幻想マネージュ【ルシオール】

この記事は約10分で読めます。

Nintendo Switch用ソフト 
発売元:MAGES. 
ジャンル:女性向け恋愛ADV 
発売日:2020年1月30日

MAGES.さんとLOVE&ARTさんのNintendo Switch用ソフト「幻想マネージュ」で白井悠介さん演じるキャラクター、ルシオールの感想とネタバレ(あらすじ)をまとめました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラクター紹介

※「幻想マネージュ」は乙女ゲーム制作ブランド『MAGES./LOVE&ART』の作品です。
 バナーの画像はこちらからお借りしております。

CVは白井悠介さん。
レーヴの遊具技師。
人付き合いが苦手で、めったにみんなのもとに顔を出さない人。
仕事も整備と点検なので、皆に会わない時間に行っている様子。

父が技師であったことと、自身の魔法覚醒のため、彼の手伝いを申し出たことで距離を縮める。
しかし人付き合いが苦手な人であるため、最初は大苦戦。
そんな中、料理を作りそっと彼のテントに届ける作戦が功を奏し、手紙のやり取りを通じて絆を深める。

感想

白井悠介さんがとても好きです。
たいてい乙女ゲームで白井さんがいらっしゃると、白井さんのキャラにやられます。
サイドキックスでも、ヴェリテでも。
なので今回はすごく楽しみにしていたキャラが彼でした。

仲良くなりだした時は、大変ワクワクしたものの、その後あまり私の中で感情の盛り上がりがなく。
このままどうなるのだろう?と思った頃、後半の彼の活躍により、大好きに。

ただセルジュさんがとても良かったんです。
終わり方も好きだったんです。
なので、再会しました、終わりです…という流れに納得が行かない部分も。

そんなことも助けたのか、セルジュさんと比べると私はセルジュさんのほうが好きかな?と思ってしまう感じです。

それでもセルジュさんと比べればということで、彼自身は大変ステキでした。
大好きです!
仲良くなれた瞬間、警戒心の強い野良猫と友達になれたような、そんな喜びがありました(笑)

ネタバレ(あらすじ)

魔女である事を隠すより、人助けを優先したあなたは素晴らしいと思います。
でも、それでも僕はあなた自身を守って欲しかった

魔女の血

まだ僕が幼かった頃、僕ら家族はパルージュと言う街で暮らしていた。
父が居て母が居て、幸せな時期だった。

僕の母は魔女だった。
とても優しい人で、人助けのためにしか魔法は使わない。
それでも人々は自分と異なるものを恐れる。
故に魔女は恐れられる存在だ。
だから母はその事を秘密にしていた。
愛した父にも。

けれどある日その事が父に知られてしまった。
きっとショックだったのだろう。
信じて愛していた人の長年に渡る裏切りが。
だから父が僕らを捨てて出て行った事は理解出来る。

けれど父が僕らにした事は、それだけでは済まなかった。
出て行く道すがら、街の人々に言いふらしたのだ。
母が魔女である…と。

当然人々は恐れ、以来僕らはあの街でまともに暮らす事が出来なくなってしまった。
当時の僕にはそれが理解出来なかった。
だって、母は優しい人で、皆がそれを知っていたから。
昨日までの母と何も変わっていないのに、魔女だと分かった途端、人々の態度は豹変した。

そうして僕ら親子は石をぶつけられるなどの迫害を受け、更には食べ物すら売って貰えなくなってしまった。
辛かった。
悲しかった。

だから僕は魔法にいい印象はないし、魔女と聞くと身構えてしまう。
あの日々を思い出すから。
僕に魔女の血が流れている事も。

救いの手

生活もままならない僕らだったが、一人だけ助けてくれる人がいた。
母の友人のマルゴさんだ。

夜になると人目を忍んで、僕らの家にそっと食べ物を運んでくれたのだ。

でもそれだけ。
母同様に魔女であるマルゴさんは、表立って僕らと話もしないし、助けてもくれない。
けれどそれも仕方のない事。
僕らと同じように迫害されるのが目に見えているから。

そうしてマルゴさんの差し入れのお陰で命を繋いだ僕ら親子だったけれど、状況は変わる事がなかった。
石から僕を守る母は「大丈夫よ」と繰り返す。
しかし決して大丈夫では無かった。
幼い僕は気付けなかったけれど、母は日に日に追い詰められていたのだろう。
大丈夫だと繰り返していた母は、ついに「ごめんなさい」の言葉を残し、命を絶った。

誰も助けてくれなかったわけじゃない。
マルゴさんは、食べ物を運ぶと言う形で、救いの手を差し伸べてくれていた。
でも足りなかったんだ。
あの状況の中で生き抜くには、それだけでは救われなかった。

居心地のいい場所

そうして僕は引き籠りになった。
人とうまく関われなくなってしまったのだ。
でもそれで良かった。
もうあんな思いはしたく無かったから。

でもある時ヒューゴさんと出会った。
どうしてレーヴに居るのかわからない行き場のない僕に、ここにいればいいと居場所をくれた。

整備の技術を持ち、魔法を観る力を持つ僕は、レーヴで整備の仕事をする事に。
ここは理想的な場所だ。
整備士は僕一人で、誰にも関わる事なく仕事をする事が出来た。
仕事以外の時間は、本を読んで自分のテントに引き籠もっていればいいのだから。

でもある時ヒューゴさんが彼女を連れてきた。
僕らをレーヴから解放してくれる魔女だと。

皆は概ね解放に賛成していた。
でも僕は違った。
僕らは生死を彷徨う魂なのだと教えられていたから、解放された後どうなるのかは分からない。
けど解放に反対な理由はそこじゃない。
レーヴの居心地が良かったからだ。
だから可能ならばずっとレーヴに居たいと思っていた。

なのに彼女が現れてしまった。

共に過ごす時間の中で

そんな理由も手伝い、魔女である彼女とはあまり親しくなれなかった。
いや、彼女に限った事じゃない。
レーヴの他のメンバーとも、僕は気安く言葉を交わす間柄じゃ無かったと思う。
それでもここでは安心して過ごす事が出来たから。
だからここが好きだった。

なのに彼女は距離を取る僕に近づこうとする。
魔法の覚醒のために、整備を手伝いたいと言って。

解放に反対の僕は、そんなことに手を貸す義理などない。
だから彼女に冷たく当たったのに。
彼女は魔法で出てくるレーヴの料理を食べたがらない僕のために、料理を手作りして届けてくれるようになったのだ。

解放には反対。
けれど彼女の料理は、母のそれを思い出す味でとても好みだった。
だから毎回美味しく頂き、食器にはお礼のメモを添えるようにした。

そんなメモのやり取りから、彼女の誠意を感じ取った僕は、彼女に整備の仕事を教えた。
でもその事で、彼女を好きになるなんて思っても見なかった。

そうして僕らは共に過ごす時間の中、いつしか互いを大切に思い合うようになったんだ。

レーヴ解放のために

彼女と過ごす中、解放に反対の僕の話を聞いた彼女に、僕は理由の一つとして彼女に尋ねた。
ここから解放された後も僕に会いたいと思いますか?と。
すると「思います」と即答の彼女。

レーヴだけが僕の居場所だった。
けれど彼女との出会いにより、彼女の居る所が僕の居場所だと、彼女の隣が心地いいと思うようになったのだ。
そんな彼女が、解放後の未来でも僕と居たいと思ってくれた事が勇気になった。
だから僕は解放を受け入れられたんだ。

けれど肝心の彼女に問題が生じた。
魔法の覚醒がうまく行ってないのだと言う。
そこで僕はマルゴさんを思い出した。
同じ魔女であるマルゴさんならば、彼女に適切なアドバイスをしてくれるのでは?と。

そうしてレーヴはブランブールを出て、僕の故郷であるパルージュへと向かった。
彼女とマルゴさんを会わせるために。

でも不安もあった。
あの街の人々は魔女を恐れているから。
またあの日の僕ら親子みたいに、彼女が魔女だと知れたらきっとひどい目に遭わされるだろう。
どうしてもそこは案じずには居られなかった。

魔法は使わないで

幸い、僕の不安は杞憂に終わり、彼女は無事にマルゴさんを連れて来てくれた。
そうしてマルゴさんのアドバイスの元、魔法の覚醒も順調に進んだ。
だからこれで無事に解放出来ると思っていたのに。

解放は、元よりブランブール付近の森で行う予定だった。
マルゴさんの太鼓判も押して貰え、ブランブールに向けて出発しようか…となった頃、マネージュに不備が見つかった。

魔法で補いながら移動する事は不可能じゃない。
けれど解放を控えた彼女に、ブランブールまでの道のりでもずっと魔法を使わせる訳にはいかなかった。

そうしてマルゴさんを見つけた時同様、彼女とクリエさんとで街へ出て部品の買い出しをすることになったのだ。
再び彼女がパルージュへと足を運ぶと聞き、不安が蘇る。
前は大丈夫だったが、今度は危険かもしれないと。
けれど整備も出来るようになった彼女に行って貰わなければ、マネージュの部品を調達する事が叶わない。

何があっても魔法は使わないでください。
そう彼女に念を押して、彼女を見送った僕だったが、ずっと不安を拭えなかった。

分かって欲しい

拭えなかった不安は、最悪な形で現実となった。
クリエさんと共に出かけた彼女は、人助けのために魔法を使い、魔女だと騒がれ暴力の犠牲となった。
頭に怪我を負い、気を失った彼女は、クリエさんに背負われて僕らの元へと戻ってきた。

幸い命に別状はないものの、ひどい怪我で目覚めない。
どんなに恐ろしかったろう?
どんなに悲しかったろう?

そんな事を考えて苦しくなった。

何より母を思い出してしまう。
あの時も僕は守れなかった。
けれどあの時はまだ幼かった。
今は大人になり、力だってあるのに
ここを離れられないせいで、彼女だけを危険に晒したのだ。

最初はここを早急に離れた方がいいと、ヒューゴさんに訴えるほど動揺してしまった僕だったけど、彼女が目覚めたときには少し落ち着きを取り戻した。
そうしてこんな酷い目に遭いながらも、また思ってしまったのだ。

優しい魔法しか使わない優しい魔女もいるのだと言う事を。
魔女も同じ人間なのだと言う事をパルージュの人々に分かって欲しい
と。

そんな思いからか、街の人々が魔女狩りさながらにレーヴに押しかけた時、僕は彼女を守るように前に出た。
石を投げられ傷を負いながら、けれど僕は訴え続けた。
魔女も同じ人間だと。
人助けのための優しい魔法しか使わない魔女もいるのだと。

そんな僕の言葉に、人々は次第に落ち着きを見せ、あの日彼女に助けられた青年が証言してくれたことも手伝い、和解とまではいかないものの、退いてくれることになった。

何度でも君を守る

その後彼女の回復に合わせ、パルージュ付近の今滞在している森で解放を行うことにしてもらった。
マネージュの部品が、あの日の騒動で手に入らなかったからと言う理由もあるが、僕が提案したのだ。
万が一ブランブールに戻り解放を行った事で、彼女が魔女だと街の人々に知れて迫害される事があってはならないと思ったから。
あんな思いは僕一人で十分だったから。

そうして解放後どうなるのか、具体的な事を知らされていない彼女に、僕は真実を伝えない事を選んだ。
解放を躊躇うことになると考えたから。
だから保険をかけて置いた。
マルゴさんに手紙を書いて。

解放後、僕のいないここにマルゴさんに彼女を迎えに来て、そしてブランブールへと送り届けて欲しいと。
そして僕は必ず彼女を迎えに行くと伝えて貰えるように。

そうして解放は無事に成功。
僕を始めとして、セルジュさんとクリエさんを除くみんなが、あるべき場所へと帰って行った。
その後のみんなの様子を知ることは叶わなかったけれど、きっとみんな無事で居てくれていると信じている。

僕も無事に生死の境から回復し、彼女を待たせてしまったものの、再会を果たした。
変わらず待ち続けてくれた彼女に、解放まで取っておきます…と言った、約束の唇へのキスをして、変わらぬ想いを伝えたんだ。

母を亡くし、居場所を失った僕に新たに居場所をくれた彼女。
母の事件がキッカケで、魔法に魔女にいい感情を抱けなくなった事もあった。
けれど今は違う。
彼女が居てくれるから。

パルージュでの住民襲撃事件のように、また魔女である事で彼女が辛い想いをする日が来るかも知れない。
でももう大丈夫。
僕は何度だってあの日のように彼女を守るから。
だからどうかこれから先も、ずっとずっとそばに居て

その他のキャラのネタバレ(あらすじ)

ヒューゴ

セルジュ

クリエ

リヨン

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました