Panic Palette パニック パレット【黃朽葉宰】

この記事は約10分で読めます。
PSVita用ソフト 
ブランド:TAKUYO 
ジャンル:女性向け恋愛AVG 
発売日:2018年12月13日 
通常版:5,800円(税抜)

TAKUYOさんのPSVita用ソフト「Panic Palette パニック パレット」で野島健児さん演じるキャラクター、黃朽葉宰(リーディ)の感想とネタバレをまとめました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラクター紹介

※「Panic Palette~パニック パレット~」は乙女ゲーム制作ブランド『TAKUYO』の作品です。
 バナーの画像はこちらからお借りしております。

CVは野島健児さん。
黃朽葉宰はこちらの世界に合わせて考えた偽名
本名はリーディ・ヴォルパル7世
異世界メルディシアの王子様

こちらの世界に来る前に、学んだ教材が時代劇だったせいか、喋り方が時代劇がかっている。

彼女に出会い頭に契約の印を結び、花嫁として自分の世界に連れて帰ろうとする身勝手な人かと思いきや、学校に馴染めば素直で優しい所も見せるように。

感想

リーディの感想をいくつかの項目に分けてまとめました。

ビジュアルについて

色素の薄い髪色、大変好みです。

ただ、出会った直後がアラブの石油王みたいな格好でしたので、最初の印象としては好み云々の前に驚きが(笑)
更には口を開くと殿様喋りなのも驚きました。

でも慣れるとその話し方は可愛いと思えますし、石油王だったのも前半だけなので、概ね好みのビジュアルかな?と。

恋人として

最初は弟みたいな感じ…と主人公も言っていたように、かわいい感じでした。
この世界の常識を知らない上に、大変素直な彼を放っておけなくて。

そんな彼が次第に恋愛対象に見えるからすごいんですよ!
そう思えてからは、本当に大好きでした。

子供のように思えてしまっていた様子も、こちらの世界の事を知らない事と素直な事が原因だった事が理解出来ました。

印象とは裏腹に、自分の国の事をしっかり考え、その重責に思い悩む様子も、大変良かったです。
ギャップにやられました!

仲間として

仲間か恋人か?
どちらがいいかと問われれば、私は彼とは恋人がいいなって思います。

それでも真朱先生のルートの際に、とても心配して協力してくれた彼なので、仲間としても素敵な関係を築けるかな?と思いました。

そして彼に限らず、攻略キャラの生徒さん達、特に同級生チームが本当に素敵でした。
こんな仲間に囲まれて過ごす高校生活はとても素敵だろうなって思わせてくれました!

攻略直後の感想

Panic Palette パニック パレット【黃朽葉宰】攻略直後の感想
TAKUYOさんのPSVita用ソフト「Panic Palette パニック パレット」で野島健児さん演じるキャラクターリーディ(黃朽葉宰)の攻略直後の感想をまとめました。

別ブログにまとめて攻略直後の感想です。

ネタバレ(あらすじ)

一つ叶うと次の望みが湧いてくる。
その望みが叶うと、また更に次の望みが湧いてくる。
次から次へと叶うはずのない願いが湧いてくる。
気づいた時には、お主に想われたいと切に願うようになっていた。

力をくれる笑顔

異世界にある国、メルディシア。
彼はそこに生まれた第二王子。

彼には兄が居て、幼い頃から王位は兄が継ぐものと思い、彼自身も全く王位に興味などなかった。
しかし周りは違っていた。
兄は側室の子であるのに対し、彼は正室の子。
それ故に、弟を王座にという声も上がり始めた。

けれど彼は兄が大好きで、兄の人柄からも王には兄が相応しいと思っていた。

所が彼が8歳の頃、その兄が突如姿を消した。
どこに消えたのか分からず、結局未だに消息不明。
きっとこの世に居ないか、異世界で暮らしていて、もう会うことは叶わないだろう。
彼はそう思うように。

そうして彼は降って湧いたように次期国王と言う立場に。
けれど元より帝王学を学んでおらず、何より燐が苦手だった。
彼の国メルディシアでは、燐を使い魔法のような力を操るのだ。
彼の兄は優秀で燐も得意だったが、彼はどうしてもそれが苦手なのだ。

それでも王家に王子は今や彼一人。
いくら王座に興味がなかったとは言え、いずれ彼が王にならざるを得ない。
彼自身もそれを理解していた。
だから重責を感じていたし、必死に燐の特訓もするように。

特訓の場所は王宮にある噴水。
そこは燐が苦手なものでも、その力を増幅してくれる場所なのだ。
それでもなかなかうまく行かない。

兄を失った悲しみ、一国を背負う重責。
そして燐が思うように扱えない歯痒さ。
それらが彼を苦しめる。

そんな時だ。
噴水の水を通し現界の様子を見るようになっていた彼は、偶然見つけたのだ。
弾けるような彼女の笑顔を。
噴水を通して見える現界に。
以来燐の特訓のかたわら彼女の笑顔を覗き見ることで、彼は励まされるように。

きっとそれが彼の初恋。
そしてその恋が笑顔が、辛い立場の彼の心の支えだった。

ただ会いたくて

そうして日に日に彼女への想いを募らせている彼の元に、ある日結婚の話が。
相手は祖父の決めた許婚だと言う。

お兄ちゃん子だった彼だが、公務で忙しい両親に代わり、祖父が彼を愛してくれた。
だから兄と同じくらい、彼は祖父が大好きだった。
オジジ様と呼び慕っていた。

そんな祖父もまた兄と同じように、ある日彼の前から姿を消した。

ただ祖父は祖父で孫を大変可愛がっていた。
兄が居なくなった上に、自分まで居なくなれば寂しい想いをするだろうと案じていた。
だから孫に友達を作ってやりたかったのだ。
そうして古く力のある家の娘のルカを選んだ。
彼の立場もあり、ただ友達というわけにもいかず、彼に内緒でルカを許婚にしたのだった。

けれどそんな祖父の思いなど知る由もない彼は、既に彼女を慕っていたので、当然急に現れた許婚を受け入れられない。
だからと無下に断るには、ルカの家は強大過ぎた。
結婚を断る事が戦を引き起こす可能性だってある程に。

それに何より彼は優しい男だ。
自分の気持ちが他の娘にあるとは言え、無下に断ることはルカを傷つけると思ったのだ。

そうして悩んだ彼は、いつものように噴水で彼女の笑顔を見ていた。
いつもは見ているだけで満足していたのに。
悩んでいる事も手伝い、欲張りになってしまった。
どうしても本人に会いたいと強く思ってしまったのだ。

しかしそう簡単に異世界である現界へ行くことは出来ない。
だから彼は口実として、現界から妃を迎えたいから、現界へ行かせて欲しいと父である国王に懇願した。

そうして現界へやってきた。
ただ彼女に会いたい一心で。
妃にするなんて口実だった。
一度会えればそれで良かった
それ程に彼女に恋焦がれてしまったのだ。

離れがたい想い

彼女に会えさえすればそれで良かった。
そんな思いで限界にやって来たのに、思いがけずすぐに彼女に会えてしまったのだ。
それだけで満たされた思いだった。

本来の目的は果たした。
だからもうメルディシアに戻ればいい。

しかし彼は従者であるノルを伴ってやってきた。
父には「現界から妃を迎えるために」と嘘を付いてやってきた。
だから会えたからと満足して帰る訳にはいかなかった。

そうしてノルの手前、形式的に彼女に所有の印を施した。
これで彼女を妃にする意思がある事を表向きは証明できるから

当然突然の事に焦る彼女。
だから彼は現界に残り、彼女の気持ちを変えメルディシアに連れていくという名目で、黃朽葉と名乗り彼女に学校に通う事に。

しかしそれはあくまでノルの手前そういう名目にしたに過ぎない。
本心は別のところにあった。
彼は本当に彼女の意思を無視して連れ帰ろうなどと思っていなかったのだ。
だから施した燐を解いてやるために残ったのだ。
彼は燐が得意でないから。
きっと燐を解くのには時間が掛かると思ったから。

そうして予定になかった学園生活が始まった。
途中で彼を探してルカも現界に現れ、学校に通い始めた。
彼の周りはとても賑やかになったのだ。

彼女を慕う友人たちが彼を友として受け入れてくれた。
クラスの男子達も、彼をからかったりしながらも、仲間として受け入れてくれた。
そんな日々がとても愛おしく感じるように。

そう、今まで彼は年の近い友などいた事がなかった。
それが彼女を通して、沢山の出会いを得たのだ。
何より彼女との日々はとても楽しいものだった。

だから離れがたくなってしまった。
彼女をここに残して一人去る覚悟でいたのに。
もう少し、後少し…と欲張りになっていった。
だから彼女との契約を解けなくなってしまった。
傍に居たいから。
ここに居たいから。

苗とルカの恋心

花が好きな彼は、いつも花屋の前で花を見ていた。
彼がよく花を見ている店のスタッフは、花を好きな人を歓迎してくれ、彼はその美代子というスタッフと親しくなった。
そうして美代子に花言葉を教わったり、珍しい花の苗をおすそ分けして貰ったりするように。

ある日彼は美代子から珍しい苗を貰った。
とても愛らしい花を咲かせ、咲くまで何色の花が咲くのか分からない花だそうだ。
だから彼女に育てて欲しいと思ったのだ。
その愛らしい花を見せたくて
そうして彼は彼女に花を贈った。

花が好きな彼は、花に名前をつけた。
ジョッジョリーナと名付けた花を「二人の子供だ、大切に育ててくれ」と彼女に託したのだ。

最初こそ、その名前に驚いた彼女。
更には「二人の子供」などと言われた事にも驚いた。
しかし、ジョッジョリーナは彼の大好きな兄の名前である事を知った彼女は、その苗をとても愛おしく思うように。

家に持ち帰ると、苗をノルに食料として狙われたりもした。
だからとても大切にし、学校にまでかばんに入れて持ち歩く程。

しかしその彼女の行動に、ルカは気づいてしまった。
自分の慕うリーディは彼女を想い、彼女もまた「好きじゃない」と言いながらも彼を大切に思っている事に。

最初こそ衝突したりもした二人だったが、今では共に暮らす日々を楽しんでいた。
随分仲良くなれたと思う。
名前で呼び合い、悦も交えて女子だけで遊びに行くほどに。

しかし彼女は恋敵だ。
だからルカは彼女の家を出ることにした。

ルカにとって彼は大切な存在だった。
大きすぎる家を背負うルカは孤独だったのだ。
そんな孤独を抱えたルカは、同じく国を背負い孤独を抱えた彼を見た時思った。
この人を笑顔にしてあげたい…と。

あなたが好き

仲良くなれたと思ったルカは出ていってしまった。
最初はわがままだしよく食べるし、狭い部屋に居候され迷惑もしていた。
けれどいつしかルカといる事が楽しくなった。
今では彼女にとって、ルカも掛け替えのない存在だ。

そんなルカが出て行った事は彼女にとってショックな出来事だった。
そしてルカに彼が好きなのでは?と言われた事も。

そんなはずはないのだ。
彼は現界の常識を知らないから、いつも何かと彼女が助けていた。
だから手の掛かる弟だと思っていた。

それに何より友達となったルカの想い人だ。
そんな人を好きになるはずがない。

そう思い込んでいた彼女だったが、それでも苗を貰った事が嬉しかった
その苗をとても大切にしていた。
ではその理由はなんだろう?

自問自答してみるものの、ルカのことも手伝い自分の気持が見えない彼女。
そんな彼女にノルは燐の力を使おうとした。
あの日彼と海辺で出会い、燐を施されて契約した時まで時間を戻してくれる…というのだ。
そうすれば彼女と彼の間に契約はなくなるから。
彼女は自由になり、彼はメルディシアに帰る事ができるから。

でも彼女はそれを受け入れられなかった。
そんな彼女を葛が助けてくれたのだ。
更に葛は彼の居場所も教えてくれた。

前にルカに会った時、戻って来るように話した彼女に、ルカは「今はリーディ様といるから」と返した事があった。
その言葉が彼女の心を突き刺した。
どうしてルカと暮らしているの?と。

そんな事思うのはおかしいのに。
二人は元々婚約者だ。
自分は彼の事を弟と思っていて、彼と結婚する気などないのだから。

なのに気になって仕方ない。
苦しくて仕方ない。
そんな彼女に葛が教えてくれた。
そういうのが恋なのだ…と。

そうして葛の協力の元、無事にノルに時間を戻される事なく彼と会う事の出来た彼女。
その時やっとわかったのだ。
なぜノルに時間を戻されたくなかったのか。
なぜルカと彼が一緒に暮らしている事が辛いと感じたのか。

それは彼を好きだから。
だから彼と過ごした時間がなかったことになる事に耐えられないと思ったし、彼が他の人と暮らす事を苦しいと感じたのだ。

そうし互いの想いを重ねた二人は、その後現界で共に暮らしている。
彼はメルディシアに戻る期限が来ても、一人前になるまでは戻らないと、まだ現界で学ぶ予定だ。
そして彼女は、今すぐではないものの、彼を支えたいと考えている。
ここは大切な場所だけれど、それでも大切な人と共にある事を選びたいと。
今はそう思えるよになったから。

その他のキャラの感想&ネタバレ(あらすじ)

真朱柑

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました