神凪ノ杜 五月雨綴り【全体の感想】

この記事は約5分で読めます。

MatatabiさんのPSVita用ソフト「神凪ノ杜 五月雨綴り」の全体の感想を評価ポイント、残念ポイントに分けてまとめました。

スポンサーリンク


評価ポイント

ここは良かった!という評価ポイントをいくつかご紹介したいと思います。

スチルが美しい

いいところが沢山あるので、どこからご紹介したらいいのか迷いました。
でもまずジャケットからも分かるように、イラストが大変美麗です。
それはゲーム内のスチルもジャケットに負けない美しさなのです。


背景まで丁寧に美しく描かれているので、雨月村の景色が頭に浮かぶようになりました。
それらい丁寧に美しく描いてくれています。


そして「これ要るのかなは?」と思うようなスチルはなかったように思います。
枚数も十分なんじゃないかと。


このスチルの美しさは一見の価値ありなので、ぜひ多くの方に見ていただきたいと思いました。


BGMが素晴らしい

妖もそばに居る不思議な世界。
彼らと当たり前のように言葉を交わす登場人物たち。


そんな不思議な、でも美しく切ない世界を見事に表現してくれているBGM。
どの曲も大変素晴らしく、効果音にまでこだわりを見せる秀逸さ。
本当に最高に丁寧に作られていると感じました。


ここまで世界観にマッチした音楽を用いて、効果音を用いて作られている事からも、制作サイドの作品への愛を感じました。


シナリオが素晴らしい

美麗なイラスト、美麗な音楽。
耳で感じて、目で感じて、それだけで終わらせない素晴らしいシナリオでした。


よく考えられていると思います。
ボリュームも十分です。
長すぎて飽きることもないし、短くて物足りなくもない。
そしてしっかりとした内容だと、読んでいて難しくて眠くなる作品も正直あります。
けれど、この作品に関してはそんなこともなく。
全てにおいて、素晴らしいつくりだと思いました。


泣けるし、心温まる、本当に素敵なシナリオです。
しばらく忘れる事が出来ないと思います。


残念ポイント

惜しいな…と思った残念ポイントをあげて行きたいと思います。

ロードが長い

敢えて上げる必要もないのです。
素晴らしさが上回っているので、こんな事全く気にならないのです。
正直な所。


ただ、評価ポイントと残念ポイントを上げてまとめる…と言った以上、なにか残念なポイントをと思い取り上げました(笑)


ロードはオトメイトさんの作品に比べて、ゆっくりな印象です。
オトメイトさん辺りは作品数も多いので、乙女ゲーマーさんたちは、一番触れる機会が多いと思います。
そのロードの速度になれていると、ゆったりな感じはまどろっこしく感じる方もいるかも知れません。


ただ、雨月村という場所は、なんとなく時間もゆったりと流れているように感じる場所です。
そんな世界観から考えると、ロードのスピードも世界観に合っている…と捉えることも出来るかな?と。


全体の感想

心温まるエピーソードで作られた世界

攻略キャラのシナリオは文句なく素晴らしいです。
けどそれだけじゃなかった点も、加点ポイントでした。


よろず妖屋という主人公の祖父の営む家業を手伝う中、素敵なエピソードに出会います。
そしてそのエピソードがとても優しくて涙が出てしまうのです。


そんな風に心温められながら、共通ルートをプレイする事が出来ることも、よく出来ているなと感じさせられました。


ゆったりとした時間の中で

現代人の日常は、とても忙しない印象があります。
そんな中、妖たちが着物姿なのもあり、ちょっとレトロな雰囲気もあるこの世界。
ここではゆったりとした時間が流れているように感じました。


シナリオや、背景や、音楽など。
様々なものがそんなゆったりとした流れを作ってくれているのだと思います。


そしてそのゆったりとした時の中に身をおいているような感じが、大変癒やしに成りました。


忙しすぎて見逃してしまっている大切な事。
きっと日常にあるのかもしれない…とか。
そんなことを考えさせられました。
大げさに言ってしまえば、忙して過ごしていて見えてないけど、もっとゆったりとした時の中を生きる事が出来たら、私の世界も妖の世界とつながるかもしれない…とか。
そんなことを考えてしまったりしました(笑)


サブキャラも素敵

特別個性的という訳ではないものの、サブの皆さんも大変いい仕事をしてくれています。
高耶なんかは、最初は本当に苦手でしたが、次第に色々見えてくると、彼の事が知りたくなった程。


私はバッドエンドを見るのが苦手なので、見られませんでした。
でも全てのエンドを見る事で、高耶にまつわるおまけストーリーを読む事が出来るようです。
バッドも見られる方は、ぜひ挑戦してみてください。


優しい気持ちをありがとう

本当に素敵でした。
感想書いている今は、別な作品と向き合っています。
にも関わらず、大変心に残っているので、私の頭の中では神凪ノ杜のBGMが流れています。
そしてその音が優しい気持ちにしてくれるように感じます。


いろいろな作品の感想を読ませていただくと、作品にハマりBGMも買いました!…ということを書かれているのを目にします。
私も今まで色々とハマった作品はありましたが、なかなかBGMが欲しいという所までいかなかったのです。
でも今回は本当に欲しいなって思えるくらい、音楽も素敵でした。


続編があるのなら、ぜひプレイしてみたいです。
そして今後もMatatabiさんの作品に期待せずには居られません。


温かい気持ちや優しい気持ちを沢山くれたこの作品に、心から感謝の気持ちで一杯です。
なにかの形で制作に関わった方に、この感謝をお伝え出来たらいいのに…と思います。
ありがとうございました!


キャラ別感想&ネタバレ(あらすじ)

仁科直

神凪ノ杜 五月雨綴り【仁科直】
MatatabiさんのPSVita用ソフト「神凪ノ杜 五月雨綴り」で梅原裕一郎さん演じるキャラクター、仁科直の感想とネタバレ(あらすじ)をまとめました。

沢木宗太

神凪ノ杜 五月雨綴り【沢木宗太】
MatatabiさんのPDVita用ソフト「神凪ノ杜 五月雨綴り」で八代拓さん演じるキャラクター、沢木宗太の感想とネタバレ(あらすじ)をまとめました。

市丸

神凪ノ杜 五月雨綴り【市丸】
MatatabiさんのPDVita用ソフト「神凪ノ杜 五月雨綴り」で興津和幸さん演じるキャラクター、市丸の感想とネタバレ(あらすじ)をまとめました。

神凪ノ杜 五月雨綴り【旭】
MatatabiさんのPSVita用ソフト「神凪ノ杜 五月雨綴り」で江口拓也さん演じるキャラクター、旭の感想とネタバレ(あらすじ)をまとめました。

東雲

神凪ノ杜 五月雨綴り【東雲】
MatatabiさんのPDVita用ソフト「神凪ノ杜 五月雨綴り」で松岡禎丞さん演じるキャラクター、東雲の感想とネタバレ(あらすじ)をまとめました。


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました