花朧~戦国伝乱奇~【竹中半兵衛】

花朧 ~戦国伝乱奇~ - PS Vita

キャラクター紹介

CVは浪川大輔さん。
斎藤龍興の家臣で、織田には客人として滞在。


彼の才を信長は欲していたが、なかなか織田に仕えず、最終的には秀吉に仕える形で、織田で働くことに。
いつも一人でポツンと過ごしている彼を気にかけて追い回し、絆を深める。

スポンサーリンク


感想

最初から、ちょっと朧的な意味で、非常に気になる存在でしたが、やっぱり半兵衛ルートだと、朧について、詳しく分かりました。
やってないので、信長のルートと比べたり出来ませんし、きっと同じ織田家の話なので、朧について信長ルートでも、詳しく出て来そうではありますが。


そして彼だけが持つ特別な要素もあり、さらには彼の願いを叶えるには彼女の存在が不可欠でもあるので、また長政様とは違う意味で、彼と結ばれないとと言う使命感も(笑)
儚げな感じも、凄く好みで、人とうまく付き合えない不器用さも、結構好きですね。


一応攻略した三人の中では、半兵衛は3位ではあるのですが、本当に三人とも素敵だったので、甲乙つけがたい感じでした。
浪川さん、素敵な半兵衛をありがとうございました!


ネタバレ

生きたい…生きたいんだ!
姫の側に居たい。
一生彼女を守りたい。



-----


父を早くに亡くした彼は、幼くして竹中家の家督を継ぎ、斎藤家家臣として軍議にも参加して居た。
けれど、幼いという理由だけで、他の家臣は彼の策を笑った。
馬鹿にして全く取り合わなかった。


所が当主の斎藤道三だけは、彼の策を正しく評価してくれた。
そんな道三の態度により、他の家臣たちも、彼の話に耳を傾けるように。


だから彼は道三を慕って居た。
誰にも心を許せずに、当主として務めを果たさねばと、肩肘を張って居た彼の心を容易く溶かしてしまった人だから。


所が、彼は彼自身の意思に反し、最も敬愛している道三の命を奪う事に。


全ては玉藻狐の仕業で、道三に取り憑いた玉藻狐が、道三の様子がおかしいとの報告を受け、道三を探しに出た所で、彼の容姿を気に入り、今度は彼に取り憑いた。
そうして彼の体を自在に操り、彼を絶望させ思うように操る為にと、彼の手により道三を殺させてしまった。


玉藻狐の読み通り、絶望した彼は、自ら命を断とうとするも、自分の依り代である彼を死なせたくない玉藻狐により阻まれてしまう。


元々朧の中でも黒狐と玉藻狐は、容姿の美しい朧として有名だったのだが、次第に黒狐の方が美しいと言われるようになり、それが気に入らないという理由だけで、ひどく黒狐を恨んで居た玉藻狐。
そんな玉藻狐は、陰陽師により大岩に封印されてしまって居た為、誰かを依り代にしないと何も出来ない。


所が、自由な黒狐は、人のためにと生きるその生き方も周りに好まれ、現在は織田の姫として転生し、若くて美しい姿を手に入れている。


それが憎くて堪らない!
…そんなくだらない理由から、彼に命じて尾張へと行かせた。
依り代に彼女の体を使う為。


元々転生した黒狐の体である織田の姫の体を利用したいがために、自分の一部を彼女の元に送り込んでも居た。
それが彼女の子狐の一人の玉だった。
そして玉が彼女に入り込んで来た為、彼女の一部が狐の形を取ったのが黒だったのだ。


そうして玉に阻まれ、黒が生まれたりしたことから、彼女は完全な朧に覚醒しきれず、そんな彼女に後代返しを使わせ弱らせる事で体を奪おうとして居た。


けれどそのために派遣した半兵衛は、玉藻狐の思惑を利用し、道三殺しの後悔から解放してもらうために、彼女の力を必要として居た。
黒狐である彼女なら、玉藻狐の依り代の自分を殺せるだろうと。


所が玉藻狐の思惑ばかりか、彼自身の当初の予定も狂ってしまった。
だって、彼女に恋をしてしまったから。


そうして彼女により体の中から玉藻狐を追い払って貰った彼は、彼女との絆により、あんなに死にたかったのに、彼女と生きたいと願うように。


だから、彼女と力を合わせ、共に生きるために玉藻狐を討ち、織田を離れ二人で生きて行く事に。
愛する人と共に生きる喜びを噛み締めながら。


-----


全ては尾張に来てから始まりました。
死にたいと思っていた僕をあなたが変えてくれたから。

Pocket

スポンサーリンク