もし、この世界に神様がいるとするならば。【指乃シュリ】真相エンド

この記事は約6分で読めます。

もし、この世界に神様がいるとするならば。 通常版 (特典なし) - PS Vita

シナリオ紹介

CVは梶裕貴さん。
シュリくんのハッピーエンドに当たるのがこのエンド。

帰還エンドと同じように選択して行きますが、個別ルート、ビックリするくらい違いますし、二周させる意味を持たせるシナリオに周感動しました!
なるほどそう言う事なのか!…と。

スポンサーリンク

感想

一周目の帰還エンドが、辛い道のりだった分、報われた感じがしました。

そんな中でやっぱりこの人は助けられないの?って人も居たのですが、素敵な救済処置に感動しましたね。

長いので、真相見ないで帰還エンドで、終わらせてしまう方もいるかもですが、やっぱり真相を見て、攻略終わったって感じになってるので、是非是非見て頂きたいです。

肝心のシュリくんですが、帰還エンドのルートよりも、更に頼り甲斐のある素敵な人になってて、物凄いときめきました!
声の使い方とか、もう、初めの頃と全然違ってて、シュリくんのシナリオ内での大きな成長が伺えて、本当に素晴らしかったですし、梶さん凄すぎるって思いました!!

言いたい事とか、本当の気持ちを、相手の事を思うあまり言葉に出来ず飲み込んでしまう彼女に、上手に本音を言わせてくれる所もカッコいいなって思いました。
洞察力が優れているので、言わなくても分かれる人ですが、それを言葉にする事って、彼女にとっても彼にとっても意味のある事だと思うので、そう言う所、凄く好きって思いました。

優しく甘やかしてもくれますし、怒る時にはちゃんと怒ってくれるのもカッコいいですね!
私の理想にピッタリ過ぎて、好きになりすぎて他の人攻略し辛いいつものパターン(笑)

エンドでの職場からの電話の時の大人びた様子に驚かされ、その数日後、やっぱり可愛い所を残してる様子も見せてくれたりと、何から何まで好み過ぎて困りました(笑)

梶さんの声と話し方が、よりシュリくんを魅力的にしてくれていたと思います。
梶さん、素敵すぎるシュリくんをありがとうございました!

ネタバレ

例えばこの世界に神様が居ないとしても、キミがそんな風に笑ってくれるなら、きっと大丈夫。

たくさんの犠牲の上にたどり着いた、壊れかけた世界を見た彼は、巻き戻された時間の中で、再び元の世界を目指したのだ。

-----

それはフラッシュバックのように、何度も経験した記憶の蘇りとは違い、彼は彼特有のサヴァン症候群の記憶力により、彼女と辿ったあの時間を覚えていた。

彼女の姿と同じ姿をした彼女の親友。
その子を路地裏に追い詰め、彼女がやって来て親友を説得しようとしたその時、彼は見つけたのだ。
自分のポケットの中に、あの悲しい時間の中で、消えたキョウが残したサバイバルナイフを。

それに触れた瞬間、全てを思い出し、彼女のしたいと願っている事をすべて理解した彼。

そうして二周目のその時間もまた、ゆっくりと世界は終焉へと向かっていた。
ただ違うのは二人が一周目の記憶を持っている事。

あんなに苦労して、やっと元の世界に戻ったのに、旅の途中で仲間の命を失い、二人きりでたどり着いた元の世界も確実に終わりに向かっていた。

あれはきっと間違っていた。
何かが間違っていたから、世界は終わろうとしていたんだ。

そうして彼が導き出した答えは、彼女にイザナミの力を使わせない事。

アキラの言うがまま、導かれるがまま、イザナミの力を解放し、イザナミを覚醒させてしまった。
一周目のそれが、多分自分たちの間違いで、だから今度はイザナミを覚醒させず、なおかつ仲間の命も守り、今度こそみんなで元の世界に戻る
そう決意した彼。

そうして一周目に失われた彼女の親友を助ける事に成功したものの、結局彼女と彼を庇い、彼女の親友の朋子は命を落とした。

願わなかったからいけなかったのか?

自分に力があるのに使わなかった事を悔いる彼女。

けど、その力は彼女のものじゃない。
イザナミのもの。
本来人間にはそんな力はないのだから、今の自分に持てる力で抗えばいい。
そう彼は彼女に教えた。

それでも彼女に力を使わせ、イザナミを覚醒させたいアキラ。
彼との戦いの中、彼だけでなく、エース、ネジ、キョウもが、イカヅチの力を覚醒させ、剣を手に入れた。

その戦いの最中、彼らを助けるように現れたのが彼女の兄マサト。
兄は容赦なくアキラを剣で貫き、その命を奪った。

その表情はいつものように笑っていて、彼女はそんな兄の様子に僅かに恐怖を覚えた。

マサトを含めた6人で、元の世界に戻るダイハナがある七里ヶ浜へ。
そこで宿をとった彼らは、夕飯までの時間、砂浜で昔を思い出しながら戯れていた。

イカヅチとして覚醒したら彼らは、不思議と元の世界の記憶を取り戻し始めたのだ。

そんな中、一際記憶力のいい彼は、浜辺で思い出してしまった。
その昔、元の世界で彼女が彼に言った言葉を。

お兄ちゃんは死んでしまったから、だから今はお母さんと二人暮らしなの。

その言葉が真実なら、ここに居るマサトは何者なのだろう?
皆に神が宿るこの状況で、剣を持っていたマサトもまた、神を宿しているはず。
けれどその神とは一体なんなのか?

分からない事が増え、彼女もまた兄にまつわる恐ろしい記憶を思い出し、兄に怯えるように。

マサトさんを信じてはいけない。

みんなで話し合い出した結論。

そうして五人はマサトに気づかれないようにと、深夜に宿を抜け出して、そのままダイハナへと向かう計画を。

けれど浜辺についた所で、マサトに見つかり剣を交える事に。

なんの神なのかは分からない。
けれど圧倒的な力の兄の前で、ボロボロになるイカヅチたち。
中でも必死に彼女の為に立ち向かう彼は、ひどい怪我を。

そこに、マサトに殺されたはずのアキラが現れ、マサトを背後から刺し、彼らを助けてくれた。
元の世界に急ぎなさい…と。

黄泉の者である彼は、共に行く事が叶わない。
けれど、みんなが元の世界に帰る手助けはしてくれた。

彼女の中のイザナミを母に持つアキラにとって、イザナミの覚醒が何より大事だったのに。

彼女と彼の絆を見て、幸せだった頃の両親を思い出し、力を貸したくなったと言う彼に見送られ、五人はダイハナへ。

そうして無事に辿り着いた元の世界。

エースはテニスでウインブルドンに行き活躍。
ネジは陸上で世界に挑み入賞する選手に。
キョウはバイクで世界を旅している。

家族の居ない彼と、母も亡くなっていた彼女は、学校を卒業後、東京で二人で暮らし始めた。

彼は優秀な頭脳を活かし、ロボット工学のラボで働いている。
彼女は念願の保育士として幼稚園で先生を。

彼の論文が認められ、アメリカ留学が決まり、大好きな彼にプロポーズされた彼女は、共にアメリカに行く事に。

あのイザナミの作った世界で亡くした友達の朋子とは、この世界で同僚として再会し友人に。
アメリカ行きで、離れる事になるけれど、今度は心を開いて付き合えるから、きっと離れても友達として付き合える関係になりそうな予感。

そんな満ち足りた毎日。
これからは、愛し合う二人は夫婦として、慣れない土地での暮らしが始まるから、もし、この世界に神様がいるとするならば、どうか私たちの未来を見守って下さい。

…そんな風に願えるふたりだから、きっと幸せな未来に辿り着く事だろう。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました