罪喰い~千の呪い、千の祈り~for V【永海連】

罪喰い~千の呪い、千の祈り~ for V - PSVita

キャラクター紹介

CVは赤羽根健治さん。
彼女が初めて自分でも訳の分からない衝動に襲われ、苦しんでいた所に現れ助けてくれた人。


彼女がどうなってしまったのか、これからどうすべきなのかを教えてくれたのも彼。
以来、学校でも学校以外でも、特別な従者だと言って、常に彼女の側に居てくれた人。


何も分からない彼女を助け導いてくれたことから絆を深める。

スポンサーリンク


感想

今の説明からも分かるかと思いますが、最初からずっと側に居てくれるので、一番最初に攻略したいなって思ったのですが、攻略制限が厳しく、多分彼以外の全員を攻略しないと、彼のルートオープンしないんですよね。
なので、道のりが長かった(笑)


その長い道のりを経て、やっと攻略出来たのですが、道のりが長い割に甘くないっていうか(笑)
色々真相的な部分は良かったですし、以外な展開もあったのですが、恋愛面においては不満が残った感じです。
そこが物足りなかったですね。


でも、一番の真相を持っているキャラは、割と甘くなく真相重視になりがちなので、やっぱりな…とは思いました。
ただ、私は赤羽根さんの声が好きで、赤羽根さんが攻略したくてこの罪喰いを買ったので、そこは本当に残念でした!


優しげに見えて、計算高くて腹黒くて、彼女以外には性格悪かったりと、好きな要素満載だったのに、結局大好きになれなかったのは、色々な物足りなさが原因かと。
でも真相は良かったですし、赤羽根さんの声も素敵でした!
赤羽根さん、素敵な連をありがとうございました。


ネタバレ

君がいてくれるだけで、そこが世界一の場所になる。
君が居てくれれば、地獄だって天国になるんだよ。



-----


守人の父、百夜の不義の子。
彼の母は、政略結婚で覇名を刻まれていて、元々神派で夫と約を結びながらも、浮雲の百夜に焦がれていた。
そうして彼と想いが通じ合い、彼を身籠り、出産すると、覇名の制約により命を失った。


母を亡くした彼は、敵対している浮雲の当主との不義の子として、長く地下牢に閉じ込められていた。


寂しかった。
世話をしてくれる侍女はいたものの、穢れた者を見るような目で見られ、ただ事務的に世話をするだけ。
母の愛情も知らないのに。


だからその寂しさから、大地の声と話すようになり、そのお陰で、天才的な封呪の使い手に。


立場的には従兄弟にあたる彼を案じ、面会に行けるように計らった世羅。
そんな世羅の優しさや、彼に触れる温もりに、幼い彼は次第に恋心を抱くように。


その後兄の守人も会いに来てくれて、世羅と守人が大好きになっていった。
だから守人に世羅への想いを幼いながらも告げていた彼。
だって世羅の事が本当に好きだったから。


そんなある日、彼を解放する為として、世羅は守人と婚姻へ。
もちろん互いに愛し合ってもいた。


大好きな人を最愛の兄に取られた苦しみから、彼は守人を憎むように。


僕の想いを兄上は知っていたはずなのに。


更に守人は、彼の想いを知りながら、解放した彼を世羅の従者にしたのだ。
それがまた彼を苦しめた。


好きだから側に居たい。
でも、兄と結婚する彼女の側に居る事は、とても苦しい。



だから彼は、世羅の千年に渡る贖罪の中で、常に従者として付き従う中、世羅が守人ではなく自分を愛するようにと仕向けた。


そんな事を繰り返す中、ついに前代の世羅は彼を愛し、覇名も得たものの、怖くなった世羅は彼を殺そうとし、さらには自らも消滅させようとした。


彼女の魂が消滅する事を恐れた彼が、術でその代の記憶を封じ世羅の魂を守った。
そのことが原因で、何も覚えてないまま転生した世羅は彼女として生を受けた。


そんな彼女を初めは世羅として見ていた彼も、世羅でありながら世羅とは正反対な彼女の本質に惹かれ、彼女として愛するように。


そうしてやっと今世では彼女と結ばれるも、守人が邪魔になる為、なんとか守人を引き離そうと、素体を破壊すると言う危険な役目を一人でやる事を決意。


素体がある限り、彼女は罪から解放されても、その魂が守人の支配下に置かれる事になってしまうから。


だから素体を壊す必要が生じるのだが、素体を封じた術が大変強い為、破壊するとその反動で場合によっては命を落としかねなかった。


実行に移そうと屋敷を飛び出した日、彼は陸家の者に捕獲され、千夜の実験台に。
千夜が世羅を手に入れた際に、世羅に施したい術の練習台にされた彼は、そこで本物の鬼のような化け物と化し、千夜を殺し、陸家で暴れ、上樹家にまで襲いかかって来たのだ。


守人と彼女と戦う中、彼女を殺めようとした時に、「お前は彼女を愛していたのだろう?」と兄の守人に言われた事で意識を取り戻し、そのまま世羅の素体を破壊しに向かった。


彼が世羅の素体の封印に穴を開けたところに駆けつけた彼女に、再び理性を失った彼が襲いかかった。
けれど彼女は死ぬ気で素体を破壊に掛かり、世羅の力を手に入れた。
自分の自我を失う事なく。


その力で彼の術の要を破壊。
けれど彼自身も失われそうになって所を、彼女が世羅から得た力を惜しみなく口づけで彼へと注ぎ、彼の命を救ったのだ。


前代の彼と彼女が生を終えるあの事件を、来世の自分が世羅と結ばれたいがために傍観していた守人は、今代では弟に彼女を譲る事に。


そうして結ばれた二人は、5年後には桜子と言う娘と幸せな家庭を。
至央と守人と言う邪魔者が、毎日家に来てはいるものの、桜子も二人によく懐いていた。
そんな平和な日々。


-----


どんなに環境が変わっても、僕の一番はずっと君だから。

Pocket

スポンサーリンク