絶対階級学園【鷺ノ宮レイ】

この記事は約2分で読めます。

絶対階級学園 - PS Vita

キャラクター紹介

CVは木村良平さん。
薔薇階級の三年生。


薔薇の中でも女王の側近的存在である白薔薇が彼。
成績優秀、品行方正、何でも出来る完璧な人。
薔薇でありながらも、転校生の主人公を気にかけてくれ、石ころに落とされた後は世話係に任命してくれた事で親しくなります。

スポンサーリンク


感想

レイさんは、他の人のルートでもとても謎な言動が多かったので、一番気になっていましたが、凄く良かったです。
あの謎の言動の正体は予想通りでしたが、そうなった原因とか、あのラストのDVDの内容なんかがとても気になります。


本当に一人終わるごとに新しい秘密が出て来て、どんどんあの世界の真相を知りたい!と思わせる素晴らしいシナリオだと思います。


肝心のレイさんなのですが、とても優しくて。
薔薇階級なのに、ミツバチの時はもちろん、石ころに落とされた後も、馬鹿にしたりする事などなく、変わらず優しくて。
結局主人公に近づいたのは彼の保身によるものでした。
それでも、最終的に彼女の人柄に惹かれてくれている事、打算が行動の開始だとしても、一緒に過ごした時間は、きっと嘘じゃなかったんだろうなと思えるので、本当に良かったです。


落ち着いた雰囲気の彼が、ロボットや機械に関する話を子供みたいに嬉しそうにしてくれるのがとても印象的でした。
そういうギャップも可愛かったです。

ちょっと大変な事情もあったりするのですが、それも無事に乗り越えられてよかったです。
ですが、その事情の彼が言っていた言葉も凄い気になるので、レイさんの真相が早くみたいです。


他の人のシナリオでも、本人のシナリオでも、変わらず素敵なレイさんでした。
そして声の使い分けとか、演じ分けとか、木村さん、凄い素敵でした。
木村さんがレイさんで本当に良かったです。
木村さん、素敵なレイさんをありがとうございました。


ネタバレ

こちらもネタバレはありません。
真相にあるネタバレをお楽しみ頂けたらと思います。


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました