AMNESIA World【ノヴァ】Normal World

この記事は約4分で読めます。

オトメイトさんのPSVita用ソフト「AMNESIA World」で花江夏樹さん演じるキャラクター、ノヴァのNormal Worldの感想とネタバレをまとめました。


キャラクター紹介


※「AMNESIA world」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。
バナーの画像はこちらからお借りしております。

CVは花江夏樹さん。
神に仕えていた精霊。
彼女の精神とぶつかり彼女の中に。


彼女の記憶を失わせた張本人。
彼自身も衝動の衝撃で記憶がない。
名前は彼女につけてもらった。


感想

オリオンとは違い、可愛い少年と言うより、端正な青年と言う感じのノヴァ。
オリオンの時のように、いいツッコミ役でもあった彼。
一緒にいるのが、とても心地よい人でした。
いや、人じゃなく精霊でした(笑)


最初にプレイしたシンくんの時にも、すでにお別れが悲しかったです!
いつか彼と恋愛が出来たらいいなって思いました。
そんな素敵な出会いでした。


ネタバレ

なちゅ
なちゅ

一部他のキャラと共通している部分もあるんだにゃ。

管理人に代わってお詫びするにゃ!

ボクは何があっても忘れない。
この世界で過ごした、優しいひと時を。

精霊との出会い

ノヴァと彼女の精神が衝突。
衝動の衝撃で彼女は記憶と人格を失う。
彼女の中から抜けた分を補うかのように、衝突したノヴァが彼女の中に。


衝突したノヴァもまた記憶を失う。
ノヴァの名前は彼女が命名。


彼女の記憶が戻れば人格も戻る。
ノヴァはそれに押し出される形で外に出られる。


二人で協力し、記憶を取り戻そうと決意。


冥土の羊

彼女の日常の手掛かりを探すべくケータイを捜索。
履歴によく出てきたのが【冥土の羊】。
恐らくバイト先だろうと推測。


バイト先を見つけ、スタッフとの関係性も把握。
ところがここで問題発生。
冥土の羊では近くイベントを開催予定。
スタッフに企画を提出させ、店長が選んだ企画は彼女のものだった。


外に絶対に漏らさずに準備をすすめよう…との事で、彼女たちに決定的なる情報が降りてこない。


魅惑の王子イベント

準備を進める中、イベントの内容を推測。
なかなか決定打がないままイベント直前、店長からイベントの名前を相談されてしまう。


困った二人だったが、全員の企画書を見せて貰えた。
お陰でイベントは魅惑の王子イベントであると知る事に。


イベントの名前は【プリンスDAY】に決定。
普段は厨房担当のシンとケントも王子で参加。
更にはカメラマンとして当日呼ばれたウキョウも強制参加。


精霊の魔力

彼も記憶がない。
だからハッキリとは覚えていない。
でも神と呼ばれる存在に仕えていたようで、彼女が誰かの願いを叶えると、同化している彼が願いを叶えた事になり、彼に魔力が戻ってきたのだ。


そうして彼は気がついた。
こうして願いを叶え、魔力を集めれば、彼女の記憶をその魔力で戻してあげられることに。


幸い冥土の羊では大きなイベントが開催された。
スタッフみんなががイベントの成功を願っていた。
お客もイベントで思い出を作りたいと願っていた。


イベントの成功により、スタッフみんなの願いも、お客の願いも叶える事が出来たのだ。
そうして彼には大きな魔力が戻った。
だからもう彼女に記憶を戻し、彼自身も彼女から分離出来る。


名残惜しくはあった。
ひと月とは言え、彼女と同化していたのだから。
そして彼女もまた名残惜しく思ってくれていた。
それでもずっと一緒にはいられないから。
だから彼女の「ありがとう」の感謝の言葉を最後に、彼は彼女へと記憶を戻し、彼女とお別れをした。


記憶には残らない。
全て忘れてしまう。
それでもきっと彼女の中には、何かが残ったに違いない。


その他のキャラのネタバレ

シン

AMNESIA World【シン】Normal World
オトメイトさんのPSVita用ソフト「AMNESIA World」で柿原徹也さん演じるキャラクター、シンのNormal Worldの感想とネタバレをまとめました。

ケント

AMNESIA World【ケント】Normal World
オトメイトさんのPSVita用ソフト「AMNESIA World」で石田彰さん演じるキャラクター、ケントのNormal Worldの感想とネタバレをまとめました。

イッキ

AMNESIA World【イッキ】Normal World
オトメイトさんのPSVita用ソフト「AMNESIA World」で谷山紀章さん演じるキャラクター、イッキのNormal Worldの感想とネタバレをまとめました。


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました