DYNAMIC CHORD feat.[reve parfait] V edition【百瀬つむぎ】

この記事は約4分で読めます。

【通常版】DYNAMIC CHORD feat.[rêve parfait] V edition - PS Vita

キャラクター紹介

CVは木村良平さん。
主人公の学校の一つ後輩。
楽器はベース。


ベースが必要なレヴァフェにベースとして参加して欲しいと、彼女に執拗に迫られ、始めは断っていたものの、彼らの曲に心を動かされてメンバー入り。
とある事件で停学になった事をキッカケに、彼女との絆を深める。

スポンサーリンク


感想

すごく良かったです。
兄を慕い、兄の子供であるたくとくんに優しい所が、本当に素敵でした。


最初は軽い感じというか、誰でもいいという雰囲気でしたが、彼女と親しくなって彼は、とても素敵でした。
たくとくんと接する姿に、素敵なパパになるんじゃないか…なんて思ってしまいましたし。


とにかく何もかもがツボで。
やっぱり年下最高だよ!と思わせてくれた素敵なキャラです。
出会えてよかったです。


木村さん、素敵なつむつむをありがとうございました!


ネタバレ

最初から信じてなければ、裏切られる事なんてないから。
だからもう誰も信じない。



-----


大好きな兄が居た。
兄はベーシストで、彼は兄のベースに憧れていた。
そうして大好きな兄のようになりたいと、彼はベースを始め、親友と共にバンドを組む事に。


親友がギターで彼がベース。
そうして女子で歌のうまい子がいると聞き、二人はその子を誘ってバンドを始めた。
「TRUST」信頼という名のバンド。


けれどそのバンドが彼を傷つけた。
一人だけ女子であるボーカルの子は、彼と付き合い始める事に。
そうして親友にそれを伝えると、二人を祝福してくれたのに、その後そう時間を必要とするまでもなく、親友も彼女と付き合っていた事を知ってしまった。


あんなに喜んでくれていたのに。
恋人の裏切りと親友の裏切り。
二つの裏切りに彼は深く傷ついてしまう。


そうしてその頃、彼の大好きだった兄が交通事故で亡くなったのだ。


-----


メジャーデビューも夢じゃないと言われていたバンドでベースを弾いていた兄には、とても大切にしていた恋人が居た。


そうして恋人との間に子供が出来た事をキッカケに、兄は音楽の夢を諦めて、家族の為に生きる事に。
そうして子供にも恵まれて、いよいよこれからだという時に、事故で命を落とした兄。


大好きな兄が残してくれたのは、愛用していたベースと、義理の姉の百合とその息子のたくと。


-----


仲間の裏切りに傷ついた彼に兄の死は大きかった。
深く傷ついた彼は、ひどく荒れて、以来人を信頼しないように。


そうしてベースは続けていたし、腕も良かったものの、色んなバンドを渡り歩いていた彼。
信頼して共に夢を追いかける事が怖かったから。


どうせ人は裏切るだろ?


そんな彼のベースに惚れ込んだ玲音は、メンバーと共に彼を口説き落とそうとするも、なかなか首を立てに振らない彼。
けれど、何度も熱心に誘って来るレヴァフェの曲を聴いた時、彼の心は動いた。


やっと見つけた!
アニキの魂を宿したベースを奏でるにふさわしい曲を。
ふさわしいバンドを。



そう思ったから。


そうして彼は今在籍していたバンドをやめて、レヴァフェのベースとなった。


所がその頃、彼女と息抜きに…と訪れたライブハウスでTRUSTという名前に惹かれて見てみると、そこには彼を裏切ったあの二人がいた。
そう、彼が抜けた後も、二人はTRUSTを続けていたのだ、 彼に何も知らせないままに。


そうして彼は再びあの頃の苦い思い出を思い返す事に。
更には、当時付き合っていたボーカルが、彼の親友に飽きたから…と、彼に迫ってきたのだった。


その事にショックを受けた彼は、親友にそれを知らせようと呼び出したものの、親友は彼の言葉を信じてくれず、二人は喧嘩になってしまった。
そうして警察に通報された事で、学校も停学に。


その間、自主練の見張り役として、彼に付きそう事になった彼女とは、その停学期間中に絆を深める。


彼女に出会い、レヴァフェに出会い、彼は再び信じてみたいと思うように。
けれど、怖かった。
あの時みたいに裏切られる事が。
大切な仲間だったから、大切な彼女だったから。


一時は信じる事が怖くて、レヴァフェからも彼女からも逃げた彼だったが、それでも彼と向き合おうとする彼女や仲間の思いに、ついに彼らを信じる事が出来た彼。


そうしてレヴァフェはクリスマスライブを成功させ、無事にデビューを手にし、彼と彼女も晴れて恋人に。


-----


アンタが居てくれたから。
アンタが諦めずに俺と向き合い続けてくれたから。
だから俺はアニキのベースにふさわしいバンドと、最高の仲間を手に入れる事でできたんだ。
そして何より、誰よりも信頼出来るアンタっていう恋人を手にいれた。


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました