スカーレッドライダーゼクス Rev.

スカーレッドライダーゼクス Rev. - PS Vita

211本目の乙女ゲーム。
REDさんのPSVita用ソフト。

スポンサーリンク


作品紹介

この世界と似ていて、けれど少し違った世界の物語。


そこには人間の暮らす理性の青の世界と、ナイトフライオノートの暮らす本能の紅の世界が存在する。


主人公の暮らす青の世界は、ナイトフライオノートにより、少しずつ紅の世界の侵略を受けていた。


そこで人類は、対位相外防衛機関LAGを設立し戦う事に。
侵略を繰り返しナイトフライオノートには、対ナイトフライオノート戦闘ユニット、スカーレッドライダーが対抗した。


スカーレッドライダー達は、人類側についたナイトフライオノート、サブスタンスとレゾナンス(融合)する事で戦う戦闘ユニットだった。


主人公は、そのスカーレッドライダーの教官兼指令官に任命された。そうして彼女とライダー達の世界を守る為の戦いが始まった。


攻略キャラ

・駒江クリストフ・ヨウスケ(cv.鈴木達央さん)
・霧澤タクト(cv.宮野真守さん)
・津賀ユゥジ(cv.近藤隆さん)
・鞍馬ヒロ(cv.下野紘さん)
・錫木カズキ(cv.高橋広樹さん)
・無月ヒジリ(cv.KENNさん)


キャラ別感想&ネタバレ

無月ヒジリ


全体の感想

リュウキュウの基地が舞台と言う事で、沖縄なBGMだったり、アロハ風の制服なんかが素敵でした。


攻略キャラは個性豊かで、キャラ同士のやり取りも見ていて楽しかったです。


サブスタンスと言うサブキャラも、キャストさんが豪華で、こちらもまた個性豊かでやり取りが楽しく和みました。
楽しいやり取りや、キャラの個性で、笑える話かと思いきや、想像以上に重く感じる内容でした。


バトルの指令とか、予告とか、発進のアニメ、レゾナンスのアニメなど、最初は良くてもすぐ飽きるので、途中から、その辺りが辛く感じました。


古い作品のリメイクなのかな?
スチルのサイズがVitaの画面サイズと合っていないものなのが残念でした。


レゾナンス後に、顔だけ変身が解かれた立ち絵がところどころ出るのですが、それは個人的には無い方がいいかなって思いました。


個別ルートがないようなので、周回プレイはなかなか辛そうです。


立ち絵のバリエーションが、最近のゲームに比べ圧倒的に少なく、武器も通常の立ち絵に重ねて表示してるみたいで、手抜きなんじゃ…と思わずにはいられませんでした。


スチルの内容も、ちょっと微妙かな?と。


…と、まぁ、いい所と気になるところをあげましたが、トータルで気になる部分が目立つ感じですね。
丁寧に作られてる作品が多いので、移植するなら、もうすこし丁寧に移植して貰えると良かったですね。


面白いのは面白いですが、アニメにもなってるので、アニメで楽しむ方が向いている作品かも?


キャラがよくて、歌も良くて、鼻歌としてゲーム内でKENNさんが歌ってくれたりもあったので、そう言う嬉しい要素もあり、個人的には、なかなか楽しかったです。


オススメ度&満足度

オススメ度:★★☆☆☆
個人的満足度:★★★☆☆


移植するに辺り、スチルのサイズなんかも変えてない所とか、雑かな?という印象が。
移植するからには、クオリティをVitaに合わせて頑張って欲しかったので、★は少なめの評価です。

Pocket

スポンサーリンク