金色のコルダ オクターヴ【如月響也】

この記事は約3分で読めます。

キャラクター紹介

CVは福山潤さん。
主人公と同級生で幼馴染。
律を追いかけて星奏学院に転入する彼女と共に、巻き込まれるように星奏学院へ。


島では一番に彼女と合流し、先輩たちとの出会いに戸惑っている彼。
そして魔法の島であるここで、兄の腕をどうにか出来ないか?と考えている。

スポンサーリンク


感想

コルダ3以降では最愛のキャラ響也くん。
今回もかっこよかったです!
でも、やっぱり盛り上がりに欠けてしまって。
そのあたりは全員に共通していますが、そんな中でも心に残るイベントがあるかないかと言う部分が、今回の作品の好きキャラランキングに影響したように思います。


時計を手にした辺りはかなりドキドキしましたが、そこから先の展開はそこまで盛り上がりを感じられず。
残念感の残るシナリオでした。


響也くんだけでなく、キャンプ組はハルモニアを救うために呼ばれたのではない所から、なんとなく無理やりなこじつけにも感じちゃうのも、そこまで感動しなかった要素の1つかな?と思います。


響也くん自体は今回も大変ステキでした。
福山さん、ステキな響也くんをありがとうございます。


ネタバレ

目が覚めたら忘れるとしても、心の中に残るものはあるはずだ。
ほら、手を繋いで行こうぜ。
昔みたいにさ。



-----


ハルモニアに来て、共に兄と練習を重ねる中、彼は気づいてしまった。
大会前のコンディションに人一倍うるさい兄が、果たして大会直前に手首を痛める事などあるのだろうか?と。


気になって兄に尋ねると、事故だと言われそれ以上は教えて貰えない。
仮に教えて貰えたとしても、過ぎてしまった事。
今更原因が分かった所で、兄のケガは治らない。


けれど、ここは魔法の存在する世界、妖精の島、ハルモニア。
だから露店で時を戻す懐中時計も売っていた。
そうして記念に…と彼女が彼にプレゼントした事が、キッカケだった。


初めは馬鹿馬鹿しいと思っていたのに。
兄のケガのことを考えていたら、思ってしまったのだ。


星奏学院に来なければ、律はケガをする事はなかった…と。
そうすれば、今でも昔のように3人仲良くヴァイオリンを奏でていたに違いない。
そうしたら、律は諦めた演奏家を目指す事も出来たんだ。
そうだ、長野にあのままいればいい。
そこまで時を戻したら
…と。


冥加に時を戻せたら?と質問してみると、大きな代償を伴う危険な行為だと言われた。
彼女にも、星奏学院に来なかったら、大会の優勝も仲間との出会いも、全てなくなる…と言われてしまった。
先輩である月森にだって、自分と関わった全ての人の今を変えてしまう事は、恐ろしい事だと釘をさされた。
そうして彼は思い留まったのに。


吹雪の中、彼女を見失い、一人彷徨っていた時に、また思ってしまったのだ。
長野にいた時程時を戻すのは危険だとしても、例えば吹雪でみんなと逸れる前に戻るくらいなら、大した危険なんてないだろう…と。


そんな彼の心に、音が響いた。
それは湖の城の前で、星奏学院のオケ部の奏でるメロディー。
全国大会で奏でたそれは、彼のパートを待つように、その部分だけを除いて演奏されていた。


何をやってるんだ、俺は!
みんなが待ってるじゃないか!
あいつが待ってるじゃないか!
過去は関係ない、今を大事に生きればいいんだ。
俺たちには今がある。
それが未来に繋がっている。



そうして音に応えるように彼が演奏を始めると、彼女のとなりの本来彼がいるべき場所が光、そこから彼が現れた。
彼のいる場所は彼女の隣り。
音を奏でる時もそうでない時もきっと。


そうして彼らは無事に試練を乗り越え、元の世界へ。
もう過去を悔やまないと決めた彼は、これからは彼女の隣りで、未来を見つめながらステキな音色を奏でて行くことだろう。


-----


当たり前の日常を過ごせたらいい。
代わり映えなんてしなくていい。
お前が隣に居てくれれば。


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました