明治活劇 ハイカラ流星組 -成敗しませう、世直し稼業-【松原銀之助】

この記事は約13分で読めます。
Nintendo Switch用ソフト 
ブランド:アイディアファクトリー 
ジャンル:明治世直し恋愛AVG 
発売日:2020年9月24日 
通常版:6,500円(税抜)

オトメイトさん、イチカラムさんのNintendo Switch用ソフト「明治活劇 ハイカラ流星組 -成敗しませう、世直し稼業-」で伊東健人さん演じるキャラクター、松原銀之助の感想とネタバレをまとめました。

スポンサーリンク

キャラクター紹介

※「明治活劇 ハイカラ流星組 -成敗しませう、世直し稼業-」は乙女ゲーム制作ブランド『オトメイト』、『イチカラム』の作品です。
 バナーの画像はこちらの公式Twitterからお借りしております。

CVは伊東健人さん。
高校教師で英語を教えている。
英語に精通しており、夜会の通訳なども頼まれる事も。

心臓の悪い彼女の母のために、メリケンの本の翻訳をしてくれた事も。
更には仕事の合間に執筆活動も行っており、黄身丸目線で長屋の様子を小説にしているんだとか。

頭がキレる彼は、ハイカラ流星組では参謀担当。
元流星組メンバーでもあるため、ずっと彼女を見守ってきた人。

感想

松原銀之助の感想をいくつかの項目に分けてまとめました。

ビジュアルについて

黒髪で真面目そうな人なので、好みではないものの、信頼できそうな人かな?とは思いました。

結構年上な感じの設定ですが、そこまでおじさんって感じの見た目じゃないので、そこも素敵かな?と思います。

恋人として

思慮深く、年上ならではな感じがとても素敵でした。

ただ、言葉足らずな所があるというか。
自分が少しの情報で色々と理解出来てしまうからか、説明してくれないんですよね。
自分だけ勝手に納得しているというか(笑)

その当たりは一緒に過ごしていく上で、直して欲しい部分かな?とは思いました(笑)

仲間として

参謀役ということで、とても頼りになる存在です。
ただ、結構危ない目にあうので、もっと戦闘力も高いといいなとは思います(笑)

また、色々な事情があるから仕方ないのかな?とは思いますが、先生の作戦全然うまく行きません(笑)
そこは仲間としても不満要素かも知れません(笑)

最後に…

先生の友人の常良さんが長屋に居候しているのですが、とても素敵な人でした。
恋愛対象としての素敵さではなく、彼と居る時の先生はすごく好きです。

先生が色々言葉足らずな所があるので、結構常良さんに救われた部分も多かったです。

何より、先生の小説に常良さんがつけてくれたタイトルが大変気に入りました(笑)
白身丸って出て来ないのに、これで良かったの?感はありますが、出版されたらぜひ読みたい本になりました。
それもこれも常良さんのお陰だと思います(笑)

つまり先生は常良さんとセットで好きだと思います。
ずっとふたりで仲良くしていて欲しいです。

ネタバレ(あらすじ)

君がこの世で普通に暮らせるようにする。
その役目を付け加える。
障害があれば私が取り除き、君に道を示してやる…そういう存在で在りたいのだ。

託された家族

幼い頃、一度養子に出され、その後また実家に引き取られた。
そんな過去を持つ彼は、その後実父と養父が揉め板挟みの状態となり、暮らしづらい少年時代を送ることとなった。
そんな彼の様子を見兼ねた親戚が、帝都で暮らせるように手配してくれ、四国から帝都へと出て来た彼。

しかしそんな親戚の計らいだったが、彼は帝都に馴染むことが出来なかった。
居場所を見つけられずにいた彼は、その当時世間を賑わせていた流星組に「居場所が欲しい」と頼んだ。
そう頼み札に書いたのだ。
彼が15歳の時のことだ。

それを見た流星組頭である彼女の父が、彼を流星組のいち員にしてくれたのだ。
そうして彼は当時既に流星組メンバーであった徳次郎と共に、頼み札を神社から選んで来る仕事を任されるように。

そんな若い二人に、頭は自分の素性を明かしていた。
更には久史の父もだ。
いつも危険と隣合わせの活動をしている彼らだ。
どこで命を落とすかも知れない。
だから彼らに家族を任せたい、そう考えてのことだったのでは?と、彼は今もそう思っていた。

実際彼女の父を襲ったあの事件も、事故の直後に父を見つけて看取ったのは彼だった。
ただ彼がたどり着いた時には、既に事故は起こったあとで、何があって命を落とさなければならなかったのか、それは未だに分からない。
そして駆けつけた時、まだ息のあった頭は、「家族を頼む」と彼に託し、「五世木に気をつけろ」と言い残して息を引き取った。

五世木に気をつけるようにとの言葉から、彼は一人で事件の真相を探り始めた。
そうしてそのことに夢中になっていた彼は、随分経ってから頭の家族である彼女たち母娘が、藤樹の家を出たことを知った。

家族を頼まれた身だ。
事件の真相に夢中で、肝心のそれを疎かにしてしまったことに気づき、慌てて二人を探した彼。
そうして五年前、やっと彼は長屋で暮らす二人を見つけた。

見守る愛

託された頭の家族。
だから近くで見守るため、帝都に用意してもらった自身の屋敷を引き払い、長屋ぐらしを始めた。
教師をしている彼が長屋で暮らしていると知ると、皆驚いたものだ。

そうしていつも傍で見守る中、懸命に生きる彼女に惹かれるように。

ただずっとそっと見守るつもりだったのに。
彼はついに行動を起こした。
彼女に父の死について教えるために。

だから舶来屋で夜会ようの洋服を手配し、友人の常良の屋敷に届けてもらい、屋敷の使用人を使い彼女の元へ届けてもらった。
洋服には夜会の招待状を添えて。

そうして彼は彼女に、父親は事故死ではなく殺されたのだ…と知らせ、その後自らの正体を明かした。
元流星組メンバーで、今も流星組にゆかりのある者で集まっていると。
再び流星組を結成し、彼女の父の死の真相を明かそうと考えていると。

すべてを知った彼女は、自分の力で父の死の真相を明かしたい!と、彼らと共にハイカラ流星組として活動することとなった。

その頃、彼女は藤樹修蔵と言う彼の生徒と出会った。
それは彼にとっても恐ろしい偶然だったのだが、修蔵は彼女の母が生後間もないまま藤樹の家に残して来た彼女の弟だったのだ。
自分の学校の生徒して、彼女の弟が入学して来たことでも十分驚いたのに。
修蔵はなんと彼のクラスの生徒となったのだ。

それでも彼からは二人が兄弟であることを明かすつもりはなかった。
そのまま見守るつもりでいた。

彼女も母と二人暮らしで苦労を重ねて来たが、修蔵もまた藤樹の家で苦労をしていた。
赤ん坊の頃からあの家で暮らしていた修蔵は、藤樹の家の息子だと信じて疑わなかった。
けれど明らかに他の兄弟と自分の扱いが違ったのだ。
そんな両親の態度も影響し、修蔵は優秀ではあるものの性格の歪んだ少年に育っていた。

家族の絆

優秀だった修蔵は、自分の扱いが気になったので、自力で調査。
そうしてたどり着いたのだ。
自分の父は流星組の頭で、父と信じていた人はその弟だということに。
そして納得もした。
自分が今まで両親から受けた扱いの意味を、ようやく理解出来たから。

それでも彼は成績が優秀なこともあり、それなりに扱ってもらえるように。
だから努力し続けた。
優秀であれば、あの家に自分の居場所を作ることが出来ると思ったから。

そして彼は家族を探し始めた。
自分の生き別れの姉と母を。
そんな時彼女と出会い、姉だと気づいてしまったのだ。

だから自分たちの関係を彼女に伝えたくて、彼女を夜会に招待した。
招待状は自分が家庭教師を勤めている華族の家で用意してくれた。

一方呼び出された夜会で、突然彼から弟なのだ…と聞かされた彼女はといえば、受け入れられない気持ちでいっぱいだった。
もともと彼とは反りが合わないと思っていた事もあるのだろう。
突然弟だと言われても、ただ驚いてしまうばかりだ。

どこかで思ってもいたのだ。
会えますように…と神社で祈っていたこともあった彼女だったが、自分の父が流星組の頭で、流星組がどんな目にあったのかを知った頃から考えが変わっていた。
会えない方がいい。
きっと恨まれているから。
だから遠いどこかで元気に暮らしている、そんな存在でちょうどいい
と思うようになっていた。

ところがその遠いどこかで元気に暮らしていてくれるはずの弟が、思いの外近くに、しかも苦手かな?と思う男の子となって現れたのだ。
受け入れがたいし、信じがたい気持ちでいっぱいだった。
だから夜会を逃げ出してしまった彼女。

なのに修蔵はある日突然彼女の長屋にやってきたのだ。
自分は金銭的にも恵まれている。
もし母の元生活していたら、きっと今のように学校に通わせてもらうことは難しかっただろう。
だから結構幸せだし、姉のようにならなくてよかったと思っていた。
けれどそんな修蔵に担任の彼は言った。
本当の幸せを知らないのだな…と。

何でも理解したい質の彼だ。
先生に言われたその言葉が気になって仕方なかった。
だから彼女たちの長屋に来て、数日ここで暮らすことにした。
本当の母と姉と暮らしたら、本当の幸せとやらが分かるかも知れないと思ったから。

そんな彼の行動に面食らった彼女と母。
しかし数日過ごしているうちに、実の息子というほどではないものの、長屋の子くらいの関係を築けるようになっていた。
そうして彼もまた、今まで何を食べても味が分からないタイプだったのに、長屋で家族と暮らすようになってから、味が分かるようになったのだ。
心のあり方に変化が生まれたからなのかも知れない。

二人からの求婚

病気の母と年頃の彼女。
彼女が働きに出てはいるが、娘一人の稼ぎでは大した暮らしは出来ない。
そんな二人の様子を見守る人たちにとっては、年頃の彼女に縁談を持ちかけるのも当然だろう。
早く結婚して、おっかさんを楽にしておやり」と言われるのだ。

だから漠然といつか結婚するとは思っていた。
思ってはいても、結婚は彼女にはまだ遠い所にあるものだった。

しかしある時彼女にトミの紹介で縁談の話が持ち上がった。
なんでも相手はトミの旦那の大工仲間で、宮大工をしている家なんだとか。

縁談の話を聞てもピンと来ない彼女。
しかし世話になっているトミの紹介とあれば、無下に断る事も出来ない。
だから「母さんのことを一人に出来ないので」と返事をしたのだ。

するとトミが相手と話し合い、その結果母の面倒も見てくれるという展開に。
そうなってしまえば、母も乗り気だ。
娘が信頼出来る家に嫁げる上に、娘の気がかりであった自分のことまで世話してもらえるのだ。
しかも家を改装して、彼女と母と二人を迎える準備までしてくれるというのだ。
申し分ない話だ。

それでも彼女は乗り気ではなかった。
いつも何かある度に、彼女は彼を頼って来た。
教師をしていて物知りな彼は、いつも彼女に道を示し見守って来た。
そんな二人の関係をいつしか二人揃って心地よく感じていた。
だから嫌だと思ってしまった。
彼と今までみたいに話しが出来なくなってしまうことが。
なにかあったら、どうしても彼に相談してくなってしまうから。

だから結婚の話も相談していた。
今の状態を維持出来るようにして欲しいと。

でも彼が動かずに居るうちに、ついに両家の顔合わせの日が訪れた。
いい話ではあるものの、彼が気になる彼女は暗い顔でその日を迎えた。

ところが当日になって、急に彼が動き出した。
やはり彼女を他の男に嫁がせたくないと思ったからだ。
そうして常良の力を借り、宮大工である嫁ぎ先には神社の仕事を発注することで、彼女との縁談をなかったことにしてもらった。
そして父親代わりのたわらや商店の店主と彼女の母には、彼女の父の死の真相を明かした暁には結婚したい…と告げたのだ。

そうして彼女は嫁ぐことなく、今まで通り長屋暮らしが出来ることとなった。
これでしばし安泰だと思った矢先、突然徳次郎が彼女に求婚したのだ。
彼に先を越されただけで、自分も彼女が好きなのだと突然言い出したのだ。

既に彼のことが好きで、事件の真相が明らかになったら、結婚という話にもなっている。
当然彼女は徳次郎の申し出を断った。
しかし徳次郎は引かなかった。
そして結婚してくれなくてもいいから、結婚を世話してくれるという恩人に会って欲しいと頼まれてしまった。
会ってくれれば、彼女が好きだから他の人とは結婚出来ないと断れるから、協力して欲しいと。

姉らしく、家族らしく

徳次郎につれて行かれた場所で待っていたのは、五世木議官だった。
この時彼女は既に彼から聞いていたのだ。
父を殺した犯人は五世木議官だろうということ。
徳次郎が五世木と繋がる裏切り者だろう…と。
そしてこの会食の席で、彼の予想が正しいことが証明されてしまった。

もちろん彼女は心に決めた人がいるので…と断るが、五世木はどうしても徳次郎と結婚して欲しいという。
そうして彼女を脅すのだ。
君が徳次郎を選ばなければ、君の母や弟、そして周りの大切な人たちがどうなるか分かるだろう?と。

その場はそれ以上無理強いされることはなかったものの、おそらく徳次郎を結婚相手として選ばなければ、脅し通りに周りに人や家族に手を出して来るに違いない。
実際彼女の父は五世木により殺されているのだから。

そのことを彼に話すと、早速流星組の会合を開き、そこで徳次郎が五世木とつながっていることを発表。
そして五世木を次の夜会で成敗しようと決定したのだ。
当然徳次郎はその旨五世木に報告するだろう。
それでも彼らはそう決めたのだ。

その頃、彼女の長屋で暮らしていた修蔵はと言えば、藤樹の家から長男が迎えに来て、無理やり家に連れ戻されてしまった。
それでも納得出来なかったのだろうか?
その数日後、長屋の前で座り込みしている修蔵が。
知らせを聞いた彼女は、修蔵の元に駆けつけ「一緒に暮らそう」と話をした。

次は家の人に話をして来なさい。
ずっと暮らしてもいいし、修蔵さんが来たい時にくればいい。
あなたは頭がいいんだから、家の人を説得することくらい出来るでしょ?
ちゃんと向こうの両親に納得してもらって、そうしてうちに来なさい。
もし家で暮らすのなら、学費は自分で稼がないといけないわ。
進学をするにもお金を自分でどうするか考えないといけない。

そんな姉らしい言葉を弟に掛けた彼女。
その言葉に、やっと返事をした修蔵は、一度藤樹の家に戻ることにした。
けれどこれで以前より少しだけ、彼女は姉らしくなれたし、彼とは家族らしくなれた気がした。

大切な人との未来

五世木を次の夜会で成敗する。
そう決定を下した彼は、夜会の前に常良のツテを使い、五世木と二人で会うことに。
そこで彼女の父の死の真相を聞き出した。
決して口外しないという約束で。
そしてその時、15歳の時に彼女の父に流星組に入れてもらった時に、独自に作った血判状を五世木に渡した。
これがあれば自分を捕らえることが出来るだろう…と。

そうして夜会の直前、彼は突然言い出したのだ。
昔の流星組のやり方で五世木を成敗する…と。
それは暗に五世木を殺す…と伝えていた。
当然彼女も皆も止めた。
それでも彼は彼女に指輪を渡し、別れを告げて五世木に近づいた。

夜会には50人もの警察官が警備に訪れていた。
彼が五世木に近づくとすぐに、その警察官に捕らえられたのだ。

きっと本当に殺すつもりなどなかったのだろう。
ただ警察官が大勢きている中、ハイカラ流星組がことを起こせば全員捕まってしまう。
罪状なんで五世木にかかれば、何もしていなくてもいくらでも作り出せる。
だから彼は一人犠牲になることで彼女を、仲間を守ろうとしたのだろう。

しかしその後徳次郎のコネで、彼はすぐに外に出された。
代わりに捕まったのは、どこの誰とも知らない窃盗犯だ。
彼が捕らえられるのを夜会の当日に見ている五世木は、いちいち収監されている彼の様子を見に来ることなどない。
だから替え玉を置いた所で、それを咎めるものは誰もいなかったのだ。

ただ彼の顔は知られている。
捕まっているはずの彼が、帝都内を歩き回ればバレてしまう。
故に彼は捕まってはいないながらも、一月ほど身を隠していた。

そうして頼み札を使い、彼女を呼び出した。
以前彼は、彼女が今まで選んでいた頼み札は、彼女が選ぶように紐が目立つように変えられていた…という話をしていたことがあった。
それを利用し、今回も目立つ紐の頼み札を使い、彼女と接触。
そこで今までの経緯を話し、帝都にいられないから今日四国へ立つことにする…という彼。

捕まったと思っていた愛しい人が現れたのだ。
当然彼女もついて行くことにした。
そこまでは彼の予想の範疇だった。
しかし、いざ汽車の時刻になると、彼女の弟と母、そして常良までもが彼の元に現れたのだ。
共に四国へ行くという。
どうやら実家への旅は賑やかなものになりそうだ。

そうして二人はやっと結ばれる。
もう彼の知りたかった頭の死の真相は知ることが出来たから。
けれど彼はそれを彼女にも話すつもりはない。
ずっと私の心の中にとどめたいと彼女にも伝えてある。

だから彼女は父の死の真相は分からずじまい。
それでも、一番大切な人との未来を手に入れたのだ。
きっと彼女の父だって、そんな娘の未来を誰よりも望んでいたことだろう。

その他のキャラのネタバレ(あらすじ)

南條久史

咲村賢

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました