ハイリゲンシュタットの歌

この記事は約3分で読めます。

ハイリゲンシュタットの歌 - PSVita

212本目の乙女ゲーム。
文化放送エクステンドさんのPSVita用ソフト。

スポンサーリンク

作品紹介

音楽の街シャル。
そこは音に溢れていた。
それは王立楽団の奏でる音だったり、ストリートミュージシャンの音だったり、主人公の下手くそなオルガンの音色だったり。

そんなシャル街の音楽には、不思議な力が宿っていた。
だから時折不思議な事が起こる。
楽器に心が宿ったり、動物が言葉を話したりも。

親を知らず身寄りのない主人公は、この街の教会の孤児院で育った。
孤児院の仲間や、母親がわりのシスター、そして自称保護者の言葉を話すオカメインコのソプラノに囲まれ、楽しく過ごしていた。

彼女は音楽を愛していたし、とても楽しんでいた。
だからだろうか?
彼女の奏でるオルガンは、下手くそではあるもののとても楽しい音色だった。

現在は独立し、司書の仕事をしながら、教会に通っては子供達と過ごしていた彼女に、ある日、シスターが王立楽団のコンサートチケットをくれた。

シャルの誰もが憧れる王立楽団の音楽を生で聴けると、胸を躍らせながら子供達と劇場へ。
素晴らしい音楽に感動していると、その音色に混り耳を塞ぎたくなる雑音が。

彼女には影響がなかったものの、客席の誰もがその音で倒れてしまった。
そして客席で一人無事だった彼女は、舞台の上で楽団のメンバーが、雑音を発生させていた奏者を切り捨てる瞬間を目撃してしまう。

これが最近シャルで起きている音の喪失事件。
あの雑音に触れたものは、音を拒絶するようになったり、歌えなくなってしまったりと、音楽を楽しめなくなってしまうのだ。

シャルに正しく美しい音楽を届ける楽団は、楽団内にファタリテートと言う音の喪失事件対策のチームを結成し、密かにその解決の為に動いていたのだ。

そうして事件に巻き込まれながらも、なんの影響も出なかった彼女には、何か特別な力があるのでは?と見込まれ、ファタリテートに協力する事に。

事件に巻き込まれ、大好きだった歌が歌えなくなった子供達の為にもと、王立楽団の劇場に住み込み、楽団の個性的なメンバーと共に事件解決を目指す彼女。

音楽に溢れる街から、少しずつ消えゆく音達。
彼女はそれらを守り、事件を解決に導くことが出来るのだろうか?

攻略キャラ

・ハルト(cv.小野友樹さん)
・アルシェ(cv.島﨑信長さん)
・ディー(cv.内田雄馬さん)
・クラヴィア(cv.鈴村健一さん)
・ヴィッセ(cv.岡本信彦さん)
・忘却の使徒(cv.谷山紀章さん)

キャラ別感想&ネタバレ

ヴィッセ
ディー
クラヴィア
アルシェ
ハルト
忘却の使徒

全体の感想

文化放送エクステンドさんの作品とは相性がいいと思うのです。
今回もとても楽しくプレイさせて頂きました。

最初は絵の感じが苦手かな?と、作品の情報が出た段階では思っていましたがプレイしてみると、世界観に合っているからか、むしろ好きな気がしてきました。

キャラはみんな個性的で、みんな大好きって思える人たちばかり。
個別のシナリオもとてもおもしろかったです。

特にヴィッセは、個別のシナリオよりも、他の人のシナリオで見る方が更に好きな感じがしました(笑)
人のシナリオであんなに可愛いって、ずるいと思います(笑)

サブキャラの皆さんもキャストの方が豪華だし、キャラがしっかりしていて、とても素敵な方ばかり。
続編とか出たら攻略したいのに…って思いました。
特にオカメインコ、最高でした(笑)
誰とのやり取りも、とてもかわいく楽しくしてくれるソプラノに、何度癒されたかわかりません。
もう、一番好きなのはソプラノって言いたいくらい大好きです(笑)

…と、最終的に作品の感想というより、ソプラノへの愛になりましたが、本当に楽しい作品でした。
素敵な作品をありがとうございます。
今後も期待しています!

好きキャラ

1.ヴィッセ&アルシェ
3.ディー&クラヴィア
5.忘却の使徒
6.ハルト

みんな素敵でみんな良かったので順位付けづらくてこんな感じに。
恋多き女ですみません(笑)

オススメ度&満足度

オススメ度:★★★★
個人的満足度:★★★★★

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました