NORN9 LOFN for Nintendo Switch【市ノ瀬千里】

この記事は約7分で読めます。

NORN9 LOFN for Nintendo Switch

キャラクター紹介

CVは下野紘さん。
水の能力者。
とある事情により、力はちょっと弱めで体も弱い。
ピンクの髪の炎の能力者の子の攻略対象。

引きこもりがちで、駆のおもちゃ的存在。
出来ることでも、やりたくない事はやらない人。
ペアで共に活動する中、絆を深める。

スポンサーリンク

感想

千里くん個人も思っていた以上に素敵でトキメキましたが、シナリオも凄かったです。
リセットするしないだけじゃなく、こんなパターンもあるんだな…と終盤の多様性に驚いています。

炎の力に対して、彼の水の力。
また駆くんの時とは違い、唯一彼女の力を抑えられる…と言う意味でも、能力的にも釣り合うなって思いました。

彼の家族については、結局彼は知らないまま終わるのですが、いい関係は築けたので、そこは良かったですね。
でも、こちらのシナリオでも、ちゃんと感動の再会みたいになってくれる事を期待していた分、ちょっと残念に思ってしまいました。

年下ということもあり、思った以上に楽しめました。
そして駆くんには及ばないながら、彼の性格の歪み方も好きです(笑)
そしてブツブツ言いながら、人を怒らせやらせてしまう。
なかなかやりてだなって感心しました(笑)

みんな駆くんのようにそれぞれの場所で…と終わるのかと思ってましたが、こうして千里くんのようにみんな一緒に…と言うのもあって、そう言う終わり方も素敵でした。

気弱な彼が、後半どんどんかっこよくなって、彼女のために強くなっていくのが、とてもカッコ良かったです!
彼女にくれた言葉も胸に響きました。
あとはエンドでくれた木彫りも、すごく嬉しくて泣けましたね。
駆くんに次いで二番目に好きかも?と言う感じになりました。

下野さん、ステキな千里くんをありがとうございました。

ネタバレ

こんな僕がたった一つ見つける事が出来たんです。
誰にも負けないもの。
あなたを好きだと思う気持ち。
あなたと一緒にいると、生きているきがするんです。

-----

彼はずっと嫌ってきた。
役に立たない自分の能力と、弱い自分を。
けれど踏み出すことが出来た。
彼女を助けたいと思ったから。

人に期待され、がっかりされる事が怖い彼は、極力人と接しないように過ごしていた。
だから船の中で、同じように能力を持つ者と出会っても、個室にこもりきり。
食事の時にも食堂には顔を出さず、人に食事を運んでもらっていた。

そんな様子を案じた実の兄の暁人が、駆に弟を頼んだ結果、駆のおもちゃのように扱われる日々。
無理やり外に連れ出されては、いじめられる。
でもそれは駆の狙いでもあった。
彼をいじめるような態度を取れば、彼が誰かに助けを求める。
そうして彼は人と接する機会を得る
…と考えたから。

ドアを暁人に壊され、自由を奪われた彼を助けたのが、ペアを組んだ彼女。
彼女は駆達男子チームとは違い、彼のペースに合わせようとしてくれた。
だから人が怖いと思っていた彼も、何も強制する事なく寄り添ってくれる彼女だけは、怖いと思わないように。

そうして駆が熱を出した時に、畑の水やりを二人でする為に、誰にも見せたことのない能力を使った。
すると彼女にとても喜ばれたのだ。

能力を人の為に使いたい。
誰かに必要とされたい。

そんな想いはあっても、彼は体も弱ければ能力も中途半端。
だからいつも人の期待には応えられなかった。
それでも彼女が喜んでくれるのはとても嬉しかった。

そうして彼女が教えてくれた。
みんな彼を案じているのだと。
怖くないのだと。
ただやり方がみんな違うから、分かりづらいだけだと。

だから暁人に壊されたドアを直す時も、暁人の力を頼る事が出来たし、その事で感謝され照れる暁人を見る事出来た。

そんな風に彼女と言う新しい風は、彼の環境を良いものへと変えてくれた。
そうして彼女を一人の女性として好きになり、彼女もまた同じ気持ちを抱いた。

けれどそんな穏やかな日々は、そう長くは続かなかった。
彼らが降りた街が紛争地域だったから。
そうして世界の要請で、彼らもその紛争に加担することに。

元々、紛争地域に着いた時、彼女は彼の事で少し悩んでぼんやりしていた事から、留守番になってしまったが、他のメンバーはすぐに買い出しや街の様子を見るために船を降りていた。
一人留守番の彼女は、一晩たっても戻らないみんなを案じ、一人船を出た事があった。
そこで駆の父であり、世界の敵でもある史狼と出会いった。
史狼は彼女にとって旅人さんと言う名で慕う大切な存在だった。
その史狼に利用される形で、世界が力を貸す国軍の敵である解放軍に力を貸してしまっていた。

詳しい事情を知らない彼女は、世界の要請で再び戦う事になり、戦いを好むタイプではないながらも、友が危険にさらされれば見て見ぬ振りも出来ず、炎の力を使った。
そのことで国軍はざわめき出したのだ。
解放軍に居て自分たちの武器を焼いたのが、この炎だと。

騒ぎになり、正宗の指示で千里が彼女を路地裏へと誘導。
呆然とする彼女は、「どうして戦わないといけないのでしょう?」と、その苦しみを彼に訴えようとした。
けれど彼は自分の言葉で彼女の苦しみをどうこうできるとは思えず、ただ彼女力の強さを賞賛したのだ。
あなたの力なら、みんなを守れる…と。
役に立つ力で羨ましい…と。

彼の言葉に崩れた彼女は、疲れただけと誤魔化し、一人になりたいと告げた。
彼は彼女を案じながらも、その場を離れ、正宗を呼びに。

そうして正宗と共に彼女の元に戻ると、そこには彼女は居なかったのだ。
すでに史狼に連れ去られた後だった。

あなたの力は特別です

違うんです、私はみんなの特別になりたかったのではなく、千里くんの特別になりたかった。

そんな強い力、羨ましいです。憧れすら抱きます

千里くんの特別になれないのなら、せめてあなたのその憧れの気持ちに報いたい。

彼女は彼の憧れの気持ちに報いる為、史狼の元で力を使うことを決意してしまった。

そうして彼女を残したまま、みんなは船に集まった。
するとそこに夏彦とアイオンが現れ、全ての事情を知らされた。
更には夏彦により、彼女は世界の敵である史狼の元に居る…と知らされた。
だから戦うのに水のチカラが必要だと言われ、彼が名乗り出るも、力が弱くて話にならないと言てしまう。
すると暁人が「残りの力は俺が持ってる。力を全部渡せ。俺があいつを連れ戻してやる」と言う。
でも彼は譲らなかった。
今まで進んでこんなことをするタイプではなかったのに。
彼女を助け出す為なら、自分が行くしかないと思ったのだ。
人任せになんて出来ない。
あの人は僕が助けないと
…と。

そうして彼女を止める為なら…と暁人から残りの力を受け取り、夏彦と正宗と彼とで彼女の元へ。
彼女の方は、敵サイドに潜り込んだ夏彦の弟分が連れ出してくれて、改めて話せるようになった二人。
けれどあんなに会いたかったのに、彼女は彼に戻ろうと言われても断った。
だって実際に力を使ってみて感じたのだ。
みんなは力を使うと疲れるとる言うのに、どんなにる大きな炎をあげようと、全く疲れない自分に。

そうです、私は本当に化け物なのかもしれません。
小さい頃、みんなに言われたように、きっと船のみんなとは違う、化け物なんです。

そんな風に思う彼女に、彼は水の力で対抗し、説得を続ける。
どんなにボロボロになり、ヘロヘロになっても、彼の諦めない様子に、彼女は彼と戻ることを決めた。

千里くん、やめてください。私はいくら力を使ったって疲れないんです。これじゃ千里くんが…」と言う彼女に、「なんと言われようとやめません。あなたを取り戻すまでは。それが出来るのはこの世界に僕ひとりだから」と言ってくれたから。
そして弱い自分が嫌いだったけれど、弱いままでいいと言う彼。
だって、弱いから戦わない選択がら出来る。
弱いから力を持っていても使わずに生きていける
…と教えてくれたのだ。

そうして船に戻ると、老朽化の進んだアイオンは停止してしまった。
リセットは出来ない今、世界の命令で集った彼らに目的はなくなった。
そこで駆が提案したのだ。
武器の回収に俺たちの能力を使おう…と。
武器をそのままにしておいては危険だから、回収して解体する。
それが彼らの新しい目的となった。
だってそれは彼らが目の当たりにした、争いを消す活動になるハズだから。

こんなの廃品回収じゃないですか?
彼はそんな文句を言い、部屋にこもってしまったが、ただ引きこもりに戻ってしまった訳でなく、以前彼女と約束したウサギの木彫りを作ってくれていたのだ。
新しい彼らの旅はまだまだ続く。
能力はアイオンに返せないままだ。
それでも弱いから選び続けられる。
戦わないと言う選択肢を。
そうして過ぎた能力を持ちながらも、幸せに暮らしていく未来を掴み取る事だろう。

-----

弱くても臆病のままでもいい。
大切なものを守るためだけに戦えば、それで十分なんです。
弱いまま、臆病なままでいましょう。
そうすればたとえ能力を持ったままでも、僕らは自由に生きられる。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました