オランピアソワレ

この記事は約4分で読めます。
Nintendo Switch用ソフト 
ブランド:アイディアファクトリー 
ジャンル:女性向け恋愛AVG 
発売日:2020年4月16日

272本目の乙女ゲーム。
オトメイトさんのNintendo Switch用ソフト「オランピアソワレ」の作品紹介です。
攻略キャラ、キャスト、全体の感想、オススメ度や満足度などをまとめました。

スポンサーリンク

作品紹介

むかしむかし、卑流呼と言う名のマレビトがとある島に辿り着いた。
卑流呼はその島を『天供島』と名づけ、赤、青、黄の三色を作った。
更にその色を二つに分けて、男と女を作ったと言う。
故に人々は探しているのだ。
分たれた半身を。

天供島では『色層』と呼ばれる階級制度があり、卑流呼によって作られたとされる原色は身分が高く、そこから遠ざかる程に身分は低くなると言う格差社会を構築していた。
人の命よりも、色が重要視されるその島では、色を守る為に婚姻も定められた色の相手と行う仕来りだった。

そんな天供島の近くには『天女島』と呼ばれる島があった。
そこには天供島にはいない【】の女たちが暮らしていた。
彼女たちは太陽の女神アマテラスを祀る使命を持ち、日々アマテラスへと祈りを捧げていた。
女ばかりのその島で育った彼女は、幼い頃から母に聞かされていた。
私のようにいつか愛する人と結ばれるのよ…」と。

しかしそんな母も他の島の女たちも、『赤渦の災』で彼女を除き皆命を落とした。
そうしてその日太陽が姿を消した。
太陽を輝かせる事が天女島の女の使命。
しかし当時まだ幼かった彼女には、太陽を輝かせる術がなかった。

そこで天供島のマレビトの一人、【】の長である道摩が一時的に道を開き、太陽を輝かせた。
そうして一人ぼっちになってしまった彼女を天供島に連れ帰り、保護者として育ててくれた。
今では彼女も太陽を輝かせる舞を舞う事が出来る様になり、定期的に海に作られた舞台の上で、道摩に名づけられた『オランピア』の名で舞う事が仕事だ。

天供島でたった一人の【】。
笑わず誰とも口を聞かず、誰とも目を合わせない。
ただ舞うだけの人形のような彼女。
そんな彼女を天供島の人々は崇めながらも、どこか距離を置いていた。

しかし事件は起こった。
それは彼女の18歳の誕生日の事。
コトワリの所長・朱砂により「貴重な【白】を残す為、交配相手を見つけて下さい。期間は一年。その間に見つけられなければ、責任を持って私がお相手を勤めましょう」と、一年以内に夫となる人を見つけるよう言い渡されたのだ。

そうして夫を探さねばならなくなった彼女は、初めて一人で島の中を出て歩くようになった。
そうして知る事になる。
この島がいかに色に囚われているのかを。
それ故に人々には恋愛の自由がなく、決められた者とのみ結ばれる。
更には色層により、原色のものが有色の者と結ばれる事は固く禁じられ、それを破り結ばれる事をハズシと呼び、処刑の対象とされていた。

人が人を好きになる事に罪はないのに。
彼らは生まれ持った色により、恋愛の自由を奪われていた。
それだけではない、破れば命をも奪われるのだ。

そんな島のあり方に違和感を覚えた彼女は、色により人を差別する事なく、様々な色の者たちと交流。
その中で彼女に出来る事を見つけ、行動に移し始める。
例えば今までは禁止されていた、黄泉と地上との手紙のやり取りを手助けする郵便配達を。

古き因習に縛られたこの島で、彼女の踏み出した小さな一歩。
果たしてそれはこの島を変えることへと繋がって行くのだろうか?
そして【】である彼女が、夫となる半身として選んだ相手は?

公式PV

プロモーションムービー

Nintendo Switch「オランピアソワレ」 プロモーションムービー

オープニングムービー

Nintendo Switch「オランピアソワレ」 オープニングムービー

配布元

その他、プレイ動画などもありますので、興味のある方はぜひ覗いてみてください。

「オランピアソワレ」
オトメイトより発売されるゲームソフト「オランピアソワレ」公式サイトです。

攻略キャラ

  • 朱砂(cv.松岡禎丞さん)
  • 玄葉(cv.杉田智和さん)
  • 璃空(cv.島崎信長さん)
  • 天草四郎時貞(cv.上村祐翔さん)
  • 縁(cv.内田雄馬さん)
  • ヒムカ(cv.堀江瞬さん)

キャラ別感想&ネタバレ

自分で攻略

お友達が攻略してくれました!

今回は珍しく全員自分で攻略出来ました!

全体の感想

Special Thanks

お友達のサイトにご協力頂いています。
いつもありがとうございます!

好きキャラ

後ほど記載予定です。

オススメ度&満足度

後ほど記載予定です。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました