あやかしごはん~おおもりっ!【伊吹萩之介】

この記事は約6分で読めます。

キャラクター紹介

CVは水島大宙さん。
紅葉神社の神主の息子。
学校ではクラス委員を務め、明るくて気さくな性格で、みんなをまとめている。


転校してきた主人公にも、その人懐っこい性格から、話しかけてくれてすぐに打ち解けた。

スポンサーリンク


感想

人間編では、そもそも、謡くんがあってのあの性格って事なので、どうしてもそこを考えると他の人とって考えづらい感じではありますが、謡くんとはまた違った素敵なシナリオでした。


あやかしを探したい、会いたいといつも言っていた理由とか、かなり衝撃でしたね。


そして彼のシナリオの後半のあれで、この最大の謎に一番近づけたのでは?って思えるシーンがあった事がとても印象的でした。


謡くんの時も、学校チームの仲良し感は素敵でしたが、萩之介くんのシナリオだと、主人公と萩之介くんをくっつけようとする残りの三人の団結力とか、なんか見ていて微笑ましかったです。


ただ、詠くんが好きでたまらないので、彼に他の人との恋路を応援されるって、とっても複雑な気分でした(笑)
更にはピンチの時に駆けつけてくれた双子の姿に安堵して泣けてしまう程、やっぱり詠くんが好き!を実感してしまいました(笑)


詠くんが居なかったら、明るしい、優しいし、話しやすいし。私の好きな最初から優しい人なので、もっと大好きになれたんだろうな…と思います。
萩之介くんが悪いんじゃなくて、詠くんが好み過ぎるのがいけないんだと思います(笑)


水島さん、優しくて暖かい萩之介くんをありがとうございました。


ネタバレ

一人で食事をする事が多かったから、人がいると食事が出来ないんだ。


そう話す彼は、小さいころに母んと、そのお腹の妹を亡くしていた。

優しいあやかしの命がけの出産

それはまだ彼が小さかった頃、大きなお腹のお母さんと神主の父、そして祖母。
家族仲良くしあわせに暮らしていた。


所がある日、母の定期検診の日、父が運転する車が事故に巻き込まれ、父は意識不明、母は命を落としてしまった。
それだけならただの事故死で済んだのだが、その後、とても不思議な事が起こった。


当時の彼は何も知らなかったが、亡くなった母にミネというあやかしが憑依してしまい、亡くなったはずのその体を、自分が棲まう森の奥まで連れて行ってしまった。
彼の母の体にに憑依したまま。
憑依した時に彼の母の感情が入り込み、お腹の子供や家族の事ばかりを気にいしてるその心に触れ、どうしてもお腹の子供も助けてやりたくなったから。


そうして森の他のあやかしの力を借り、死んでいるはずのその体を2ヶ月保ち、森の奥で彼の誕生日と同じ2月1日、予定日通りに女の子を出産。
所が女の子を産んだミネは、長期間の憑依と出産で力尽き、その赤ん坊の名前が桜だという事を告げて亡くなった。


その出産に立ち会った鵺が、子供を哀れに思い、村の古本屋の店主があやかしを見る目がある…という噂を頼りに、彼のもとに赤ん坊を預けたのだ。
そうして鵺から教えられた桜と名付けられた女の子は、立派に成長した。

幼い日の不思議な体験

一方、伊吹家では空の棺で葬儀が行われた。
亡くなったはずの母の遺体が消え、あやかしの仕業じゃないか?母がそもそもあやかしだったんじゃないか?
そんな噂が飛び交う中の葬儀だった。


あの日事故にあった父は目を覚まさず、家には祖母と二人きり。
けれど、お腹の孫も息子の嫁も亡くし、息子は意識不明でいつ目覚めるとも知れない状態に、祖母は気を落とし、部屋に閉じこもり、あまり食事も摂らなくなってしまった。


少し前までは家族で食卓を楽しく囲んでいたのに。
今ではそれが嘘のように、ひとりきりの食卓で食事をする彼。


辛くて寂しくて。
いなくなった母の死をまだ理解も出来ていない彼は、毎日母の帰りを待っていた。


それでも母が戻らない。
とうとう2月1日、妹が生まれる予定日の日、帰れず困っているかもしれない!…と、幼い足で、母を探しに出かけた彼。


村中を探しまわった彼は、気づいたら森の中に。
次第に日が暮れて、寒さも増してきて、緊急の食事にと持ってきたビスケットも食べつくし、お腹も減って心細くなってしまった。
それでも母は見つからない。


怖くて寂しくて、彼は「お母さん!」と泣き出してしまった。


丁度その頃、出産を終えたミネは、その声が憑依している体の主の息子だと知り、最後の力を振り絞り息子のもとへ。


何も知らない彼は、そのまま森の中で眠ってしまい、目覚めると森の入口に居て、傍には母の亡骸があった。
けれどお腹の中からは、赤ん坊が消えていた。

妹に会いたい

そんな体験をした彼だから、あやかしに会いたかった
母のその事件の真相が知りたかった
母のお腹から消えた妹がどうしてるのか知りたかった


それに、森で眠ってしまったその時、彼は夢を見ていたのだ。
それはとてもしあわせな夢で、あの事故がなかったら、伊吹家に普通にあっただろう未来の夢。


病院で無事に出産した母の元に父と祖母と駆けつけると、可愛い赤ちゃんが居て、名前は桜というのよ…と、嬉しそうに教えてくれた母の夢。
だから彼はどこかに妹が居るのでは?と、ずっと気になっていた。


そんな彼の探し求めていた真実を見つけてくれたのが、転校生の彼女だった。
本が好きな彼女が、クラスメイトの紹介で訪れた古本屋、そこで彼にとても良く似た「桜」という名前の女の子と出会った。
彼女はその店主のお孫さんなのだと言う。


既に彼から不思議な体験を聞いていた彼女は、妹の名前の夢の話も知っていた。
だから気になり、何度も何度も古本屋に通い、桜の事を店主に訊ねてみるが、話すことはないと追い返される毎日。
それでも根気強く通い続け、やっと真実に辿り着いた。

家族で囲む食卓

その後、妹は育ててくれたおじいさんが心配だから…と、そのまま古本屋さんで暮らしてはいるものの、時折おじいさんも含めて、家族で食事をしたりする間柄に。
伊吹さん…なんて他人行儀な呼び方も、今ではお兄ちゃんと変わっていた。


いつか家族で食卓を囲むのが夢という彼だったが、思いがけない形でそれが実現する事となった。


その後、彼女と正式に恋人になった彼は、自分はあやかしが見えないものの、彼女が見える世界を共有したいと、見えないあやかしと彼女が挨拶を交わしていると、真似て声をかけてみたりと、見えないながらも交流を深めている。


そんな風に見えないながらも妹を助けてくれたあやかしと、少しずつその世界を近づけて暮らしていく事でだろう。
彼女と二人で。


他のキャラのネタバレ(あらすじ)

他の攻略したキャラのネタバレ(あらすじ)はこちらからどうぞ。

犬嶌詠

あやかしごはん~おおもりっ!【犬嶌詠】
キャラクター紹介 CVは梶裕貴さん。 謡とは双子で、彼は弟。 狛犬のあやかし。 人間が大嫌いで、...

芹ヶ野真夏

あやかしごはん~おおもりっ!【芹ヶ野真夏】
キャラクター紹介 CVは興津和幸さん。 ぽんぽこりんの店長吟の友人で、吟の亡き奥さんの弟。 甥っ子の綴...

犬嶌謡

あやかしごはん~おおもりっ!【犬嶌謡】
キャラクター紹介 CVは下野紘さん。 紅葉神社の氏神様に仕える狛犬のあやかし。 詠の双子の兄。 ...

木邑浅葱

あやかしごはん~おおもりっ!【木邑浅葱】
キャラクター紹介 CVは石田彰さん。 紅葉山の桜の木の前で出会った謎の多い少年。 どこに住んでいて...


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました