DIABOLIK LOVERS GRAND EDITION for Nintendo Switch

250本目の乙女ゲーム。
オトメイトさん、RejetさんのNintendo Switch用ソフト。

スポンサーリンク


作品紹介

ディアラバ1作目のVita版【DIABOLIK LOVERS LIMITED V EDITION】と2作目のVita版【DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD LIMITED V EDITION】、2作まとめてSwitchに移植した作品です。

DIABOLIK LOVERS LIMITED V EDITION

神父である父と教会で暮らす主人公は、ごく普通の高校2年生。
所がある日、父が転勤することになった。
当然ついて行けるものと思っていた彼女だったが、父から親戚の家で暮らすように言われてしまった。


父が言う親戚の家とは、神無町と言うところにある逆巻家。
そこは近所でも有名なオバケ屋敷と呼ばれる家だった。


恐る恐る訪ねてみるも、人の住んでいる気配もない。
返事のない屋敷に足を踏み入れてみると、そこには性格最悪な6人兄弟が暮らしていた。
しかも彼らは普通の人間ではない。
ヴァンパイアだった。


狼の群れに飛び込んだ羊状態の主人公は、当然その血を兄弟皆に狙われてしまう。
だから彼女は言ったのだ。
「私だって血を吸われる相手は選びたい」と。


そうして彼女は6人の中から一人を選び、逆巻家での暮らしがスタートした。
転校先はセレブや芸能人が多く通うと言われている嶺帝学院高校という夜間学校だ。


吸血鬼に囲まれて始まった彼女の新しい生活。
そこに待ち受けているものとは?


DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD LIMITED V EDITION

父の転勤により、逆巻家で暮らしている主人公。
ヴァンパイアとの暮らしは大変であるものの、なんとか無事に生活している。


そんなある日、彼らがいつもどおり学校へと車で向かう途中、一台の車が彼らの車に突っ込んで来たのだ。
ヴァンパイアである6人は無事だったものの、人間である彼女は気を失ってしまった。
その時彼女は夢を見ていた。
自分が【イブ】と呼ばれる夢を。


目覚めるとそこには彼女は案じる6人の姿が。
彼らの話によると、魔力を持つものの仕業だという。
仕掛けて来たのは、無神家の4人。
彼らは彼女をイブと呼び、【あの方】の命により彼女を逆巻家から連れ出そうと画策していたのだ。


そうして彼女を巡る逆巻家と無神家の戦いが始まった。
あの方とは誰なのか?
なぜ彼女がイブと呼ばれるのか?
無神家の4人がなりたがるアダムとは一体なんなのか?
新たな謎が彼女を襲う。


攻略キャラ

DIABOLIK LOVERS LIMITED V EDITION

 
 逆巻アヤト(cv.緑川光さん)
 逆巻カナト(cv.梶裕貴さん)
 逆巻ライト(cv.平川大輔さん)
 逆巻シュウ(cv.鳥海浩輔さん)
 逆巻レイジ(cv.小西克幸さん)
 逆巻スバル(cv.近藤隆さん)

DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD LIMITED V EDITION

 逆巻アヤト(cv.緑川光さん)
 逆巻カナト(cv.梶裕貴さん)
 逆巻ライト(cv.平川大輔さん)
 逆巻シュウ(cv.鳥海浩輔さん)
 逆巻レイジ(cv.小西克幸さん)
 逆巻スバル(cv.近藤隆さん)
 無神ルキ(cv.櫻井孝宏さん)
 無神コウ(cv.木村良平さん)
 無神ユーマ(cv.鈴木達央さん)
 無神アズサ(cv.岸尾だいすけさん)


キャラ別感想&ネタバレ

自分で攻略

 逆巻カナト(DIABOLIK LOVERS)
 逆巻アヤト(DIABOLIK LOVERS)
 逆巻スバル(DIABOLIK LOVERS)
 逆巻カナト(MORE,BLOOD)
 無神コウ(MORE,BLOOD)
 無神アズサ(MORE,BLOOD)
 逆巻スバル(MORE,BLOOD)

お友達が攻略してくれました

 逆巻ライト 
 逆巻レイジ 
 逆巻シュウ 
 無神ルキ 
 無神ユーマ 

全体の感想

Special thanks

お友達のサイトにご協力頂いてます。
いつもありがとうございます!
 ⇒元カレたちのストーリー「DIABOLIK LOVERS GRAND EDITION for Nintendo Switch


好きキャラランキング

1.スバルくん
2.アヤトくん、カナトくん、コウくん

正直スバルくん意外は好きって感じにはなってないかな?(笑)
セリフとかときめく要素はあるものの、結構ひどい扱いなんですよ!
だからなかなかそれが受け入れられなかった。
でもスバルくんは普通に素敵な人でした!


オススメ度&満足度

オススメ度:★★★☆☆
個人的満足度:★★☆☆☆


どちらかと言うと、私にはあんまり合わないのかな?という印象。
だんだんシリーズ進むにつれ、良くなるとは思うのです。
でも効果音とかに頼り過ぎて、説明がないので「今一体どうなってますか?」と言う場面も多々ありました。


後はドSな方たちなので、あまりひどい扱いをされるのを好まない方は苦手かもしれません。
ただ結構大人なセリフを言ってくれるので、自己投影せずにプレイ出来る方なら、純粋に素敵声優さんの大人なセリフを楽しめると思います。
私は自己投影してしまうので、「辛い、ひどい」という気持ちが強くなり、なかなか大変ではありました。


シリーズ進むごとに、キャラたちへの愛が深まるといいな…と期待しつつ、制覇目指して行きたいと思います!


Pocket

スポンサーリンク