赤い砂堕ちる月

この記事は約3分で読めます。

202本目の乙女ゲーム。
dramatic criateさんのPSVita用ソフト。


スポンサーリンク


作品紹介

東汪国と言う国の都、王陵に住む主人公は永祥と言う国一番の符術師の養女。
そんな彼女には、何故か幼い頃の記憶が全くない。


養父である永祥の作った紫永観で永祥から符術を学び、一人前の符術師と認められた彼女は、養父であり師である永祥に外へ出て使えるべき主を探しなさい…と言われ主探しを始める事に。


東汪国にとって符術師は宝。
符術師となったものは、顔を常に布で隠し、その素顔は主と認めたく者にのみ見せる事が許されている。
その忠誠の証として。


彼らは命を賭して主に仕える。


故に自らの命を捧げられる人物を探し、自らの意思で契約すべき…と考える師の教えの元、今までは外に出る事が叶わなかった彼女が、外に出て様々な人々と出会う。


その出会いの中、彼女は仕えるに値する人物と出会い、契約を結ぶ。


ところがその契約が、彼女を東汪国の未来を左右する事件へと巻き込んで行く事に。
彼女と東汪国の未来とは?


攻略キャラ

 
・汪明(cv.江口拓也さん)
・洛泉(cv.柿原徹也さん)
・翔侠(cv.興津和幸さん)
・胡白(cv.河西健吾さん)
・永祥(cv.村田太志さん)


キャラ別感想&ネタバレ

汪明
洛泉
翔侠
胡白
永祥


※☆はお気に入りキャラ。
 攻略した順番に記載させて頂いてます。

Special Thanks

お友達のサイトにご協力頂いてます。
いつもありがとうございます!

 ⇒元カレたちのストーリー「赤い砂堕ちる月」


全体の感想

主人公の属性の選び方次第で、主人公の性格が変わるというゲーム。
結構珍しい要素だと思うので、ある通販サイトさんのレビューでは、主にその事が書かれていました。
そして、性格が変わっても、そんなに内容に変化がないような評価を受けていたようです。


私個人は、そこにポイントを置くことなく、単純に物語を楽しませて頂いたので、そういう目線から見るととても楽しい作品でした。
元々中華系の作品は好きでしたので、そういう意味でも楽しめました。


主人公が符術士で、とても強いという設定も、国の動乱に巻き込まれる展開の中、攻略キャラと共に活躍出来て良かったです。


キャラもみんな個性的で素敵で、誰を攻略しても楽しめました。また声優さんもとても役にあっていて、どなたも素敵に演じてくださっていました。


音楽や世界観もとても素敵でした。


ただ、スチルに関しては、結構アップな感じのものが多くて、構図も良さそうだから、もう少し引きの絵で見たかったな…というものばかりなのが残念でした。


主人公の性格の変化に関しては、スピード攻略を重視したため、全員の攻略を風属性の天然娘で進めてしまったので、そこに関しては、なんの感想も語れなくて申し訳ないです。
でも、一つの性格でも、内容がしっかりしていたので十分過ぎるくらい楽しめました。


素敵な作品をありがとうございました。


好きキャラランキング

 
1.汪明
2.胡白
3.洛泉
4.翔侠
5.永祥


割りと全員好きな感じでした。
1から3位は、誰が1位でもおかしくないくらい、私の中で甲乙付けがたい感じでした。
そしてレヴァフェ以来、江口さんの当たりキャラが多くて、とても嬉しいです!


オススメ度&満足度

オススメ度:★★★★
個人的満足度:★★★★


売りは主人公の性格を変えられると言う点で、そのあたりには不満の声が多かったように思います。
私は一つの性格でしかプレイしてないので、そのあたりに関しては何も言えませんが、それ以外の部分で、ストーリーが面白く、キャラも良かったので、普通の乙女ゲームとしてなら、文句なしかと思います!


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました