忍び、恋うつつ ― 甘蜜花絵巻 ―

この記事は約3分で読めます。

忍び、恋うつつ -甘蜜花絵巻- - PSVita

244本目の乙女ゲーム。
オトメイトさんのPSVita用ソフト「忍び、恋うつつ ― 甘蜜花絵巻 ―」の作品紹介です。
攻略キャラ、キャスト、キャラ別感想&ネタバレ(あらすじ)、全体の感想をまとめました。

スポンサーリンク

作品紹介

めろめろの術と言う幻術に悩まされた主人公は、真田高等修練院に編入。
そこで出会った彼と共に、忍術の修行に明け暮れながらも絆を深めた。
そうして二人の愛の絆の力で、無事に幻術の封印に成功したのだった。

月日は流れ、彼らも高等修練院の三年生に。
卒業を控えた彼らには、卒業課題が言い渡させる事に。
それぞれの特性に合わせた個別の課題だ。

彼女は共に幻術の封印を成功させた彼とパートナーとして卒業課題に挑む。
無事に「甲」の成績をとり、共に真田勇士隊に入隊するために。

一見順調に見えた彼女たちの卒業への日々。
ところが彼と共に封印したはずの幻術が再び発動。
今度はどうやって封印していいのかも分からない。

卒業課題と幻術の封印。
そして勇士隊への入隊と、彼女の進む未来には課題が山積み。
それでも彼と手を取り合い向かった先で、彼女が掴んだ未来とは?

攻略キャラ

・猿飛咲助(cv.寺島拓篤さん)
・霧隠蔵人(cv.櫻井孝宏さん)
・由利鎌清(cv.小野友樹さん)
・我来也(cv.下野紘さん)
・穴山大介(cv.鈴木達央さん)
・真田幸影(cv.鳥海浩輔さん)
・豊臣秀虎(cv.杉田智和さん)
・服部半蔵(cv.石川界人さん)
・宇喜多義家(cv.梶裕貴さん)
・霧隠忠人(cv.江口拓也さん)

キャラ別感想&ネタバレ

猿飛咲助
宇喜多義家
霧隠忠人
服部半蔵

※☆はお気に入りキャラ。

全体の感想

正直前作の内容とか、いい感じに忘れてしまっています。
そんな私が言うのもなんですが、この前作という部分が重要。
前作をPSPでプレイされた方、要注意です。
キャラ増えてるの気づきますよね?(笑)
その方達と、いきなりその後のお話になります(笑)

すごく面白いし、新キャラの方がみんな素敵なんです。
なのに、Vita移植版に追加で入った新キャラのシナリオを知らないままプレイすると、去年の話振られてもちんぷんかんぷんなのです。

みんな素敵なだけに惜しいなって思いました。

いや、他の皆さんも、いい感じに内容忘れているのですが、それでも一度攻略してるという安心感もあり、「うんうん、多分そんな事あったよね」くらいの感じで受け止められるのです。
でも、新キャラの皆さんは、去年の事知らないので、御前試合ってなに?一体何があってこのひとと知り合ったの?
えっ、宇喜多さんは先輩なの?…という状態(笑)
そして殿が学友ってどういう事?と。

そういう風に感じてしまうのも、全て今作が面白くて甘くて、そしてみんなが素敵だからなのです!
だから悪口じゃなくて、素敵だから残念だし、素敵なので、去年という時間を私も共に過ごしたかったな…と。
宇喜多先輩を荷車で運んで学校に通わせたかった訳ですよ(笑)

ちょっとお値段的に厳しい感じではありますが、Vita版も手に入れて、彼らとの2年生の時間も過ごしたい気分になりました。

なんでも全部まとめた作品も出るというお話をお友達から聞きましたので、気になる方で、まだ全部未プレイの方とPSP版しかプレイしてない方は、もう少し詳しい情報を調べてからプレイされる事をオススメします!
良作なので、ちゃんと全部プレイして楽しんで頂きたいです。

好きキャラ

1.宇喜多義家
1.霧隠忠人
3.服部半蔵
4.猿飛咲助

最強だと思っていた宇喜多先輩でしたが、その後に攻略した忠人くんにやられました。
服部くんも良かったんですけど、二人が良すぎました。
宇喜多先輩と忠人くんに出会えて良かったですし、Vita移植版もやりたいって思いました!

オススメ度&満足度

オススメ度:★★★★
個人的満足度:★★★★★

※オススメ度に関しては、PSP版しかプレイしてない方は★一つマイナスしてみてください(笑)

宇喜多先輩と出会えて、忠人くんと過ごせてしあわせな時間でした。
ふたりとも大好き!

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました