BELIEVER!

この記事は約3分で読めます。

BELIEVER! - PS Vita

142本目の乙女ゲーム。
D3PさんのPSVita用ソフト。

スポンサーリンク


作品紹介

幼い頃に両親を亡くした主人公は、お隣に住む幼馴染の家に引き取られ、その幼馴染と共に平穏な日々を過ごしていた。


幼い彼女に母が遺してくれたのは、肌身離さず付けているペンダントと、読めない文字の羅列された古びた本。
そんな彼女の住む街には伝説があり、1000年に一度扉が開かれ異形の者が現れる…と言われていた。


ただの伝説だと思っていたそれ。
所がある日、使われていない学校の旧校舎から、異形の者が現れたのだ。
訳が分からないまま、異形の者に命を狙われる主人公は、1000年に一度、異形の者達を封印する力を唯一持つと言われる神子という存在だったのだ。


その時、手に武器を取り彼女を助けに現れたのは、幼馴染、クラスメイト、先輩二人と後輩の5人。
ただの知り合いだと思っていた彼らは、伝説の神子の守護者だった。
守護者と神子は、互いの力を共鳴させ、さらなる力を生み出す事が出来る。


そうして彼らは共に力を併せ、四天王と呼ばれる異形の者の師団長たちを中心とした軍団と戦う事に。


神子の事も守護者の事も、まだ何も分からない彼女に、異形の者を封印する事が出来るのだろうか?


攻略キャラ

・神代海(cv.斉藤壮馬さん)
・勅使河原錬(cv.石川界人さん)
・舞川臣(cv.蒼井翔太さん)
・高梨響(cv.鈴木裕斗さん)
・伊波遊(cv.梅原裕一郎さん)


キャラ別感想&ネタバレ

 
神代海
伊波遊
高梨響
勅使河原錬


※攻略した順番に記載しております。
 ☆はお気に入りキャラ。


全体の感想

一人だけ攻略出来なくてごめんなさい。
海くんが凄く好きで、海くんのルートで臣くんと対立した感じになったので、逆のパターンが来たら耐えらない!って思って、遠慮してしまいました。
声優さん的には臣くん、寧ろ好みなんですけどね。


そんな感じで4人攻略させて頂きましたが、短いです(笑)
とにかくアッサリな作り。


抱えている事が話で聞かされるだけなのも、その苦労が伝わりづらい感じなのかな?と。


遊先輩とご両親の事とか、本当に可哀想なので、一度そんな冷たい両親の様子を主人公に見せてくれるとか、もっとそういうの欲しかったですね。


短いので、恋愛の過程も丁寧…とは行かない感じではありますが、まあ、危機的な状況に共に陥っている訳なので、そういう事もあるかも?と思えました。


レビューであったように、四天王や魔王が弱いのも勿体無いですね。
他社さんだと、本当に負ける、死んでしまう…ともっと追いつめられるんですが、アッサリ勝てます(笑)
その辺りももっと工夫して貰えるほうが、気持ちが入りやすいかな?と思いました。


でも、いいところ沢山あるんです!
スチルがとても素敵でした。構図もこってる感じのものが多くて、単調にならなくて素晴らしいし、絵が綺麗ですし、キャラもいいし、声優さんも合ってました。


立絵も綺麗で、口の動きも工夫されていて、本当にお話してくれてるようでしたし、敵を背後から攻撃する時の立絵の使い方、立ち聞きからドアが開いてなだれ落ちてくる時の立絵の使い方とか、色々上手に演出されていたなって思います。


いい所が沢山あった分もっと深く描いて欲しかったな…と残念に思えてしまう。
そんな作品でした。


でも、壮馬さんが今回も本当にいいお声で(笑)
人のルートでも海くんが気になって仕方ないくらて素敵でした。
そんな壮馬さんのお声を堪能出来て、海くんと出会えて嬉しかったです。


好きキャラ

1.海くん
2.勅使河原先輩
3.遊先輩
4.響くん


オススメ度&満足度

オススメ度:★★☆☆☆
個人的満足度:★★★☆☆


※短いので乙女ゲーム初心者さんにはオススメかも知れません。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました