遙かなる時空の中で4

この記事は約3分で読めます。

234本目の乙女ゲーム。
KOEIさんのPSP用ソフト。

スポンサーリンク


作品紹介

高校生の主人公は、同級生の那岐と先生の風早と三人で暮らしていた。
平穏な日々。
苦労があるとすれば、定期的に訪れるテストくらいのもの。
所がそんな彼女の日常は、異形との出会いで激変してしまう。


それは「古い友人に会うから」と風早が一緒に帰らなかった日に起こった。
先に戻った彼女は窓の外の空模様が気になり、傘を持って風早を迎えに出たのだ。
そうして異形と出逢い、自分が本当は別の世界から来た事を知ることとなった。


彼女はこの世界とは違う世界からやってきた。
彼女の住む中つ国は、常世の国に滅ぼされ、中つ国の二ノ姫であった彼女は、風早に助けられ別な世界へと逃げたのだった。
彼女が居なくなった後、豊葦原は常世の国に支配された。
豊葦原に住む民は、常世の圧政と原因不明の汚れにより現れた荒魂に苦しめられていた。


本来居るべき世界、豊葦原に戻った主人公は、二ノ姫として那岐と風早と荒魂を鎮めた。
そんな彼女の活躍が、豊葦原に散らばった中つ国の残党の耳に入り、次第に彼女の元に集まり始めた。
彼女が得たのは中つ国の人々だけではない。
土蜘蛛や日向の一族など、異民族までもが仲間として戦ってくれたのだ。


そうして中つ国を取り戻す戦いの中、彼女は常世の王子アシュヴィンと出会った。
彼は立場上敵であったが、ある日黒き日から放たれたなにかにより、彼の兵も彼女の兵もたくさんの人々が傷つけられ、憤りを覚えた二人は、力を合わせることに。


その事が彼女の戦う理由をハッキリとさせたのだ。
今まで周りに担がれて常世の国と戦うことになっていたものの、彼女の中では何と戦うべきなのか、ハッキリとしたものが見えていなかった。
けれど理不尽に大勢の命を奪ったあの黒き日の姿を目の当たりにした時、たくさんの人々の命を救うため、あれを倒さなければ!と強く思ったから。


仲間と共に戦う日々の中、彼女は一人の仲間に恋心を抱く。
けれど古来より伝えられていた。
龍神の神子は決して人に心を奪われてはいけないと。
人に心を奪われた神子は、龍を呼ぶことが出来なくなってしまうから。
中つ国の王族は代々龍神の神子だった。
だから家臣達は案じていたのだ。
神子が二ノ姫が、男に心を奪われて中つ国が龍神の加護を失う事を。


恋をしてはいけない姫。
けれど恋する気持ちは誰にも止められない。
彼女と彼女が恋した彼に、共に在る未来は待っているのだろうか?


攻略キャラ

 ・風早(cv.井上和彦さん)
 ・アシュヴィン(cv.石田彰さん)
 ・サザキ(cv.関智一さん)
 ・那岐(cv.宮田幸季さん)
 ・布都彦(cv.保志総一朗さん)
 ・柊(cv.三木眞一郎さん)
 ・遠夜(cv.高橋直純さん)
 ・葛城忍人(cv.中原茂さん)


キャラ別感想&ネタバレ

 ・サザキ
 ・那岐
 -----
 ・遠夜(お友達のサイトに飛びます)
 ・布都彦(お友達のサイトに飛びます)
 ・風早(お友達のサイトに飛びます)
 -----
 ・全体


オススメ度&満足度

オススメ度:★★★☆☆
個人的満足度:★★★☆☆

できればSwitchに移植してほしいなって思いました。
フルボイスでもう一度彼らに会いたいです。
そしてアシュヴィン攻略したいので、敵の難易度も設定可能にしてください(笑)


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました