、彼女が目覚めると、部屋に彼の姿がない。
慌てて外に出ると、寒いのに彼は外の空気を吸っていた。
その様子から、もう体調は回復している事が見て取れた。
良くなったみたいだな」と嬉しそうに声をかける彼女に「お前の方は大丈夫なの?」と尋ねる彼。
気を喰らってしまったから、彼女の体調を心配しているのだ。
何しろ、自分の調子がここまでよくなったんだ。
普通の体なら、気を食らい尽くされ命がないレベルかも知れない。

なぜ看病した自分が案じられているのか?
理由が分からず返答に困る彼女に「無意識にお前の気を喰らっちゃったみたいだから」と言う彼。
けれどその言葉に益々理解が追いつかなくなる。
気を喰らうとは一体どういう事だろう?と。

少し体はだるいが、平気だ」と言う彼女に「お前、女だったんだね」と言う彼。
慌てて隠そうとしたが、「隠したって無駄だよ。気の味でわかるんだ。男か女か」と。

彼女の正体を知った彼は、兄の事を思う。
兄は彼女を女と知って狙っているのだろうか?と。
兄上が本気を出したら、お前なんて簡単に捕まるよ」と言う彼は、「今までは兄上の役に立てればと思っていたけど、俺はお前が兄上の者になるなんて嫌だ」と言う彼。
平泉で彼女と過ごす中、彼の中では変化が生まれていたのだろう。
平家や源氏に対して、そして彼女自身に対しての気持ちに。

だから彼は彼女を抱きしめた。
そうして「京に帰るよ。やるべきことは京にあるから」と。
お前との戦いが必然だとしても、それでも、どのような結末を迎えるかは、これから変えて行けるから」と。

彼女を兄に奪われたくない。
彼女を自分のものにしたい。

彼の中に芽生えた新たな思いが、彼を大きく変えようとしていた。
あんなに戦が、戦う事が好きだったのに。
今は平家と源氏の違う未来を模索しようと考え初めたのかも知れない。

争いのない未来

戦場で相まみえたらどうなるのかな?血で血を洗う死闘を繰り広げるのかな?
彼が京に戻ったら、二人はきっとすぐに会う事になるだろう。
多分それは戦場で敵として。
そうなった場合、二人はどうするのだろうか?
今までの彼らならば、きっとあの力を発動させ、彼の言うように血で血を洗う死闘を繰り広げたかも知れない。
そうして意識が戻った時、どちらかの命が戦場に散っていた…という事もあったかも知れない。

でもきっと二人には違う未来が待っている。
その証拠に「少し前の俺だったらそうだったけど、お前と過ごして変わったんだ」と彼も言っている。
そして兄が彼女をどんなに欲していようとも、彼も彼女をみすみす兄に奪われたりはしない!と心に決めたから。

だから思ってしまう。
兄に奪われる未来があるのなら、手の届く今ここで彼女を奪いたい!とも
それでもそうしなかった。
だって彼は知ってしまったから。
昨夜熱にうなされる彼を彼女は自分の意思で助けてくれた。
命令してもいないのに、必死に看病してくれた。
そのことに驚いた彼に「そんなの当たり前だろう」と言うのだ。
そうして彼はその心地よさを知ったから。

だから期待してしまう。
一度離れたとしても、再び彼女自身の意思で、兄ではなく自分を選んで欲しいと。
差し出した彼の手を、あの夜みたいに彼女の意思で握って欲しいと。

そんな未来を望むから、彼は決めたのだ。
京に戻る事を。
ここに居てはできない何かを、京でやってやろう!と。
どこまで出来るか分からない。
それでも平家と源氏が争わない未来を手に入れるために、やるしかないのだと。

そう遠くない未来、また会うことになる二人。
またすぐ会うことになるだろうから、その時まで達者でいろよ」と言う彼。
果たしてその時、二人はどんな形で会うのだろうか?

争いが止められるのかは分からない。
止められたとしても、すぐには無理かも知れない。
それでも彼が諦めなければ、彼女が諦めなければ、きっとそんな未来は来るはずだから。
そんな未来のため、彼は京に戻っていく。
今やれる事をやるという決意を胸に。
そうして再び彼女の手を取るのだ…と。

その他のキャラのネタバレ(あらすじ)

平教経

武蔵坊弁慶

春玄

源頼朝

平知盛

ifエンド

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました