幻想マネージュ

この記事は約4分で読めます。
Nintendo Switch用ソフト 
発売元:MAGES. 
ジャンル:女性向け恋愛ADV 
発売日:2020年1月30日

263本目の乙女ゲーム。
MAGES.さんとLOVE&ARTさんのNintendo Switch用ソフト「幻想マネージュ」の作品紹介です。
攻略キャラ、キャスト、キャラ別感想&ネタバレ(あらすじ)、全体の感想などをまとめました。

スポンサーリンク

作品紹介

フランスの国境付近にある街ブランブール。
そこで暮らす主人公には、人には言えない秘密があった。
それは彼女が魔女であるということ。

彼女は6歳の頃に母親を亡くしているのだが、その母が魔女だったのだ。
その後10歳で父を事故で失った彼女は、自身もその事故に巻き込まれ、10歳の記憶と魔法の力を失ってしまった。
今は幼馴染のアルノーの家で彼とその母と三人で暮らしていた。

そんな彼女には宝物があった。
それは遊具技師である父が作ったマネージュのオルゴールだ。
父から貰ったのが10歳だったようで、どうやってこれを受け取ったのか?どれほど嬉しかったのか?その記憶は残っていない。
それでも父の形見として、大切にしていた。

記憶がないせいか、つい家に引きこもりがちになる彼女だったが、そんな彼女を外へと誘ってくれるものが現れた。
それがレーヴ移動遊園地だ。
そこにマネージュがあるらしいから見てくるといいよ…とアルノーに言われ、遊園地を訪れた彼女。
そこで彼女が目にしたマネージュは、父がくれたというオルゴールそのものだった。

そうしてそこで出会った遊園地の園長であるヒューゴに、彼女はとんでもないことを打ち明けられてしまった。
それは「ここで働くものたちは、魔法でこの遊園地に囚われている。だから君の魔法で開放してくれないか?」と。

魔女であることはアルノー以外に誰も知らない。
今はもう魔力も失い、魔法も使えない彼女は、それを誰かに話したことなどなかった。
にも関わらず初対面の彼は、そう彼女に頼んだのだ。

そして魔力を失ったと思っていた彼女に教えてくれたのだ。
彼女は魔力を失ってなどいない…と。
ただ彼女の魔力は眠っているだけだ…と。

だから魔力を覚醒させれば、きっと彼らを開放出来るのだと言われ、お人好しの彼女は半信半疑ながらも引き受ける事に。
そうして引きこもりがちだった彼女が、レーヴで働きながら魔力の覚醒を目指す事に。
責任の重大さに戸惑いつつも、新しい一歩を踏み出した彼女を待ち受けていた未来とは?

公式PV

プロモーションムービー

LOVE&ART最新作『幻想マネージュ』プロモーションムービー第1弾<CV公開Ver.>

オープニングムービー

『幻想マネージュ』オープニングムービー

配布元

幻想マネージュ公式サイト

女性向け恋愛ADV幻想マネージュ
Switch/iOSにて発売中!🎠「明治東亰恋伽」「B-PROJECT」のLOVE&ART が贈る、新作乙女ゲームが開園! 私は魔法を覚醒し、貴方は夢(レーヴ)から覚醒する――🎠

Specialコンテンツ内のムービーにて、様々な動画を配信してくれています。

攻略キャラ

  • ヒューゴ(cv.羽多野渉さん)
  • セルジュ(cv.梅原裕一郎さん)
  • クリエ(cv.下野紘さん)
  • リヨン(cv.鈴木裕斗さん)
  • ルシオール(cv.白井悠介さん)
  • アルノー(cv.阿部敦さん)

キャラ別感想&ネタバレ(あらすじ)

自分で攻略

お友達が攻略してくれました

今回は珍しく全員攻略出来ました!

全体の感想

Special thanks

お友達のサイトにご協力頂いてます。
いつもありがとうございます!

好きキャラ

  1. セルジュさん
  2. ルシオールさん
  3. リヨン
  4. ヒューゴさん
  5. クリエ&アルノー

パルマに続き、好きなタイプの梅原さんに出会えました。
声優さん的には白井さんが一番好きだし、ルシオールさんの声も好みでした。
だから一番楽しみにしていましたが、終わり方が圧倒的にセルジュさんのほうが好みでした。
そんなことも手伝い、セルジュさんが一番となりました!

アルノーは、存在が兄っぽい感じになっていて。
兄属性が苦手なので、最初からあまり好きになれなくて。
しかも途中あんなことになって…。
誤解もあったかもですが、あんまり好きになれませんでした。

そして予想外にリヨンが好きでした。
できればずっときぐるみでいて欲しいくらい、きぐるみな彼が好みでした!

オススメ度&満足度

オススメ度:★★★★
個人的満足度:★★★☆☆

世界観としては大好きな作品です。
主人公もいい子で大好きです。
みんな平均点高い感じの攻略キャラでした。

ただ、全体的にいいので、これっていう人に出逢えず、印象に残りにくくなってしまったのがもったいない!
作品の問題なのか、私の好みの問題なのか?
そのあたりは寧ろ私が知りたいです(笑)

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました