あやかしごはん~おおもりっ!【芹ヶ野真夏】

この記事は約6分で読めます。

キャラクター紹介

CVは興津和幸さん。
ぽんぽこりんの店長吟の友人で、吟の亡き奥さんの弟。
甥っ子の綴に会いたくて、店の配達にかこつけ、ぽんぽこりんに入り浸っている。


年中遊びに来ている彼とは、彼の優しい人柄も手伝い、すぐに親しくなった。

スポンサーリンク


感想

原付きを転倒せずに停められない…という、悲しいくらい乗り物に向いていない所とか、年上なのになんとなく危なかっかしく、心配になる所が、可愛かったです。


他の人のシナリオで見ていると、ただ心配なだけの彼が、彼のシナリオだと、とても頼れるお兄さんになってた所も、凄く良かったです。


一周目で交わした彼との会話から、薄々気付いていましたが、悲しい運命を背負っているので、切ないシナリオでした。
それでも、運命に負けずに立ち向かった彼は、とてもカッコ良かったです。


そしてまた桜が更なる謎を呼び、エピローグは「えーっ!」な展開に。
これは、何がなんでも桜の謎を解かねば!!
…と思わされる作りがズルいなって思いました(笑)


なので、真夏さん素敵だったのに、エピローグの消化不良な感じが一番印象に残ってしまった感じ。


詠くんの時も気になるにはなるのですが真夏さんの方がいやいや、ちょっとまってよ!…感が強い展開かな?


全ての謎が解けた時、この私の中のモヤモヤがどうなるのか、凄く楽しみです。


興津さんの優しい話し方が、とても素敵でした!
詠くんに出会ってなかったら多分大好きだったハズ(笑)
興津さん、素敵な真夏さんをありがとうございました。


ネタバレ

俺たちは結ばれてはいけない運命なんだ。

悲しい運命の始まり

時を遡ること千年、平安の世。
そんな昔に出会っていた彼と彼女。


陰陽師の藤原真夏、それがその当時の彼。
悲しい運命の始まりの出会い。


彼に引き取られ、大事に育てられた姫は、都でも評判の姫に。
その姫が当時の彼女。
そうしてそんな噂を聞きつけた帝が、彼女を側室に迎えたいと言い出した。


陰陽師として帝に使える彼にとって、帝の言葉は絶対だった。
どんなに大事な姫でも、彼女を帝の元に嫁がせなければならなかった。


姫もまた、帝の命が絶対と知りつつも、顔も知らない人のところに嫁いで真夏さまと離れたくない…と、泣いて頼んだのだ。
本当に彼を慕っていたから。


何もかも捨てて、逃げればよかったのかも知れない。
そうすれば運命は変わっていたかも知れない。



何度も繰り返した転生の中、彼は幾度も後悔した。


けれどその時は守るべき家や家来たちも居る立場のある彼は、そんな行動に出られる訳がない。
姫もまた頭ではそれを理解していたので、互いが互いを想い合いながらも永久の別れとなった二人。


そこで終わるハズだったのに…。

悲しい再会

帝の寵愛を一身に受ける姫を妬ましく思った者により、姫は呪いを掛けられてしまった。
そうして病に倒れた彼女は、再び藤原の屋敷に戻って来た。


二度と会う事が叶わないと思っていた二人が果たした、とても悲しい形の再会。


呪いが原因ではあるものの、彼の陰陽師としての技術や知識をもってしても、その呪いを解く事が叶わないまま、次第に姫は弱っていった。
そうして残された時間を以前のように寄り添い合い共に過ごす二人。


僅かな時間は瞬く間に過ぎ、姫は彼を残して旅立ってしまった。

決して結ばれない二人

そうして最初の後悔が彼を襲った。


何もかも捨てて、逃げればよかったのかも知れない…と。
だって、そうしていたら姫は呪われる事などなかったから。
けれど、自分にそんな勇気がなかったから。
そのせいで愛する姫は呪われて、その命を奪われてしまった。


その後悔の念に耐え切れなくなった彼は、姫の居ない世界で生きる意味を見出す事が出来ないまま、後悔の想いと共に入水自殺。


そんな彼の自分自身を呪う気持ちが、長い時を経て獏というあやかしに変じてしまった。


その後、何度も転生を繰り返し巡りあう二人。
けれど、いつの時代も二人が結ばれる事はなかった。
出会い、心がひかれあうと、彼女が死んでしまう。


だからいつしか思うようになった。


近づいてはいけない。
想い合ってはいけない。
好きだけど、好きだから、遠くから見守ろう
…と。

千年前の彼女と共に

そうして彼は、幾度も繰り返された悲しい運命の中、孤独と戦い生き続けた。


けれど悲しい運命には終わりなどないかのように、再び巡りあってしまった二人。
そうしてまた互いが惹かれ合った時、彼女は深い眠りに就いてしまった。


眠る夢の中、獏に出会った彼女は、繰り返された幾つもの悲しい別れを獏により見せられた。


あぁ、そうだったんだ。
真夏さんに会った時に感じた、一緒に居る時に感じたあの懐かしい気持ち、それはこういう事だったのか。



そう納得した彼女は、自然と理解してしまった。
このまま目覚める事なく、自分は死んでしまうのだろう…と。


そうして最後に見せられた始まりの時。
始まりのあの出会いと、悲しい別れ。
その後の彼の自殺。


見せられたその中に、彼の孤独を感じ、守られるだけなんて嫌、今度は私が彼を救いたい!と強く願う彼女。


そんな彼女に、千年前の彼女が力を貸してくれた。


彼が悔いていた出会いを彼女は悔いてなどいなかった。
死んでしまったけれど、たった一度くちづけを交わしただけで、離れ離れになったけれど、それでもしあわせだったから。
出会えて良かったと思っていた。
彼と過ごした暖かく穏やかな時間は、しあわせな時だったから。


そうして千年前の自分の力を借り、獏の夢の呪縛から解き放たれた彼女は、今度は彼を守るために、あの紅葉山の桜の元に。
そこには獏と対峙する彼の姿が。

獏の正体

そうして彼女は気付いた。
獏はただのあやかしではない。
彼の後悔が生み出した孤独の塊だと。


だから彼に襲いかかる獏を抱きしめた。
ずっと辛かったよね、寂しかったよね。
でも、もう大丈夫だよ
…と。


すると、獏は千年前の藤原真夏の姿に。


全ては自分の作り出した呪いだったんだ。


気づいた彼は、ついに悲しい運命に打ち勝つことが出来たのだ。
そうして晴れて恋人になった二人。


迎えた春、3月9日。
二人であの桜を見に出かけた時の事。
いつも満開の桜が、一段と美しく咲き誇っている事を感じた時、ふと、言い知れぬ不安に襲われた。
隣で手を繋いでいる、確かにここいる彼を失うような不安。


その気持にせかされるように、隣を見ると、さっきまで一緒だった、手を握ってくれていた彼が、姿を消していた。


真夏さん!
愛おしい人を求める彼女の声だけが、春の山に響き渡っていた。


他のキャラのネタバレ(あらすじ)

他の攻略したキャラのネタバレ(あらすじ)はこちらからどうぞ。

犬嶌詠

あやかしごはん~おおもりっ!【犬嶌詠】
キャラクター紹介 CVは梶裕貴さん。 謡とは双子で、彼は弟。 狛犬のあやかし。 人間が大嫌いで、...

犬嶌謡

あやかしごはん~おおもりっ!【犬嶌謡】
キャラクター紹介 CVは下野紘さん。 紅葉神社の氏神様に仕える狛犬のあやかし。 詠の双子の兄。 ...

伊吹萩之介

あやかしごはん~おおもりっ!【伊吹萩之介】
キャラクター紹介 CVは水島大宙さん。 紅葉神社の神主の息子。 学校ではクラス委員を務め、明るくて気さ...

木邑浅葱

あやかしごはん~おおもりっ!【木邑浅葱】
キャラクター紹介 CVは石田彰さん。 紅葉山の桜の木の前で出会った謎の多い少年。 どこに住んでいて...


オススメ記事

芹ヶ野真夏を演じた興津和幸さんが演じた別作品の彼で、特にオススメしたい彼の記事をご紹介しています。

赤い砂堕ちる月【翔侠】

赤い砂堕ちる月【翔侠】
キャラクター紹介 CVは興津和幸さん。 翔侠は王陵に住む侠客。 洛泉と良く仕事をしているものの、彼...

エフェメラル【レイ】恋愛編

エフェメラル【レイ】恋愛編
キャラクター紹介 CVは興津和幸さん。 種族は吸血鬼。 闇の階級では人魚に次いで第2位。 現在ア...


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました